なぜか良血馬がズラリと揃った準OP戦。

◆中京11R マレーシアC
☆ ダノンフェニックス
☆ マイネルアイザック
☆ ロンギングダンサー
☆ リヤンドファミユ
☆ クランモンタナ

リヤンドファミユはオルフェーヴルの全弟。
とはいえイメージは一般的なステイゴールド産駒でいいのだろう。
つまり<東京・京都で消し→中山・阪神で買い>。どこかで聞いたパターンだw
それで言うと中京がどちらに属するかは説明不要。
程よく時計がかかり、パワーが求められる条件は恐らくうってつけだろう。
偉大な兄と比べるのは可哀想でも、一度勝った準OP戦なら軽く突破できるのでは。
場合によっては3連単アタマ固定も考えたほど。

しかしこれはあくまでも仮説。自分の感覚を過信してはいけない(戒め)。
保険の意味も込めつつ、高配当にも期待しつついつものBOXでいく。

どうしても速い上がりへの対応に限度があるクランモンタナにとっても中京は良さそう。
前で立ち回ってそのまま押し切りを狙う形になれば圏内へ。
先行勢ではマイネルアイザックも塗っておきたい。これもステイゴールド産駒。
じっくり構えれば終いは切れるダノンフェニックス
武豊がうまく脚を使えればロンギングダンサーも。

アトムは能力的には足りるだろうけど初の古馬戦、距離も微妙に長そうな。
ディープインパクト産駒が苦戦気味な馬場コンディションでもあり、ここは切って妙味。