今年もこの通過点がやってきた。そして大きな通過点。
ブログ10周年。おめでとうございます。
危うく忘れるところでした。
たった今まで神戸新聞杯の展望なんか書いて茶を濁そうとしてたw

10年前..大学4年生というものをやっていました私は。
当時はまだ眞鍋かをりが「ブログの女王」と呼ばれ、
あとはホリエモンとか古田敦也がやってるヤツくらいな認知度だったような。
ライブドアのサーバーもしょっちゅうダウンしてたもんです。今では信じられない。

その後は手軽さもあってどんどんとユーザーが広まり、
やがてSNSの台頭により状況も落ち着いてきた。
発展期は、とにかく従来は情報を受け取る側でしかなかったユーザーたちが、
自分から情報を発信できるツールとして思い思いに筆を振るった。
愛読しているブログも数多く、
毎日のように誰かが更新しており、それを楽しみにするのも日課だった。
それに比べると今はやや停滞ムードも漂うが、
好きな書き手の方も少数ながらいらっしゃるので、
これからもブログという文化は続いていってほしいと願っています。

僕自身は半分ヤケになりながらも、
ここまで来たらやめられるか、
少しでも多くの記事を残していこうというモチベーションのもと続けています。
かつては自分の文章はここでしか読めない貴重なもの、という自負のもとやっていましたが、
これも時代の変化によって色んな発想・考え方に触れる機会が増えたことで、
最近は「ああこんなこと書いてもどうせ誰かも考えてることやろなあ」などと、
やや卑屈になってしまっている気もします。
そんなの気にしなくてもいいのにね。

ちょっとモヤモヤした雰囲気も、何年か先に振り返ればいい味を醸し出していることでしょう。
「生きていればいいことある、頑張っていればそれが勲章になる」、そこから名づけたタイトル。
できればこの生命が続く限り、継続させていきたいと決意を新たにしました。