だいたいこの手の話題で後から言及するお偉方には昔からうんざりするもので。

■鬼武チェアマン「乱闘事件」に激怒(デイリー)
浦和選手の審判批判には「世界に手が届くクラブになっていない。品がない」とバッサリ。
G大阪に対しても「選手の歓喜の輪」を「アウェーで相手に失礼」、
サポーターの下品なやじを「大阪の恥」と断罪した。

(一部抜粋)

「大阪の恥」て。
せっかく両クラブが謝罪の意を表しているところで、
神経を逆なでするようなことは言うもんじゃありませんよ・・

それより明らかにおかしいのがアウェイにおける「ワニナレナニワ」批判。
昨日も書いた通り、あれは今までもホーム・アウェイ問わずやってきたもの。
それが「相手に失礼」とか言うのなら、
何で4月の大分戦@九石ドーム直後に注意を促さなかったのか?
ACL@全南戦に関してはもう2ヶ月近く前のことですよ?

まさか「知らなかった」とは言わせまい。
問題がここまで大きくなったから批判を繰り広げるなんて愚の骨頂。
あんたこそが「Jリーグの恥」とちゃうんか?
本当に「ワニナレナニワ」が問題行為であるのなら、
早い時点で問題提起し、「アウェイではやめておこう」という方向性を示すべき。
そうすることで、今回の事件だって未然に防ぐことができていたかもしれないのに。

イライラするわ。

・・・・・・
選手たちも今、複雑な思いを抱いているようです。

■5月17日のブログについて(安田理大ブログ)

■みんなで!(播戸竜二ブログ)

■申し訳ございません(中澤聡太ブログ)

ちくしょう、どれもこれも湿っぽい内容になってやがるぜ。
中でもミチヒロは「ワニナレナニワ」問題について、真摯に考えてくれているようです。

そんな中、今回の件には一切触れず、
新しいスリッパの話題を提供するハッシーのマイペースぶりには驚くばかりである。
■風水(橋本英郎ブログ)