◆阪神11R 阪神カップ
◎ ロサギガンティア
○ クラレント
△ サンカルロ

昨年はリアルインパクトが意表を突く逃切りを決めたが、
基本的には前傾ラップからの外差し決着がデフォで考えていい。

ただ、逃げ宣言ミッキーアイルの同型コパノリチャードが大外に入り、
ハクサンムーンは最近ゲートが悪いとなると、
結局フォーエバーマークくらいしか競る相手がいない。
思った以上のハイペースにはならないのかなという想定から入る。

水準級の瞬発力を持ち、なおかつ初の1400mで新味が出そうなロサギガンティアから。
やはりフジキセキ産駒の本領発揮は距離短縮でこそ。
折り合いに気をせず中団で脚をタメる形に持ち込めれば直線は期待十分。
G.ブノワの騎乗は前走に続き2回目。
今年の凱旋門賞ではエクトーに騎乗していたが、
同じくお手馬のアヴニールセルタンとかち合うほど、現地では強い馬を任されている。
来日当初は穴馬を持ってくる謎ジョッキー扱いだったが、
そろそろこのあたりで重賞タイトルを取りたいところ。

クラレントはマイルCSで大敗。
坂の上りで脚を使ってしまっては直線バッタリもやむなしだった。
昨年も同じくマイルCS11着から巻き返しており、その再現..それ以上を狙う。
こちらも内枠で揉まれるよりはスムーズに外を回った方がいい。

最後にラストランとなるサンカルロ。このレースは6年連続出走となる。
それだけでも凄いのに、
昨年までの成績が<2着→6着→1着→1着→4着>と超優秀。
さすがにアタマまでは厳しいかもしれないが、連対圏内なら十分に。

ミッキーアイルが残るほど負荷の軽いレースになればウリウリとかがついて来るだろうし、
クラレントが弾けないほどの消耗戦になったらサダムパテックやリアルインパクトが来るんだろう。
ちょうどその中間くらいのレースになれば....