◆阪神10R 宝塚記念
◎ジャガーメイル

春の天皇賞で初GIを獲得したジャガーメイルだが、
香港での善戦や京都記念での僅差2着を見る限り2000〜2400mがベスト。
詰めの甘さを払拭し本格化を果たした今なら、
勢いに乗っての「もう一丁」に期待していいだろう。

この春のGI戦線で躍進が目立った関東馬に、最後も締めくくってもらえれば。

ブエナビスタは有馬記念の内容からも普通に走れば勝ち負けだろうが、
仕上がり途上でヴィクトリアマイルを激走した反動がやや気がかり。
馬場も良馬場までの回復は望めず、厳しい条件になりそう。
逆にこれで勝てたら手放しで称賛すべき。

本来なら優勝候補筆頭に挙げられるべきドリームジャーニーは臨戦過程に不安。
同じく日本ダービー馬ロジユニヴァースも順調さを欠いている。
アーネストリーも、できればパンパンの良馬場でスピード勝負に持ち込みたかったはず。