◆小倉11R 小倉記念
◎トーセンラー

もうすっかり「買えば来ず、買わねば来る」の愛馬になってしまったが、
今回はチャンスっぽい気がする。
きさらぎ賞のイメージに拘りすぎていたのか、
ずっと「広いコースでロングスパートが勝ちパターン」と思い込んでいたが、
すなわちそれはマクリができる脚の持久性の裏付けであり、
ローカル重賞にも対応できる証と見てよかったのかもしれない。

前走は馬場も悪かったし、スパートのタイミングが遅れた分だけ敗れた。
今回はパンパンの馬場でやれそうだし頭数も手頃。
歯車が噛み合う瞬間が、ようやくやってきたのかもしれない。

○ダノンバラード
▲ワルキューレ
☆ミキノバンジョー
△アスカクリチャン
△タムロスカイ
△エクスペディション