ついに混沌としたままユニコーンSを迎えてしまった、今季の3歳ダート路線。
その原因は、アジアエクスプレスが一時的に芝へ転戦してしまったのが大きい。
新馬→オキザリス賞と圧倒的な力量差を見せながら、
全日本2歳優駿への出走が叶わず代わりに出走した朝日杯FSで勝ってしまったことで、
大きな柱を失ったと言えるだろう。

芝のアジアエクスプレスが「野手・大谷翔平」であったとしたら、
ダートのアジアエクスプレスは「投手・大谷翔平」。きっと本職はこちらだろう。
160km/h近い豪速球を連発するスターターを攻略する術は皆無に等しい。
ダート自体は久々だが、本来の戦場で無双する可能性は高い。
単勝1倍台前半のオッズでレースを迎えるのが濃厚だが、
それもうなづけるだけの力の持ち主である。
内枠発進で砂をかぶって後方から、とかにならない限りは勝つのでは。

函館スプリントSはストレイトガールが「凱旋」。
牡馬に混じって56kgは条件的に厳しいが、それでも。
ただロードカナロアでも執拗なマークに遭い敗れたレース。
展開によってはセイコーライコウあたりがズバっと来ても。