|RACE REPORT
●9月23日
◇阪神11R:神戸新聞杯(G2)/皐月賞馬の貫禄 ゴールドシップ圧勝!
まだ仕上がりには余裕あるだろうし、カッコつけてくれれば程度に思ってたら圧勝w
いくら相手が楽だったとはいえ、思った以上にだいぶ強かった。
相変わらずダッシュが鈍く後方からの競馬になった時はヒヤヒヤしたが、
ある程度、前がいいペースで引っ張ってくれたこともあって事なきを得た。
残り1Fで早々と先頭に立った時点で勝利を確信。カッコよかったぜ。
菊花賞に向けてのお話は、ちょっと別エントリでさせてもらおうかと。
ガチガチの人気になると思うけど、それなりに不安もあるから。

ヒストリカルも気にはしていたんだけど、一瞬おっと思わせたもののあとは失速。
いかにも距離が長そうな負け方で、
菊花賞は仮に出たとしても多くは望むまい。カンパニーもそうだった。


◇中山11R:オールカマー(G2)/豪雨も味方にナカヤマナイト 2つ目の重賞ゲット
3角からの手応えが抜群すぎてヤバかったw
そりゃ元々実績上位ですし、道悪も得意やないですか。
AJCCも極悪馬場だったし、あの日本ダービーでもちゃんと走れてた。
直線入り口でダイワファルコンと並び立ち、
あとはそれらを引き離すだけ。
1番人気ルルーシュは内で伸びを欠く中、結果的に格の違いを見せつけた。
府中の真っ向勝負だとさすがに分が悪いが、
有馬記念で伏兵台頭あるんじゃないかと。
ダコールは馬場がコレだとかわいそうでした。OPでもやれると思うし良馬場で見直す。


◇阪神5R:2歳新馬/ハーツクライ産駒マジェスティハーツ 武豊を背に新馬勝ち
単勝1.6倍の支持に応えて完勝。
ソツなく2番手から抜け出す内容に完成度の高さを見た。
メンバー強化される特別戦でも互角にやれるのではないか。



●9月22日
◇阪神2R:2歳未勝利/ネオウィズダム初勝利 自らペースを握り逃げ切る
新馬戦は2着に終わったが、2戦目できっちり。
自らペースを作り、
2歳馬にしては厳しいラップを刻んで逃げ切った。
この後はどう成長していくんでしょうねえ。
まだまだ上積みありそうですけど。


◇阪神11R:大阪スポーツ杯/馬群に揉まれても怯まず ガンジスが末脚伸ばし差し切る
5番枠からのスタートで序盤から内に包まれ、
勝負どころの3角過ぎでは外から先にマクられ動くタイミングが遅れるなど、
非常に厳しいレースだったが、それでもアルゴリズムをあっさり差し切った。
いやーこれは強いよ。


◇阪神12R:3歳上500万下/フクラムサイフやりおった!途中からハナ奪い大逃げ成功
小倉では人気を裏切り負債ばかり膨らませていたフクラムサイフがやりおった。
向こう正面でハナを奪うと、そのまま大逃げを打って押し切った。
見ていても面白いレースでしたぬ。



|TOPICS
◇浜中俊が初めての年間100勝&JRA通算400勝を達成
もはや売り出し中とかそういうレベルでなく、
リーディング争いを続けているように、誰もがその実力を認めるレベルまで到達した。
どこかでG1獲れないかなー。ずっと言うてるけど。



|MEMO
・アロマティコいい脚使ったんだけどね。秋華賞は抽選かの?