◆阪神11R 阪神ジュベナイルF
◎ローブティサージュ
○サウンドリアーナ
▲プリンセスジャック

ここ2年はレーヴディソールやジョワドヴィーヴルが、
故障のためにオークスの舞台に立てていないが、
それ以前の勝ち馬は東京2400mでG1を勝ってきた、
いわばクラシックの登竜門。
「来年のオークスでも◎を打てる馬」という観点から考えれば、
1800mの新馬戦でデビューを飾ったローブティサージュを中心視することにした。
あのレース内容からは、
緩急のあるペースで最後にグッと脚を伸ばすのが向きそうだし、
気性的にもそこまで注文がつかなさそうなのがいい。
まあ、ウォーエンブレム産駒というのが油断できないポイントではあるが。
最内枠でうまく息を入れながら流れに乗れれば、直線はいい脚を使えるはず。

ファンタジーS圧勝のサウンドリアーナは決して1400m専用というわけではない。
ゆくゆくはこれくらいの距離に特化していくことになると思うが、
昨年のアイムユアーズのように立ち回りとスピードで粘り込めそう。
もう一頭はプリンセスジャック。
ファンタジーSでは人気を裏切ったが、位置取り次第で巻き返し可能。

1番人気コレクターアイテムの末脚はメンバー屈指だが、
土曜の競馬を見ている限りでは追込み一辺倒では難しそう。
傾向が変わるようなら要注意だが..
同じ事はサンブルエミューズにも言える。
津村明秀の意気込みが結果につながればいいが..