◆阪神11R ラジオNIKKEI杯3歳S
◎ラウンドワールド
○エピファネイア
▲キズナ

7頭立てである。
本来なら暮れの阪神開催らしく、
馬力を要する芝状態で上がりもそこそこ掛かる条件になりがちだが、
さすがにこの頭数ではヨーイドンが濃厚。
残り600〜800mの切れ味勝負になるだろう。

札幌2歳Sではコディーノに敗れたものの、
これまで安定した末脚を見せているラウンドワールド。
小柄なディープインパクト産駒だけにタフな馬場への適性は高くなさそうだが、
前述の通り上がり勝負になれば有望と見たい。
将来的なスケールという意味ではやや見劣るかもしれないが、今の段階なら。

エピファネイアも折り合いに課題を残すものの、器の大きさを感じさせてくれる。
我慢を覚えられれば、来年はいよいよ楽しみに。

キズナは器用さに欠ける印象があるだけに今回は3番手とした。
印は回っていないが、一角を崩すとしたらアクションスター。
これは未勝利戦の勝ちっぷりがなかなか優秀だった。