もう4着いいって...
オークスの週からの8日間で買った本命馬さんが、
<4着→5着→5着→2着→4着→4着>とひどいことになってる。
あと2週で上半期も終了ですけど、
本格的に複勝馬券士に転向して3年目にして過去最低水準の回収率を計上。
まずいことになってるなあ...的中率80%とか何それって感じ。


|RACE REPORT
●6月10日
◇東京11R:エプソムC(G3)/C.ウィリアムズ好騎乗 トーセンレーヴようやく初重賞
C.ウィリアムズの好騎乗に導かれ、トーセンレーヴ初重賞。
引っかかりそうなのを強引に2番手で折り合わせて、最後までギリギリ粘り込ませた。
これまでのレースぶりからは、
スローペースでシュッと脚を伸ばすのが好走パターンかと思いきや。
それにしても負けたジョッキーたちはなあ...
軒並み34秒台と勝ち馬より1秒以上速い上がりを使いながら、
見せ場すらなく終わった乗り役はちょっと情けない。
そんな中、下手に抑え込まず好位から最速の上がりを使わせたダノンシャークの福永祐一と、
イチかバチかで経済コースを通したマイネルスターリーの柴田大知は、
「何とかしよう」という気概は感じさせた。


◇東京4R:3歳未勝利/ディサイファ初勝利 夢は大きく菊花賞だ!!
ゴール前ギリギリ捕らえ切って初勝利。
まだ奥がありそうで、夏の間にあと2つ勝てれば菊花賞も見えてくる。
新潟で2つ使えないものか。
余談ながらハナ差で2着だったコスモユッカは新馬戦でゴールドシップの2着だった馬。


◇東京8R:3歳上500万下/ファイナルフォーム後味最悪の2勝目
今週、最も物議を醸したのはこのレースだったのでは。
決勝戦手前で左ムチに大きくヨレたファイナルフォームが、
ランパスインベガスの進路を妨害し..たように見えたのだが到達順位通りに確定。
鞍上の内田博幸は2日間の騎乗停止になったが..うーむ。
ちなみに馬主さんは社台レースホース様な。
お馬さん自体は強くなりそう。


◇東京12R:3歳上500万下/サトノモンスターはいはい4着はいはい
ホクセツキングオーが楽々逃げ切り。
で、サトノモンスターは何をしていたのかというと、
中団待機からなかなかエンジンがかからず、
坂を登ってから差を詰めたが4着。もういいよ。


◇阪神5R:2歳新馬/アメージングタクト人気馬は振り切るも2着に惜敗
8位指名馬アメージングタクトのデビュー戦。
唯一の敵と見ていたディアマイベイビーが後ろでモタモタしていたので、
こりゃもらったかと思ったらミヤジタイガに敗れた。悔しい。
でもテンからちょっと行きたがってたし、
早めに一つ勝てそうな手応えを掴めてひと安心。


◇阪神9R:出石特別/スギノエンデバー末脚不発 前残りの展開に完敗
スギノエンデバーも4着。
そこまでスローってわけでもなかったけど、
馬場が回復していたせいか前が止まらず。
控えて中途半端な競馬になったトーホウアマポーラを差せば(゚д゚)ウマーだったのだが、
最後は脚色が同じになってしまった。不愉快。


◇阪神10R:垂水S/人気2頭ともに奮わず ロードオブザリング新コンビで快勝
ステラロッサとダコールの人気2頭が不発。
阪神2000mでよく見られる、ラスト1Fで戦況がガラリと変わる底力勝負になった。
こういうレース好きだわ。馬券買ってなければw
京都外回り専用機だったロードオブザリングが、
早めのマクリから長く脚を使って差し切り。
「へえ、池添やるやん」と思ったら川田将雅に乗り替わってた。
離れた最後方を進んでいたザサンデーフサイチが3着。
単勝1倍台の馬も万馬券の馬も3着に導くのが幸さんクオリティと改めて認識した次第である。


◇函館5R:2歳新馬/アメージングムーン、ゴール前で差され惜しくも2着
6位指名馬アメージングムーンも2着。
こっちはかなり勝算は高いと思っていただけに、
ゴール前で伏兵コスモシルバードに差されてしまった。
調教でよく動いていたゼンノコリオリを振り切り、
これはもらったと思ったんだけどねえ...
しかも馬群でレースを教えるわけでなく、
先手を打って勝ちに行っただけに。



●6月9日
◇阪神7R:3歳上500万下/マッチレースは1番人気のナムラアピアに軍配
先に抜け出したナムラアピアにホクセツダンスが迫ったところがゴール。
時計は500万下にしては出色の1:22.0。
ただこの2頭はクラス2つは上まで出世できると思うので、
そういう観点で行けば驚く程でもない。レコードの出るような馬場でしたしね。
ホクセツダンスは最内枠で110円じゃ買えない、買えない..


◇阪神11R:灘S/ローマンレジェンド圧勝 やっぱり勝負服がカッコ(・∀・)イイ!!
そこそこ相手も揃っていたが、圧倒的人気に応えて快勝。
岩田康誠のヤキソバ炒め(ガンガン追うあのフォームねw)も見事でした。
それにしても太田美實さんの勝負服は毎度カッコエエわー。


◇東京5R:2歳新馬/シルクプリマドンナ仔のフラムドグロワールが人気に応える
好スタートから番手につけて抜け出すスマートな勝ち方。
相手レベルとかもあるし、手放しに誉められるものではないけれど、
まずは好発進といったところでしょうか。


◇東京8R:東京ジャンプS(J・G3)/デンコウオクトパス3連勝で重賞勝ち
デンコウオクトパスって割と最近まで平地で頑張ってたイメージなんだけど、
昨年の夏に1000万下を勝った後は頭打ち状態だったんですねえ。
いい転向になったんじゃないですかね。これで障害は4戦3勝。


◇東京10R:江の島特別/ルルーシュ押し切り さあ毎日王冠までノンストップで
戦前はそこまで楽勝と言い切れるほどの弱メンではなかったけど、
終わってみれば余裕でした。
どうにか毎日王冠まで辿り着けないものか。
間に合えばそこそこ楽しみなんだけどね。


◇東京11R:アハルテケS/バーディバーディ鮮やか逃げ切り 盤石ナムラタイタンを下す
ナムラタイタン無双条件で抜けた人気に支持されたが、
何とハナを奪ったバーディバーディがレコードで逃げ切ってしまった。
あのユニコーンS以来、約2年ぶりの勝利。
池江泰寿厩舎が徐々に息を吹き返した感じがする。


|TOPICS
◇内田博幸がJRA通算600勝をよりによってあのレースで達成
ファイナルフォームで斜行かましたレースで達成してしまった。
なんかインタビューもバツ悪そうだったらしいし。そりゃそうだろう..
1週間休んで、エイシンフラッシュでまた頑張ってください。


◇横山典弘はJRA通算2300勝
最後方ポツンをやらかすなど油断ならない方だが、
ホエールキャプチャでの神騎乗などまだまだ腕は健在。
つーかJRA史上でもわずか3人目ってすごいよあんた。



|MEMO
・カオスモス森秀行厩舎が新馬勝ち。まあどうせこれで打ち止め...。
・リベルタス復活への道のりは険しい...。
・ハギノバロンドールの復帰戦は10着だった模様。
・ヤマニンメダイユ勝ったか。よかったの。
・ハギノウィッシュも未勝利脱出。時間かかったけどおめ。
・ゲンテンの帰国初戦は内で揉まれてダメでした。次がんばろう。
・もう終わったと思ってたリルダヴァルが圧勝。よかったの。
・ファリダットが連勝してた。絶対やらかすと思ったのに。