なかなか初当たりが来ないですねえ..
つーか土曜の京都競馬ちょっと難易度高すぎませんか。
いきなり外も届く馬場になってるし、
メインはオセアニアボスなんか突っ込んでくるし..

シンザン記念。

ミッキーアイルはたぶん逃げ切るでしょう。
まだ賞金も十分ではありませんし、ここは内容よりも結果。
控える競馬を教えるのは次以降と陣営は見ているに違いない。
能力的に先週ほど極端な内有利の馬場である必要もないし。

朝日杯で外を回りながら3着に食い下がったウインフルブルームも強いよね。
千両賞や野路菊Sで先行して速い上がりをマークしており、
決して切れ負けするタイプでもない。
この2頭は普通にやればまず崩れないはず。

一方でモーリスについては懐疑的に見ている。
確かに新馬戦も万両賞も見どころある勝ち方に映るが、
相手が強くなった今回どこまで通用するか..
ペースの違いもあって前半は後ろに控える形になるはず。
そこから一気に差し切るだけの脚力は..?
届くとすれば前がやり合ってツブれた時くらい、程度の見立てでいる。

むしろ、ラジニケ杯で5着に食い下がったタガノグランパ
広いコースで見直したいビップレボルシオンらを上位に見たい。
あとはカンパニー産駒の重賞初参戦を記念してクリノカンパニーを塗って、
はい5頭BOXできあがり..と行きたいところだが、
本線の1-2-12が入ったところでトリガミではさすがに無意味。見送ります。



あと見ておかねばならないのは、新馬戦のトーセンデューク
馬主さんへのリップサービスもあるだろうが、武豊が絶賛しているとか。
オッズが割れている羅生門S。
フミノファルコンやデザートオアシスあたりが堅そうだが、
なかなか的中までは辿り着けそうもないのでギブアップ。
モエレジュンキンとかおもしろそうなんだけどね..

中山ではダート千八のOP特別ポルックスS。
ベテルギウスSの再戦ムードだが、ここはグランデッツァ復帰の舞台でもある。

今日は取り返したいのをグッと我慢する一日です。グッと我慢。