◆京都11R 天皇賞
◎オルフェーヴル

オルフェーヴルのポテンシャルの高さは疑いようがない。
普通に走れば勝つだろう。
だが、逸走こそさすがになかろうとも、
今回も折り合いには苦労すること必至。
池江泰寿師も「この馬に3200mは長い」と公言していたし、
まして馬群に入れにくい大外枠が当たってしまっては...

多少のロスがある程度なら克服してしまうだろうけど、
もしかしたらの可能性があることも。
一応、本命としたがオッズ的な要素も含めると、
絶対に手を出すべきレースではないと判断した。

○ウインバリアシオン
▲ヒルノダムール
☆ナムラクレセント
△ジャガーメイル
△クレスコグランド
△トーセンジョーダン

ウインバリアシオンはオルフェーヴルの自滅待ちで、
自分の競馬に徹すれば一発があってもおかしくない。
あとは昨年の勝ち馬ヒルノダムールに、同3着のナムラクレセント。
ジャガーメイルあたりもまだまだ一角崩しならやれるはず。