武豊は内心、「2着でもいいや」と思っているかもしれない。
勝つこと以上に、トーセンスターダムの形に磨きをかけることを重視しそうな。
バンドワゴンを目がけて早めに動くようなレースをするよりも、
じっくりと脚をタメてラスト2Fでそれを爆発させるスタイルを追求する場。
そう割り切っている気がする。この先を見据えているのであれば。
2着まで賞金を積めば、たぶん日本ダービーまで賞金OKだろうし。

となればバンドワゴンの独り旅に映るが、
制御の利かない逃げ馬オールステイが連闘で参戦してきたのがどう影響するか。
今までのレースぶりからしても、
圧倒的人気の同型が相手だからといって控えられるような気性の馬ではない。
恐らく逃げるのはこちらだろう。
となるとバンドワゴンとしては必然的に番手からの競馬を経験することになる。
厄介な話ではあるが、
今後に向けて引き出しを増やす場であると考えればちょうどいい機会となるかも。

どちらにせよ、クラシック候補2騎にとっては実り多き一戦になりそうなのは間違いない。

東京新聞杯は文字通り「どうなる」な状況..
やるなら参戦したいけど..馬場悪化不可避やし....
そこにはプリムラブルガリス沼が広がっている....