定期的に「ドラクエがやりたくなるアドレナリン」が出る管理人です。
今、プレイできる環境は下記の4シリーズでした。

●ドラクエ3@携帯アプリ
言わずと知れたシリーズ最高級傑作。
携帯版は途中まで進めたものの、
DS版6のリリースとタイミングが重なったためペンディングに。
ぜひ、クリアしてノスタルジーに浸りたいところだが、
新たにお金がかかるのと、
「ふくろ」と全体攻撃系武器の導入で大幅に難易度が下がったため、
個人的に「もはやあれは3ではない」という結論に至った。
したがって却下。

●ドラクエ4@PS
昨年、ひと通りプレイを終えた作品。
各章の主役たちが絶妙のキャラクターを持ち、
それらの伏線が第5章で見事に回収されるシナリオは秀逸。
また、各種BGMも名作揃い。
ただし、パーティ構成にオリジナリティがなく、
何度やっても同じような結末に至るのが物足りず。
また、別の理由(後述)もあって却下。

●ドラクエ5@PS2
今回、久々にやりたかったのはこれ。
個人的に最も愛着のあるシリーズであり、
なおかつ仲間モンスターがランダムで加入するスタイルが、
「一度限り」のシナリオ作成を実現させてくれるのが魅力的。
あとはDS、携帯よりも、
でかい画面のほうが疲れないという現実的なメリットもw
しかし、4月に友人宅を訪問した際に持参したコントローラを放置してきてしまい、
泣く泣くPS2の起動を断念せざるを得ない結果に。
(※4ができなかった理由も同様)

●ドラクエ6@DS
で、結局採用したのがこれ。
前回は一応ダークドレアムを倒すところまでは行ったものの、
20ターン以内で勝てるまでのパーティ育成には至らず飽きたw
キャラは固定ながらも転職システムによってパーティ構成はバラエティに富む。
それに何よりも、まださほどやり込んでいないことが、
「もう一回」と思わしめる最大のモチベーションとなった。

なわけで「6」二周目、レッツゴー。
いきなりですけど、もうムドーは倒してしまいましたw
相変わらず運に左右される部分はありますけれども、何とか勝ちました。
ハッサンは黙々とほのおのツメでメラミをぶつけ、
主人公はアモールの水で後方組の回復役。
ミレーユはタイミング良くスクルトを使いつつベホイミ役。
チャモロは言わずもがなのゲントの杖&ザオラル要員。

つまりハッサンでしかダメージを与えられないという超守備的布陣。

もうひとつ気付いたのが、「4人全員で戦わない方が楽」だということ。
誰かが先頭不能状態に陥ってくれた方が、
回復が行き届いて安定した戦いができる。
さすがにハッサンが倒れるときつく、
また唯一、蘇生能力を持つチャモロも捨てがたい。
よって主人公かミレーユってことになります。

もちろん全員が生き残って勝てれば最高ですけど、
どこかで犠牲が出るのも割り切るのも大事。
今回はパーティ全員のHPが低下した際、
やむなく主人公の回復を後回しにして立て直しを図ったところが勝因に。
(※あっけなくブレス攻撃でやられてしまいましたが)

落ち着いたらザオラル挑戦しようと思っている間に倒してしまったため、
残念ながら記念すべき瞬間は4人揃っていなかったのですが、
それも仕方ありませんね。