全国のハルーワスウィート教徒の皆さまこんばんは。
日曜京都2Rでシュヴァルグランが初勝利。
先に向けて楽しみが膨らみますね。

初戦こそドラゴンヴァースにわずかに及ばなかったものの、
位置取り、回ったところの差である部分が大きく、
ゴール前の脚色を見れば勝ち上がりに労力を費やすことはないだろうと思うものでした。
今回は京都芝2000m、すなわち内回りの舞台だけに、
脚を余すことだけが心配でしたが杞憂に終わりました。
当面の相手と見られたオールマイアイが大逃げを打ってくれたおかげで、
馬群がいい具合に散らばり包まれずに済んだことも助かりました。
早めに前を捕まえにかかり、残り200mで先頭に立つと、あとは流し気味に入線。
走破時計がクロフネのレコードに0.1秒差だったわけですから、
ビッシリ追われていたらそれも更新できていたかもしれません。

使われるごとに強くなるハーツクライの脅威は、
昨年の世代のワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトがまざまざと見せつけてくれましたが、
シュヴァルグランもその成長曲線に乗っかっていけるよう期待しています。
次は順調ならラジニケ杯京都2歳Sあたりでしょうか。