◆東京11R アルゼンチン共和国杯
◎エックスマーク

条件戦すら勝ち切れず、長らく出世が遅れていたエックスマーク。
ようやく2連勝でOP入りを果たし、
初めての重賞挑戦となる今回はちょっと荷が重いかもしれない。
だが、これまでずっと単勝1ケタ台の人気を背負ってきたこの馬にとって、
半信半疑で見られている今回は買い時と見た。

ディープインパクト産駒らしく、
エンジンがかかってからの脚の迫力に定評があるタイプ。
それだけに立ち回りの難しい中山2000mで、
ディサイファ相手に勝ち切った前走は評価できる。
昨年の勝ち馬ら重賞常連組は強いが、
今ならハンデ差も活かして互角以上に戦えるはずだ。

○ルルーシュ
▲ムスカテール
☆アドマイヤラクティ

もしルルーシュ−ムスカテールで決まったら昨年と同じ。
今年の目黒記念とも同じ。三度目はもうないだろ..知らんけど。
その目黒記念で人気を裏切ったアドマイヤラクティはたぶん天皇賞の疲れがあった。
今回は休み明け2走目。いい状態で臨めるだろう。

メイショウナルトは....距離が延びるのも未知数なら東京もどうかって感じ。