◆中山11R ターコイズS
◎ マーブルカテドラル
○ アミカブルナンバー
△ ウイングドウィール

G1では足りないけど機動力抜群でレース上手な馬を狙う舞台。
コスモマーベラスとかウイングレットとかの伝統。

昨年からずっと馬券を買ってきたマーブルカテドラルはまさにそのイメージ。
桜花賞はともかく、オークスや秋華賞は距離が長かったし、
レベル的にもちょっとしんどい部分があったように思う。
適鞍のOP特別で、芙蓉Sを勝っている中山マイル戦なら巻き返さないと。
ここは久々に勝利のチャンス。
春はゲートの失敗にも泣いてきたので、
テン乗り後藤浩輝の腕の見せ所でもある。

アミカブルナンバーは3年連続の出走。
昨年は10着と結果が出なかったが、その前は3着。
条件馬も多く混じっている今回のメンバーでは格上の存在で、
極端に後ろのポジションにならなければ。

ウイングドウィールは母の血が騒ぐ舞台。
外枠を引いてしまったのは残念だが、うまく好位を取れれば。