◆東京11R NHKマイルC
◎レオアクティブ

何とも決め手に欠けるメンバー構成。
それぞれが長所と課題を抱えており、
展開なり馬場なりを味方につけた馬が勝利を手にすることになりそう。

そうそうスローペースにはならないレース。
常に堅実な末脚を繰り出しながら、
善戦止まりに終わることもしばしばのレオアクティブだが、
ハマったときの迫力は相当。
大外一気を決めた京王杯2歳Sがベストパフォーマンスだが、
4角15番手から追い上げた朝日杯FSも凄い脚だった。
人気薄だけに気楽な立場で一発を狙える立場を味方につけて、
あっと言わせる場面に期待したい。

○ジャスタウェイ
▲カレンブラックヒル
☆セイクレットレーヴ
△ハナズゴール
△マウントシャスタ
△マイネルロブスト

上がりの脚が未知数のカレンブラックヒルは3番手まで。
無敗馬ゆえに課題が見えない点に注意を払っておくべきだろう。
それよりは1800mでも堅実に走ってきたジャスタウェイを上位に。
東京実績のあるセイクレットレーヴも圏内だろう。

マウントシャスタも速い時計での実績に欠けるので抑えまで。