久々に阪神JFの映像を見たら、
やっぱりハープスターが前に出ているんじゃないかと、
故・村山実氏ばりに主張を貫き通したくなる。
本当、ちょっとのタイミングの差だったんだなあ..

それはそうとフォーエバーモアの始動戦である。
前述の阪神JFであわやの見せ場を作った。
ここでは能力は一枚上。それでも賞金はまだ不十分。勝ちに来た。

しかし2歳G1好走後のクイーンCは昔からいい印象がない。
ゲイリーファンキーの時代の話だろうと思いきや、
よく考えれば昨年のコレクターアイテムも阪神JF4着からの臨戦で大敗を喫した。
いくら調教技術や外厩設備の発達があっても、
この時期の若い牝馬にとって休み明けは難しい部分があるのだろうか。

本当ならアタマ固定で買ってもいいくらいだけど、スルーすることにした。
ただでさえ変則日程で難しいことになりそうだというのに。