◆京都11R 京阪杯
◎テイエムオオタカ
○パドトロワ
▲エーシンヴァーゴウ

オパールS→京洛Sに続く秋の京都スプリントシリーズ最終ラウンド。
ではあるものの、
OP特別の2クラはいかにもB級スプリンターの集まりといった印象で、
そこまで強いインパクトが残らなかった。
というか、ほとんどちゃんとレース見てない。

そんなわけで重賞クラスで戦ってきているメンバーを中心に。
テイエムオオタカはオパールSを貫禄の逃げ切り。
スワンSでもペースを落として2着に踏ん張った。
やはり戦ってきたメンバーの質を考えると、ここでも五角以上の勝負を期待したくなる。

あとはプレビューエントリでも書いた通り、
鞍上の重賞勝ち記録の更新がかかっているだけに、
普段以上に応援の気持ちもこもるというもの。
デビュー年からずっと続けてきたわけだしね。

パドトロワとエーシンヴァーゴウはスプリンターズSからの臨戦。
力通りならまとめて負かしても何ら不思議はない。