おかげさまで今季はここまで、
馬券がボチボチうまくいっているのですが、
ひとつだけ気掛かりなことがありまして。

それは、得意(なはず)の1000万下ダート1400mで馬券が取れていないこと。
どうも年明けからピントが合わず、勝ち馬を発見できずにいます。

上記条件のレースはこれまで4クラ行われたのですが、
それぞれ概要は下記の通りでした。

●1月10日 京都12R
1着:メイショウボンハオ(武豊)
2着:スガノメダリスト
3着:ファンドリカップ
----------
11着:◎ネオファロス

差し馬ばかりが人気を集めており、
伏兵ネオファロスの粘り込みに期待したものの、
ハイペースで行ってしまって失速。
皮肉なことに後方待機勢のアシスト役を買って出ることに。


●1月17日 京都12R
1着:オーシャンカレント(小牧太)
2着:メイショウデイム
3着:オオトリオウジャ
----------
4着:◎アイソトープ

この開催のダートは時計のかかるコンディション。
差し馬狙いのスタンスは間違っていなかったが、
アイソトープは外に出すのに手間取った分だけ仕掛けが遅れ4着。


●1月30日 京都12R
1着:インペリアルマーチ(リスポリ)
2着:メイショウツチヤマ
3着:スガノメダリスト

全体的にレベルが落ち気味の路線において、
新星インペリアルマーチの能力は一枚も二枚も上。
3角過ぎから逃げ馬を捕まえにかかる変態的な勝ち方。


●2月6日 京都8R(牝馬限定)
1着:メイショウデイム(藤岡佑)
2着:グリッターエルフ
3着:フェイドレスシーン

牡馬と互角に戦ってきたメイショウデイムが勝ち抜け。
終わってみればあっさりでしたけど、
内枠で人気の差し馬とか基本は疑ってかかるべき。



この条件では「外枠・先行脚質」の上位人気馬を買っていれば、
だいたい間違いなく複圏内は確保してくれます。

しかし、この4レースでその条件を満たしていたのは、インペリアルマーチのみ。
しかも上位人気とはいえ、昇級戦でダントツの人気という、
非常に手の出しづらい状況でした。

また、メイショウボンハオなど差し馬に人気が集まるケースが多かった。
どうしても展開に左右されがちなだけに、信用を置くのは難しいです。
時計の掛かる馬場で、
差しの届く状態だったためにどうにか責任は果たせたものの、
これはどちらかというと稀なケース。

つまり何が言いたいのかというと、

いつもより 難 し い ということですww

もっと狙いやすい馬、出てきてよって感じ。
降級馬とか3歳時にOPでそこそこやってきた4歳馬とかおらんのかと。
特に4歳で強いのがおらんのが元凶では。これ前にも書いたけど。



そこで今週土曜最終レース。
まだ枠が決まっていないので保留状態ですけれども、
ペースは速くなって差し馬にも出番がありそう。
メイショウアツヒメという1200mでガンガン逃げる馬がいて、
そこにネオファロスやセントエドワードが絡むことになるのかな。

となると、安定勢力スガノメダリストやハイローラーあたりが、
上位に突っ込んでくるのかなと。

しかし、この週末は雪予報。
湿った馬場になると状況は一変するでしょう。

馬場状態も含めて楽しみにしたいのが、スティールパス。
半年以上の休養明けと条件は厳しいものの、
3歳夏の時点で古馬と互角の勝負をしていた好素材。
500万下を勝った時は5馬身差のワンサイドを演じていた。

これよ、こういう4歳馬を待ってたんよ!

狙うなら、人気を集めない今回しかないんじゃないかなと。
たとえ内枠に入ったとしても、目をつぶって買うかも!?



さて。更新のモチベーションをより高めるため、
今さらながら「にほんブログ村」に参加することにしました。
ご訪問いただいた方々、
よろしければ下記バナーのワンクリックをお願い致します。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村  (・∀・)<よろしくお願いします!