こないだの続き、というか結論。
ちなみに前回のエントリはこちら。
■【FM802】公共の電波で我が愛する競馬が風評被害を受けた件

その後、返信が来ました。
802さんの名誉のためにも書いておかねばならないが、
僕がメールを送った翌日に返信をもらいました。
ただ、その内容はあくまでテンプレ的なもので、
要約すると「今後の参考にします。ご意見ありがとうございました」というもの。
まあ、そりゃそんなもんよな。
ここで具体的な対策について説明してるほど担当者もヒマじゃないだろう。

そんなわけで今回の件は一旦、終着地を迎えることとなった。
メル凸したところで何がどうなるわけでもない、わかってるつもりだけれども、
さすがに看過できない事象に対してアクションを起こしたことに関しては、
我ながらやれることはやれたと思っている。

今後に活かせることとしては、
自分が持っている偏見のせいで誰かに迷惑を掛けちゃいかんなということくらい。
配慮を欠いた言動で信頼を失わないよう、常に心がけたいものである。

最後に、僕が802リスナーセンター宛に送ったメールの内容を公開しておく。

title:6月28日「flip lips」放送内容について

FM802リスナーセンター
ご担当者様

【本名】と申します。
いつも番組を拝聴しております。

さて、掲題の件で本日の放送内容について疑問に思う点がございましたので、
意見をお送りすることにしました。

正午前後の時間帯だったでしょうか、
DJ氏が競馬についての話題に触れた後、
「せっかく今日は爽やかにお送りしようと思っていたのに」といった内容のコメントをなさっていたと思います。
ここが引っかかりました。

近年、新規ファン離れが著しい競馬会は、
先入観として持たれがちな暗い・汚いイメージを払拭すべく、
マス媒体を中心に多額の広告費を投じて宣伝活動を行っています。
にもかかわらず、効果は目に見えては現れて来ていないのが現状です。

その状況下で、公共の電場の発信者側が、
「競馬とかさわやかじゃない話題でごめんなさいね」との主旨のコメントされるダメージの大きさは、
計り知れないものがあります。

せっかくほぼ毎週、番組内で競馬について話してくださる時間帯を作っていらっしゃるというのに、
これでは本末転倒ではないでしょうか。

私自身、競馬がクリーンな娯楽だとは決して思いませんが、
ファンとして、また主催者側の指針を知るものとしては、
看過するわけにはいかず、今回メールを送ることとしました。

放送内で何らかのリカバーがなされることを望みますが、
それが難しいようでしたら、今後の放送に少しでも活かしていただければ幸いです。

以上です。