◆新潟11R アイビスサマーダッシュ
◎アフォード

「直千」の申し子かもしれない。
前走の駿風Sが、中団に控えて末脚を伸ばす強い競馬で、
新潟1000m3戦目での初勝利となった。
父サクラバクシンオーは言わずもがなの直千チャンピオンサイアー。
そして母プリティメイズも現役時代にこのコースで勝ち鞍を挙げるなど、
4戦して【1.2.1.0】と相性抜群だった。

前述のとおり、ただスピードに任せて押し切るのではなく、
いったん控えてからでも差して来られる決め手があるのが強調材料。
今回も内からハクサンムーン、外からエーシンダックマンと速い馬が揃っているので、
それらを標的に差す展開が期待できる。

もともとデビューから連勝しその素材には期待されていたが、
その後は伸び悩む期間もあって結果を出せずにいた。
それだけに、1000万下→準OPと連勝してきたこのタイミングこそ、
一気に出世を果たすチャンス。
鞍上も、そろそろこのタイトルが欲しいところだろう。

○ビウイッチアス
▲オウケンサクラ
☆エーシンヴァーゴウ
△ハクサンムーン
△ナイアード
△エーシンダックマン

歴史を紐解けば牝馬が圧倒的に有利なのだが、
同じく函館スプリントSも今年、牝馬の連勝が途切れたところなので。
ビウイッチアスとか斤量を考えても条件的に有利なのは明らかだが、
速い時計での決着に不安を残しているのが気になって。
むしろ、短距離にシフトして新境地を開拓しつつあるオウケンサクラが不気味。
エーシンヴァーゴウはやはりひと息入った分だけ割り引いた。