◆阪神11R 阪神カップ
☆ ダイワマッジョーレ
☆ サンカルロ
☆ サダムパテック
☆ ガルボ
☆ スギノエンデバー
☆ マジンプロスパー

阪神カップは日ごろ苦戦を強いられている、
短距離の差し馬がここぞとばかりに猛威を振るう舞台。
高速馬場、スローペースの速い上がりの決着では太刀打ちできない歯がゆさを、
一気に晴らしてしまうためのレースである。

サンカルロなどはまさにその典型例。
他力本願の追い込みタイプで、上がりが速くなるとまず間に合わないが、
前が崩れる展開になれば俄然その存在感は増す。
今季はここまで一度も馬券圏内に入れないままだが戦況に恵まれなかっただけ。
3連覇を達成しても何ら不思議はない。

過去の実績でいえばガルボも要警戒。
こちらは差し馬というわけではないが、
G1マイルCSで完敗を喫した後ここで巻き返すのが仕様となっている。
さすがに2年連続ワンツーというのは考えづらいが、
少なくともどちらかは圏内を確保してくれるんじゃないか。

前述のような差し有利の傾向だけあって、枠順的には外が断然有利。
それだけでも人気薄のスギノエンデバーを拾う価値はある。
京阪杯ではラチ沿いを立ち回って3着だったが、
本来はじっくり構えて前崩れを願うのがパターン。
幸さんはプレミアムボックスに乗るつもりで何も考えず外差しに徹してくれればOK。
あとは同じく外枠のマジンプロスパー
スワンSが絶好の展開から失速しガッカリだったが、引き続きピンク帽子で巻き返しを。

サダムパテックのマイルCSはちょっとキレ負けの印象。
それでも大きく負けてはいないし、最後はジリジリ伸びていた。
この秋は悪くない競馬ができている。57kgでG2、そこまで上がりが速くならなければ圏内へ。
最後は1番人気のダイワマッジョーレ
スロー専ということもなく、小柄な馬体ながら坂もこなす万能戦士で、
よほどのことがない限りは無難にまとめてきそうだが、
内枠だと序盤から競り込まれて厳しい競馬を強いられるのが例年のパターン。
プレッシャーにどこまで耐えられるか。



ラトルスネークは折り合いに気を使わなくて済む一方、
最内枠から外に出して..ではさすがに間に合うまい。
たぶんバルザローナくんには無理w
ニンジャは外枠ならたぶん印を入れてた。ルメールだし不気味なんだけどね..
人気を落としてるクラレント、これは道中で息の入る展開の方が合うのでパス。

スローの逃げで結果を出してきたコパノリチャード、
これが残る展開になったら全てが水泡に帰すことになる。
前半600mで35秒みたいなぬるい逃げは許さん。

この6頭で3連複BOX。ほとんどが万馬券です。