◆東京11R オークス
◎ミッドサマーフェア

ディープインパクトの血が2400mを克服するにあたって、
最大の強敵として立ちはだかるに相応しい血の主。
タニノギムレット×Kingmanboとか、
東京のクラシックディスタンスを走るための配合としか思えない。
君子蘭賞、フローラSと距離が延びてから本領を発揮。
いずれも広いコースで決め脚をフルに活かしての勝利だった。

最終追い切りでも容赦なく攻められており、
もしかしたらこれが裏目に出るかもしれないけれども万全の仕上げには持ってきた。
桜花賞上位組との力比べが楽しみ。

○メイショウスザンナ
▲ヴィルシーナ
☆ジェンティルドンナ
△アイムユアーズ
△オメガハートランド
△キャトルフィーユ

ヴィルシーナが複圏内を外すことは想像しづらいが、
よく考えるまでもなくこの仔もディープインパクト産駒。
すでに2000mを勝った実績はあるものの、もう一回様子を見たい。
クイーンCを勝った段階で「オークスの5着馬(笑)」認定もしちゃったし。

一発があるならメイショウスザンナ。
距離延長にも耐えられそうだし、自在性のある脚質で一角崩しを狙う。

ジェンティルドンナも距離克服については保留で。

ここでディープインパクトのワンツーとかされたら来週も恐ろしくて困る。