◆京都11R きさらぎ賞
◎オーシャンエイプス
○アサクサキングス
▲ナムラマース

キャリア1戦で◎を打つことにも抵抗はない。
オーシャンエイプスはここも突破できる素材だから。
ラジオNIKKEI杯2歳Sで善戦の2頭がいれば、相手にとっても不足はない。

実績ではナムラマースに見劣るアサクサキングスだが、
上昇度を見ればラジオNIKKEI杯の結果は逆転可能。
先行力を活かすタイプが、スタートで流れに乗れず中団からの競馬になったのが痛かった。
好位から速い上がりでまとめた百日草特別の内容からも、
京都コースへの適性も高そうだ。
とはいえナムラマースを軽視するわけにもいかない。
京都外回りならチーフベアハートの血も騒ぐ。

■春霞む 如月の淀で 宙を舞う。≪きさらぎ賞・オーシャンエイプス≫
■もしかして超大物!? オーシャンエイプス圧勝デビュー

◆東京11R ダイヤモンドS
◎チェストウイング
○トウカイトリック
▲バイロイト
☆セレスステーラー

メジロコルセアが取り消したようで。
とはいえ消耗戦になることは間違いないだろう。
ステイヤーズS3着馬にして東京5勝、
ハンデも55kgに落ち着いたチェストウイングでいいだろう。
相手筆頭は57kgでもトウカイトリック
勝ち味に遅いのが気になるが、長距離戦なら自信を持って臨める。
バイロイトもここにきて充実著しい。
軽量組からは関西馬セレスステーラー
和田竜二なら一発があってもおかしくない。

===
間もなく定年を迎える伊藤雄二厩舎。
春日特別にはイントゥザグルーヴを送り出すが、
このエアグルーヴの次女もクラブの規定で3月限りで引退することとなる。
デビュー当初からとにかく体質が弱く、
なかなか順調に使い込めず期待ほど出世はできなかった。
キャリアわずか12戦という数字がそれを物語っている。
今回は鞍上も武豊に戻るが、
もしかしたらラストランになるかもしれない一戦。
京都の1800mは適性のある舞台だし、惜別の意味でも応援したい。