◆阪神11R 朝日杯フューチュリティS
◎ ブライトエンブレム
○ クラリティスカイ
△ アッシュゴールド

久しぶりにガッツリ雨が降ったオレたちの関西。
土曜の阪神競馬も見る見るうちに馬場状態が悪くなり、
メインの頃には「不良」の発表に。
さすがに夕方ごろには止んだとはいえ、
日曜もその影響が残らないとはまず考えられない。

当初は買うかどうか迷っていたレースなのだが、
渋った馬場を味方に付けられそうということでブライトエンブレムから狙うことにした。
大外から追い込んで勝った新馬戦が稍重でのレース。
札幌2歳Sでもパワーを要する馬場で豪快に突き抜けた。
ただでさえ冬場の阪神に強いネオユニヴァース産駒、
まして適性を証明済の道悪となれば持ってこいの条件。
ゲートが課題となるが、コーナー2つのコースならそこまでのロスにはなるまい。
外の偶数枠を取れたのも好材料。

クラリティスカイは新設重賞いちょうSを勝っての参戦。
そこそこ速いペースで流れ、レベル的にも高い一戦だったと思うが、
2着のネオルミエールを2馬身離しての勝利は内容が濃かった。
今回もセカンドテーブルやアクティブミノルがそこそこのペースで行く想定。
ヨーイドンでなくとも好位からまとめられる能力を素直に評価。

オリエンタルアートの仔らしく徐々に力をつけてきたアッシュゴールド。
まだ完成度では見劣るとは思うが、
馬力勝負の阪神コースなら未完成の今でも上位争いへ。
折り合いも気にせず運べそうで。

馬券はいつも通り(華麗に省略)。

ダノンプラチナが売れているのはわかる。ベゴニア賞は強かった。
問題はこの馬場。
土曜はインからでも伸びてくる馬がいたが、そこから傾向が変わる可能性も。
そもそも多頭数の阪神マイルG1で内枠というのはなかなかストレスが溜まるもの。
同じくネオルミエールも最内枠だと窮屈な思いをさせられそうで評価を下げた。
不気味なのはナヴィオン。
相手が強くなった方が持ち味を出してきそうなハーツクライ産駒。
2着ならあるかも....もう一頭、印を回すならこの馬だった。

阪神に替わって1年目の朝日杯。
関西の競馬ファンとしては正直なところ、
ラジニケ杯を取り上げられ、扱いに困るG1を押し付けられた感は否めないが、
せっかくだから阪神JFと同様、
レベルの高い2歳G1として定着させていきたいですね。

とりあえずブライトエンブレムが勝てば真冬のクソ冷たい雨にも感謝しないとね。