何か今週から微妙に夏競馬な雰囲気で、
それでもG1があって、
函館が開幕するのは来週からっていう、
体内時計が悲鳴を上げるような感覚じゃないですか?
でも、いつまでも何も変わらないものなんてないと思うし、
その都度、時代の流れに順応していくのが大事だと言い聞かせつつ、
来週エプソムCしかないことに愕然としながら何かもう頑張ります。


●6月3日
◇東京11R:安田記念(G1)/福永祐一ようやく今季初G1 ストロングリターンでレコード勝ち
ワールドエースを筆頭に、
今季G1で有力馬を任されながら、ことごとく勝利を掴み損ねていた福永祐一。
「大舞台ではアテにならない」レッテルを剥がすことができないまま、
春季G1戦線も終盤を迎えようとしていた中で、ようやくタイトルを勝ち取った。
もちろん、牡馬クラシックや天皇賞に比べれば格は落ちる(断言してもいい)が...
混戦を絶つ騎乗は見事なものだったし、
あとは本当にちょっとした巡り合わせなんだろう。
秋こそは。天皇賞、ジャパンC、有馬記念...取れるか。
なお菊花賞は譲らないので悪しからず。


◇東京12R:ユニコーンS(G3)/最終も福永祐一 ストローハットが3歳ダート暫定王者に
いやー正直スマンカッタ。
こんなにあっさりと勝たれてしまうとはね。
何のケチのつけようもない内容で。
ダート重賞は初経験でも、流れに戸惑うこともなく。
つーかさ、なんでこの馬を1番人気にできるの?
みんな馬券上手すぎ。
オースミイチバンは出遅れて後方から。
揉まれずに進められたために、きっちり脚を使うことができたけれども、
さすがにあそこからブチ抜くのは難しかった。
でも、いい馬です。ジャパンダートダービー行くなら楽しみだし、
レパードSに回るにしてもまた然り。


◇東京9R:青梅特別/強い3歳馬 端午S3着馬ホッコータルマエが人気に応える
これまでより2週間早く行われるようになった3歳と古馬の混合戦。
当然ながらその力量差の見極めには神経を注ぐところだが、
例年通りこの時期でも3歳馬は全然やれる。
降級馬も交えたこのメンバーでも、
1番人気に支持されたホッコータルマエが快勝。
さすがに端午Sで僅差のレースができていただけに、
その内容も取り立てて驚くものではなかったが。
さて、幸さんとレパードS行きましょうか。


◇東京5R:2歳新馬/ステイゴールド産駒ドラゴンレジェンドがデビュー勝ち
土曜のトーセンパワフル(後述)と合わせて、早くも福永祐一が新馬戦2勝。
来年こそ日本ダービー勝てるといいね。


◇阪神10R:鷹取特別/こちらは端午S2着馬 グッドマイスターが完勝
青梅特別に比べて手薄なメンバーで、
当然と言わんばかりの内容でグッドマイスターが勝利。
唯一、心配だったのは鞍上だが、
引っかかるのを何とかなだめて勝利に導いた。



●6月2日
◇阪神11R:鳴尾記念(G3)/トゥザグローリー重賞5勝目 人馬ともトライアルは無双
いやもう、わかったからw
G3クラスなら蚊を殺すようにアッサリと勝ちおる。
ただ、中山記念大敗→ドバイ回避とグダグダになりかかったところ、
よく立て直しに成功したなと。池江泰寿厩舎も大変すねw
2着はショウナンマイティ。
ドスローを後方からマクって、上がり3F32.9秒の脚を使った。
開幕週でこの展開ではあそこまでが精一杯か。
トーセンラーは接戦の3着争いを制して久々に馬券圏内へ。
上位2頭からは離されたが、
岩田康誠がうまく先行させて、いいレースをしてくれた。
正直ここで最低限の結果を残せないと、
このまま終わっていくのではという思いもあっただけにひと安心。


◇阪神5R:2歳新馬/一番星はトーセンパワフル ダービー馬の弟が好発進
史上最もおもしろい日本ダービー馬ロジユニヴァースの全弟という、
どちらに転んでもおかしくないプロフィールの主だが、まずはしっかり勝ち上がった。
超スローペースで実質3Fの調教みたいなもんでしたけど。
人気を分け合ったディープインパクト×グレースランドのラウンドワールドは3着。
こちらは上がり3F32.9秒www 最近の馬すごいねw


◇阪神10R:安芸S/テイクアベット速攻逃切り シゲルソウサイは抵抗ならず
混戦模様も最終的に1番人気に支持されたシゲルソウサイだが、
軽快に逃げるテイクアベットを捕まえるどころか逆に突き離されて完敗。
ゴール前で脚を伸ばしてきた差し馬にも先着を許し5着に敗れた。
結果的に中途半端な位置になってしまったが、
あれ以上追いかけていくわけにもいかず...次走の巻き返しに期待。



|TOPICS
◇幸さん、史上最速でJRA通算13,000回騎乗を達成!
ふっ、また武豊を越えてしまったようだな...w
本当この手の記録は節目ごとに更新できてしまっているような。
最近も怪我なく乗れてるし、1,000勝が待ち遠しい。


◇福永祐一の土日重賞3勝は史上初の快挙らしい
土曜の鳴尾記念に続き、
日曜も安田記念→ユニコーンSのコンビを決めた福永祐一。
同一週に重賞3勝というのは滅多に狙えない記録なのはご承知の通りだが、
どうやら史上初のことだったらしい。
昔の番組構成なら特殊な例でもあるのかなと思いきや。


|MEMO
・ヴァンダライズってまだ平地でもやれると思うのに障害入り早いね。しかももう2勝。
・コアレスドラードの小回り得意感。小倉で勝ちそう。
・ミカエルビスティーが東京に見切りをつけ正解。あの馬場だと追い込めないもんね。