◆中山11R 皐月賞
◎ゴールドシップ

馬場状態が微妙で、
この連続開催の中山では、雨上がりだと内有利の傾向が続いていた。
それに該当するようではさすがに分が悪い。

しかし、能力比較だけでいえば決して引けは取らない。
2歳時はゲート難もあって重賞には手が届かなかったが、
それでも後方から長くいい脚を使って素質の片鱗はうかがわせた。

それが花開いたのが共同通信杯。
ディープブリランテを一瞬のうちに交わし去った豪脚は、
間違いなくクラシック級の破壊力があった。

一度エンジンがかかればバテない持続力があるだけでなく、
東京のパンパン馬場でも切れ負けしない決め手も兼備。

仮に今回はダメだったとしても、
条件不問で長く活躍できる素地が整っている。
より力を発揮できるのは日本ダービーだとも思うけれど、
それが楽しみになってくるようなレース内容を期待。

○グランデッツァ
▲ワールドエース
☆トリップ
△アダムスピーク
△ディープブリランテ
△コスモオオゾラ

強敵は自在に立ち回れるグランデッツァ。
道悪を苦にしないパワーもあって、
とりあえず3着は外さないんじゃないかと思うレベル(訳:複勝買いたい)。

ワールドエースはもしかしたら普通に一番強いのかもしれないけれど、
ちょっとまだつかみ切れない部分があるよね。