いよいよDerby Weekです。
今年は管理人にとって特別な戦いになるので、
更新も盛り上げていきたいですね。
ゴールドシップも、そのライバルたちも今のところ順調に調整中。
天気もよさそうですし、文句なしの一戦になりそう。

ところで目黒記念いつの間に最終に組まれてたの...w


|RACE REPORT
●5月20日
◇東京11R:オークス(G1)/マイラーと呼んだのは誰だ ジェンティルドンナ圧勝二冠達成
ジェンティルドンナ2400m文句なし!
ディープインパクトの血が、ついに東京のクラシックディスタンスを制圧。
それも5馬身差の圧勝、2着にもヴィルシーナが踏ん張るワンツーフィニッシュ。
これは恐れ入ったとしか言いようがない。
来週も厄介なことになりそうだな...つづきは回顧エントリで。


◇京都10R:昇竜S/タイセイシュバリエ抜群の手応えも失速 クビ差で圏内脱落
セオリー通り外の4番手をキープし、
自ら動いて早めに先頭に立ったが、残り1Fで失速。
キズマ、レッドクラウディアには並ぶ間もなく交わされた上、
しぶとく脚を伸ばしてきたナガラオリオンにも先着を許してしまった。
うーむ、結果的に動くのが速すぎたけど、
これはジョッキーを責める気にはなれんなあ。
勝ち馬もそうだし、控える競馬ができたキズマを誉めるしかないのかなと。


◇京都9R:烏丸S/佐藤哲三「ダコールはこう乗れ」
1000万下(ドンカスターC)を勝った時にも手綱を取るなど、
「主戦」であるはずながらその後、鞍上を離れていた佐藤哲三が末脚をフルに発揮。
ディープインパクト産駒が2400mで勝ったのも、
オークスへ向けての号砲だったのかもしれない。



●5月19日
◇京都11R:東海S(G2)/ソリタリーキング2連勝で重賞勝ち 遅咲きの良血開花
ま、この馬が走ればスカーレット一族の血に帰着してしまうんですけどね。
前走ブリリアントSをちぎって勝ったものの、どこまで信用できるかと思いきや見事に連勝。
交流G1に出るにはまだ賞金が足りないと思うが、その足場は固められつつある。
当分は2着のニホンピロアワーズあたりがライバルとなって、
G2〜G3を戦っていくことになるのかな。
ニホンピロアワーズは惜しかった!
こないだと比べてはるかにスムーズな競馬ができていた。



|TOPICS
◇福永祐一がJRA通算1400勝を達成
おめでとう。だが日本ダービーでは敵だ。
一度も縁のない牡馬のクラシックを取れるかどうか。
何となくな感覚だけど、
ここでワールドエースが勝てるかどうかによって、
ユーイチ自身が本当の日本一のジョッキーになれるかどうか、
大きな分岐点を迎えているような気がして。
ゴールドシップを負かせるかどうか、精一杯チャレンジしてきなさい(上から目線)。


◇浜中俊がやっぱり僕の買っていないところで無双する件
今週も東海Sを勝つなど土曜京都で10鞍【2.1.2.5】と高水準で馬券に絡んだ浜ちゃん。
当然ながら馬券は買っていない。
やっぱり僕のこと嫌(ry



|MEMO
20日京都*2R/ギリサントポケサン(1着):ところでポケさんて誰。
20日京都*5R/ナムラアピア(1着):好時計で勝ち上がり。
20日東京*5R/セイクリットロード(1着):内田さん騎乗でサクッとハナ差勝ち。
20日新潟*1R/グレートチャールズ(1着):問題児もようやく勝ち上がり。