「G1馬6頭が揃う豪華メンバー」と盛り上げるのは構いませんが、
たまにしかその本領を発揮しない一発屋は申し訳ないけどスルーで。
正直そこまではしゃぐメンツでもなかろ。

◆東京11R 毎日王冠
◎カレンブラックヒル

4戦4勝、NHKマイルCを制してなお未知の魅力を感じさせるカレンブラックヒル。
時計勝負、切れ味比べで古馬に対してどこまで通用するか見えない部分もあるが、
負けるまでは期待を寄せ続けてもいいんじゃないかと。
ロードカナロアが短距離路線の不動の軸として育ってきた今、
同じような崩れない主力がマイル戦線にも誕生していい。

○エイシンフラッシュ
▲フェデラリスト

エイシンフラッシュもずっと頑張ってるけど報われない馬。
G2とはいえ日本ダービー以来の勝ち星を手にしてほしい願望もある。
フェデラリストは条件馬時代に東京でめっぽう強かった。