>2014 FIFA ワールドカップ予選リーグC組
日本0-0ギリシャ

ぬーん。悔しいなあ。
ボールを保持しながら崩し切れずのスコアレス。
サッカーが我々に与える苦痛はバリエーションが豊富だが、
その中でも最もイライラさせられる部類の試合だった。
決して選手たちのことを責めるつもりはないけどね。
こういうのって起こりえるものですから。

ただ、終盤のパワープレーだけは悲しかったなあ。
地上戦こそ日本の旗印であったはずが、
焦りからかみすみす相手の土俵に上がり込んで勝負を挑む羽目に。
しかもその要因がCB吉田麻也っていうね。
あれやる計画があるのなら他に呼んでおくべき駒があったよねと。

やることやって結果が出ないのは仕方がないけど、
そのプロセスにブレが生じると残念な思いが募る。

とはいえまだ試合は残っている。先へ進める可能性も残っている。
ネット上では早くも今大会の総括(=批判)や、
さらにはロシア大会に切り替えていく風潮すら漂っているようだが、
まだまだ彼らの手のひらをねじ切れさせるチャンスは十分。
コロンビア戦、世界はおろか日本中さえもあっと言わせてやれ。