「短距離路線のレベルは低い」と言われ続けて、何年が経っただろうか。
日本競馬のスピード化は進む一方であるにもかかわらず、
スプリント界の絶対的なエースは現れないまま。
得体の知れない外国調教馬にタイトルをさらわれることも、
もはや珍しい事ではなくなった。
かつてサクラバクシンオーやタイキシャトルのスピードに魅了された我々は、
二度とその再来に出会うことはできないのだろうか。

ビリーヴ、デュランダル、スリープレスナイト、ローレルゲレイロ、キンシャサノキセキ...
いわゆる「暗黒時代」の間にも、強いスプリンターは確かに存在した。
獲得したタイトルの数だけで言えば、
それこそサクラバクシンオーやタイキシャトルにも見劣りしないほど。

だが、現代の短距離タイトルホルダーには、決定的に不足しているものがある。
抽象的な表現にはなるが、「絶対性」がない。
戦う前から「ああこの馬には敵わないだろうな」と思わしめるほどの強さが。

それを裏付ける、わかりやすい数字があるのだが、続きはまた明日。