小倉競馬が延期になったおかげで、
いつものダイジェストがアップできないじゃまいか。
仕方ないので、
何かイレギュラーな記事を書いて場をつなぐことにする。

京都記念のダノンシャンティ、残念でした。
詳しくは回顧エントリで書きますけれども、
折り合い面での不安が的中してしまいましたね。
まあ、半ば覚悟の上だったので、
そこをグチグチ言う気はありません。
むしろ、あれだけ力をロスしても、
トゥザグローリーから0.5秒差でまとめてしまうところに、
底知れないポテンシャルを感じます。

■パドック
ダノンシャンティ_パドック

(※イトコが撮影したのをもらいましたw)

■応援と勝負の二刀流馬券
ダノンシャンティ単勝


こんなセクシーな馬券を買ったのは久々。
「当たったらどうしよ〜♪」な気分、普段は味わえませんからね。
いつも「取って当然、外してどないすんねん」という圧力と戦っているのでw



ダノンシャンティのどこが好きか、他にも理由が見つかりました。
ひとつは、まだまだ未完成なところ。
気性的に大人になったら、
どれだけやれるんだろうという楽しみが先に広がっているからです。

もうひとつは、さほど万人ウケしていないところ。
ウオッカやブエナビスタみたいに、
スーパースター的な扱いを受けていないのがいいですね。
それらに劣らない実力を秘めている可能性があるというのに。

よく考えると、
スティルインラブを筆頭に、
スーパーホーネットやブルーコンコルドなど、
実績の割にチヤホヤされていなかった馬を、
これまでもずっと好きになってきた気がします。
ダノンシャンティに関しても、ここが合致するのかも。

これだけ純粋に好きになれる馬がいるって幸せだわ。
好きになろう、なろうとしても成し得ることじゃないしね。


(・∀・)<ワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村