|RACE REPORT
●7月8日
◇中京11R:プロキオンS(G3)/これは参ったトシキャンディ単勝万馬券の逃げ切り
完全にノーマークでした..
テイクアベットを上回るダッシュでハナを奪い、そのまま逃げ切り。
前半3F34秒ちょうどと決して楽なペースではなかったのだが、
(※ちなみに昨年ケイアイガーベラがツブれたのが33.9秒)
坂を上がったところでもうセーフティリードを築いていた。
2番手以下で追いかけた馬も失速しているだけに、余計にその強さが際立つ。
とにかく参りました。2年連続で伏兵の大駆け。

◎シルクフォーチュンは最後方からのスタイルはいつも通りでも、
ゲートでボコっと出てしまい、いくら何でも離されすぎ。
大外から最速の上がりで突っ込んではきたものの、5着が精一杯だった。
1番人気のファリダットは3着。どうせなら勝ってくれれば面白かったのに。


◇福島11R:七夕賞(G3)/トーセンラー惜しくも2着 皐月賞馬のチームに屈する
福島で久々の勝利を狙ったトーセンラーだが、
3角過ぎから思うように動けず直線入り口では絶望的なポジションまで後退。
そこから大外に持ち出され猛然と前を追ったが、惜しくもハナ差の2着に終わった。
あそこまで行ったなら勝ってほしかったけれども、
馬場も悪く条件的には決して向いているとはいえない状況下で、
あれだけ走れたのは収穫があったと見ていい。
馬券は買えなかったが、次に勝つレースで喜びを共有したい。

勝ったのは内田博幸−須貝尚介厩舎コンビのアスカクリチャン。
単勝14番人気。こちらも完全にノーマークでした。


◇中京10R:木曽川特別/カフナ敗れる 幸さん通常モードへ
今週の幸さんは有力馬ズラリのラインナップだったが、
惜敗ばかりが重なる通常モードへと戻っていました。
さようなら、かみゆきさん。また会う日まで。
池江泰寿厩舎の有力馬まで回ってきてこりゃ大変だと思っていたら、
案の定というか、ゴール前で小牧太のムスカテールにやられ2着でした。


◇福島10R:彦星賞/イジゲン強いわ 古馬相手にマクリ楽勝
イジゲンほどのスターホースが出ていたにもかかわらず、
レース当日までそれに気づかないとか何やってんの自分。
しかもキングブレイクも一緒に出てるし。
にしても強かったですね。
相変わらずゲートは遅いけど、3角すぎから一気にマクって進出。
スピードに乗りすぎてだいぶ外に膨らんでたけどw
並んでからはムチ不要の脚色で楽に差し切った。
今年の3歳ダート戦線マジ豊作。


●7月7日
◇中京11R:関ヶ原S/ダノンバラード完勝 降級戦でようやく惜敗続きに終止符
実績通りといえばそれまでですが、完勝でしたね。
あのラジオNIKKEI杯2歳S以来、約1年半ぶりの勝ち星。
パワーを要する馬場も得意ですし、文句なしでした。
次は中京記念かな?引き続きチャンスではないかと。


|TOPICS
◇今週の武豊【0.6.1.9】
見ててもどかしいというか、何というか..
どちらかといえば、よく伏兵を連対圏まで持っていているという印象で、
決して取りこぼしている感じはない。
例えば土曜メインのワルキューレなんか、
馬場の一番いいところをちゃんとセレクトして通っているんだけど、
いかんせん勝ち馬との能力差が歴然すぎてどうしようもなくて。
そしてダントツ人気の日曜最終ローゼンケーニッヒは伏兵の大逃げにやられるという..



|MEMO
・アドマイヤレイ福島ダートで2勝目とか盲点にもほどがあるw
・ベストサーパスが復帰戦でいきなり3着。これは期待!
・柴田善臣のディサイファは2着まで。次はユタカさんかな?
・コスモユッカ未勝利おめ。新馬戦でゴールドシップの2着。
・函館ダ千七でホクセツダンスが勝ってた。知らなかった。
・ミッキーエールが未勝利に続き500万下も連勝。
・マルターズグロウヴ福島の外差し馬場なら勝つよねー(知らなかった)
・ホッコーガンバ4着。もどかしい。