ガンバ大阪3−1アルビレックス新潟

約1ヶ月ぶりのリーグ戦再開。
相手は目下3位、しかもアウェーで黒星を喫したアルビレックス。
重要な試合であり、簡単には勝てない試合であることはわかっていた。

しかし、終わってみれば完勝。
前半こそ0−0で折り返したが、終始ゲームは支配。
そして後半3分にオウンゴールで先制すると、
着実に追加点を奪いゲームを決めた。

3点目を決めた加地亮はこれが今季初ゴール。
リーグ戦での得点は昨年の開幕戦(レッズ戦)以来となる。
それにしても豪快な左足ミドル弾だった。
たまにしか見られないせいか?
加地のゴールって派手ですな。
レッズ戦のゴールだって、
胸トラップで三都主アレサンドロを交わしてのボレーシュートだったし。
実は天性のゴールセンスを秘めているのかも。

これで主力フィールドプレーヤーのうち、
ゴールを決めていないのは安田理大のみとなった。
安田のほうこそ、今日は是が非でも点取りたかっただろうにね。

いよいよ次は15日レッズ戦。
この磐石の強さなら、負ける気はまったくしない。
勝って宿敵に引導を渡そうか。