「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

2013年03月

◆中山11R ダービー卿チャレンジT
◎ガルボ
○ダイワファルコン
▲ダイワマッジョーレ
☆リルダヴァル

マイル戦のG3なら改めてガルボの出番。連覇あるで。
フェブラリーS出走後は慣れないダートを走ったダメージが心配だったが、
短期放牧を挟んでアクシデントもなく調整されているようでどうやら問題なさそうだ。
東京新聞杯は枠に泣かされたが、今度は絶好の最内枠。
もちろん包まれて窮屈なレースを強いられるリスクもあるが、
これを味方につけられるだけの機動力と経験がある。

相手はダイワの二騎。
昨年は1番人気を裏切る形となったダイワファルコンだが、
やはり中山そのものは得意にしており「今年こそ」の意気込みだろう。
距離適性でいえばダイワマッジョーレの方が上か。
じっくり脚をタメる展開になると最後はいい脚を使うのでスローペース希望か。

あとはこのレース4勝の匠・柴田善臣騎乗のリルダヴァルを押さえておけば問題ないw

人気どころではドナウブルーを嫌う形になったが、
たぶんこの馬は馬群を割って出てやるというほどの強いハートがない。
前走もそうだった。
コーナー2つのコースで外から被されたりせず、
気分よくレースを運ぶのが好走の条件だろうと思っている。
逆に言うと、ここでコケてもヴィクトリアマイルでは十分に注意が必要だということ。

例によって馬連で◎から○▲☆、あと○▲☆BOXも押さえ。そして単勝◎。

◆阪神11R 大阪杯
◎ショウナンマイティ
○オルフェーヴル
▲エイシンフラッシュ
☆ダークシャドウ

オルフェーヴルの始動戦。前売オッズでは単勝は1.2倍となっている。
豪華メンバーが集まった今回でも、その能力は一枚抜けていると思う。
ただ、折り合いだ斜行だとトラブル含みな面は解消されないまま5歳を迎え、
もう今さら「まともに走る」確証を得ることはできないだろうなとも。

昨年、大きく歯車を狂わされた阪神大賞典はパスし、春の天皇賞参戦についても流動的。
いわば「やりやすい」一戦としてセレクトされた大阪杯ではあるが、
それでも安心はできない。
「終わってみれば強かった」という結末を迎える可能性は低くはないが、
効率を考えれば避けるべき勝負だろう。



打倒オルフェーヴルは京都記念でガス抜き完了のショウナンマイティ連覇に託す。
今回はさすがに向こう正面で動いてしまうようなことはないはず。
タテ長の馬群になっても、スローからのキレ勝負になっても、互角以上に戦える。
イメージとしては馬群に包まれて追い出しが遅れているオルフェーヴルを、
一瞬にして外から襲いかかるようなシーンかな。

あー、オルフェーヴル包まれそうw

◆阪神11R コーラルS
◎トウショウカズン

ポラリスS組の最先着トウショウカズンから。
最内枠から3番手集団につけて直線の追い比べに持ち込んだが、
もう一つ後のポジションに控えていた2頭にわずかに先着を許した。

今回はトラバントが先行しそうなので、それを直後から追いかける展開になればベスト。
スピードを最後まで持続させる力はメンバー屈指なので、
不利なくレースができれば結果はついてくるだろう。

○ナガラオリオン
▲タイセイシュバリエ
☆マルカフリート

ポラリスSで◎を打ったナガラオリオン。
思ったより前の位置になって最後は脚が上がったが、
休み明けを使われた2戦目なら上積みも期待できそう。
同じくポラリスSで5着だったタイセイシュバリエも乗り替わり等で前進期待。
あとはフェブラリーSでも小差の競馬マルカフリート。

△アドマイヤサガス
△マルカベンチャー
△トラバント
△アルゴリズム
△コウセイコタロウ

展開次第で浮上しそうな先行追込み馬もパラパラと。

>3月30日
−阪神−
◇*6R:3歳500万下/オレアリア(浜中) →大事に育ってほしい
◇10R:仲春特別/ローゼンケーニッヒ(C.デムーロ) →折り合えば?
◇11R:コーラルS/トウショウカズン(C.デムーロ)

−中山−
◇*9R:山吹賞/マンインザムーン(北村宏) →青葉賞トライアルw
◇10R:安房特別/カナロア(内田博) →ただのカナロアです

★コーラルS:今週土曜は重賞がないのでこの一戦をピックアップ。
簡単に言えばポラリスSの再戦。入線順に買えば当たりそうw
ゴール前わずかに甘くなったトウショウカズンだが、
差し馬が届く展開だったことを思えば健闘の部類に入るだろう。
ナガラオリオンあたりと決着すればありがたい。

>3月31日
−阪神−
◇10R:マーガレットS/ノーブルコロネット(池添)
◇11R:大阪杯(G2)/オルフェーヴル(池添)

−中山−
◇*5R:3歳未勝利/ワナビーザベスト(石橋脩) →ゆるゆる調教だけでは
◇10R:伏竜S/ソロル(北村宏)
◇11R:ダービー卿チャレンジT/ガルボ(石橋脩)

★大阪杯(G2):オルフェーヴル始動である。詳しくは予想エントリで書くとして、
今年も競馬界の中心として活躍が期待されるだけに、
また最初からおかしなことにならないようよろしくお願いします。
★ダービー卿チャレンジT(G3):毎年乱戦となるハンデ重賞。
とりあえずまだガルボの季節である。ハンデ58kgならギリギリ踏ん張れるのでは。
★その他:フィリーズレビューは4着で涙をのんだノーブルコロネットがマーガレットSへ。
正直、陣営の意図が汲み取りにくい采配ではあるのだが、
勝ってNHKマイルCへという青写真なのだろうか?
まさか登録しているとはいえ桜花賞への連闘は考えづらい。
いずれにせよ、ローテが裏目に出ており過度な期待は禁物。
3歳ダートのOP特別伏竜SにはヒヤシンスSの2、3着馬が出走する。
前走2着のソロルは当該コースで勝ち星を挙げており、
今回もコパノリッキーより先に来られるのではないだろうか。

年度末で忙しいおまいらも、週末はいい競馬を。

23日の毎日杯で、ド派手な圧勝を飾ったキズナ。
これで日本ダービーへの出走をほぼ確実なものとしたが、
鞍上の武豊にとっても一つの節目となる勝利であった。

まずは..3年前の忌まわしき落馬事故の記憶を上書き保存できたか。
すでに不可侵領域からは陥落し、成績にも陰りが見られた中で、
いわば武豊の時代終焉へトドメを刺される形となったあのレース。
あれ以降はチャンピオンホースの手綱も、
後輩や地方競馬からの転入組に明け渡すこととなり、
トップジョッキーとして脚光を浴びることはなくなった。

だが、3年の時を経てキズナというパートナーに巡り合った。
佐藤哲三の負傷で回ってきたチャンスであることには複雑な気持ちも感じるところだが、
形はどうあれ日本ダービーに有力馬で臨む久々のチャンスである。

「久々」といえば、もう一つ書き留めておきたいことがある。
この日のキズナは単勝1.5倍の圧倒的人気に支持されていたが、
JRA重賞における武豊の騎乗馬が単勝2倍を切ったのは、
ヴィクトワールピサの弥生賞(1.7倍-1着)以来のことだった。やはり3年ぶり。
かつては毎週のように「鉄板級」のお手馬とともにグレードレースを制していたのが、
今や懐かしく感じられるほどである。

おなじみの光景が3年ぶりに訪れたことで、
もうあの時代に戻ることはないのだなと再認識する一方で、
キズナという存在が一瞬のタイムスリップを巻き起こしてくれるのかもしれないと、
ふとそんなことを期待させられる2013年の春。

>3月24日
◇中京11R 高松宮記念
■レース結果(netkeiba)
予想エントリ:【レース予想:高松宮記念】◎ロードカナロア
【投資:2,000円 回収:0円】

まだ勝利の余韻に浸るだけで気持ちいいくらいだが、
◎ロードカナロアにとっては造作のないレースだったことだろう。
唯一、ヒヤリとさせられたのはスタートで少し後手を踏んだくらいで、
極端に位置取りを悪くすることもなく、いつもの脚を使って差し切り。

これでスプリンターズS→香港スプリント→高松宮記念とG1を3連勝。
タイキシャトル以来となる「単勝1倍台での6FG1優勝」の金字塔も打ち立てた。
となると、もちろん引き続きスプリント王として君臨してもらいたい一方で、
新しいカテゴリへの参戦が望まれるが..
どうやら春は休養に充て、秋は昨年と同じローテを組む予定とのこと。
やや残念な気もするが、もちろん引き続き応援していきたいものだ。



馬券のほうは○サンカルロが不発に終わりアウト。
勝ち馬以上にダッシュがつかず、最後方からの競馬になった時点でどうしようもなかった。
それにハクサンムーンの逃げが意外にもスローで、
昨年のような1400m寄りの適性が求められない質のレースになったのが誤算。
ハクサンムーン陣営は戦前からの駆け引きが上手でした。
とにかくハナは譲らないといった旨のコメントを出して、うまく煙幕を張ることに成功。
おかげでマイペースの逃げを打てましたね。

5着ダッシャーゴーゴー、6着マジンプロスパー..このあたりの「指定席」感すごい。

上下左右4本の親不知を放置してきたけど、そろそろ年貢の納め時ということで。
とりあえず上の2本だけスコーンと抜いて来ました。余裕。
でも下のほうが手強いらしい(痛む、腫れる)。

高松宮記念のことは回顧エントリを書くのでそこで。

|RACE REPORT
>3月24日
◇中山11R:マーチS(G3)/ギリギリ届いたグランドシチーついに重賞初制覇
東海Sで賞金加算ならず、フェブラリーSは除外に終わったグランドシチー
それだけに、ここで重賞初制覇を果たした喜びはひとしおだろう。
4角で大きくリードを奪ったバーディバーディを捕まえた末脚は、
もうワンランク上の舞台を走るにふさわしいものだった。
ところで1番人気に支持されたジョヴァンニは10着と大敗。
そこまでペースが厳しかったわけではないが、
鞍上いわく3角を過ぎてからのペースアップについて行けなくなったとのこと。
今回のところは力負けと言わざるを得ないだろう。
それにしても、この手の連勝馬は昔ならもっと一本かぶりの人気になっていただろうに、
単勝でも3.4倍とソコソコの支持に落ち着いたのを見て、
最近のファンは馬券が上手だなと..手強い敵ばかりですわ。


>3月23日
◇中山11R:日経賞(G2)/フェノーメノ盤石の発進 次は盾か香港か
休み明け、大外枠、初距離と色々と課題もあったフェノーメノだが、
終わってみれば完勝でした。
好発を決めて中団追走、
先に抜け出したカポーティスターを楽に捕らえる、スキのないレース運び。
デビュー当初はどちらかと言うと荒削りな印象がありましたが、
非常にスマートな勝ち方ができるように成長しましたねえ。
セントライト記念の時もそうでしたが。
一方、オーシャンブルーは後方ままで9着と大敗。不可解。
どうも池江厩舎の休み明けって印象が良くないんですが気のせいですか。
期待のアドマイヤフライトも伸び切れず。
やはり広いコースの方が向きそうですね。


◇阪神11R:毎日杯(G3)/キズナの豪脚頂点へ届くか 大目標は日本ダービー
弥生賞で権利獲得に失敗し、背水の陣で臨んだキズナの圧勝。
メンバーが格段に楽になったのと、持ち味を活かせる外回りコースと条件も揃っていた。
それにしても上がりの脚の傑出具合がすごい。
この馬が34.3秒で上がっているのに対し、
2番目に速いピュアソルジャーが35.4秒(しかもキズナより後ろの位置から)。
「豪脚発動には色々と注文がつくが、ハマればとんでもない」というのが現在の評価でよさそうだ。
そこで皐月賞はどうなのかというところで、陣営が英断を下した。
目標を日本ダービーに設定し、次は京都新聞杯というローテを予定するとのこと。
これなら消耗を最小限に留めつつ頂点を目指せる。
武豊が再び日本ダービーの栄冠に輝くシーンに直面できれば感涙必至。


|TOPICS
◇ベテラン中舘英二がJRA通算1,800勝を達成
後輩たちのお面は永遠に忘れませんwww
■中舘騎手のJRA1800勝インタビューに「中舘ブラザーズ」登場


|MEMO
>3月24日
・ジンセイハオマツリ2勝目。小田切さんモグモグパクパクとNHKマイルC2頭出しなるか。
・六甲Sでヒストリカル戦線復帰。久々にこの馬らしい末脚で3着。
・ベストサーパスがひっそりと復活勝利。何だかんだで次は準OP。
・トーセンパワフル再び中山に挑むも5着。2勝目が遠い。
・中山で横山和夫が特別を勝ってた。千葉日報杯。
・名古屋城Sはカワキタフウジン。知ってた。タフな馬場が向くタイプ。

>3月23日
・ブランクヴァースがまた2着だったらしい。まあゴッドマスタングは強いよね。
・君子蘭賞ディープサウス最後に失速。札幌記念のレッドディザイア的な。
・大寒桜賞はラストインパクトがアウォーディーとの接戦制す。ダービーTRへ。
・ブラックステアマウンテンとは何だったのか。

ロードカナロアえらい!!!

■2013年第43回高松宮記念(GI) / ロードカナロア 【480p】


単勝1.3倍の圧倒的支持に応える勝利。
ついに現れたスプリント界の絶対王者。
本当にいいものを見せてもらいました。

◆中山11R マーチS
◎ジョヴァンニ
○グランドシチー
▲フレイムオブピース
☆バーディバーディ

ジョヴァンニの重賞初挑戦。
まだキャリアが浅く揉まれた経験がないが、大外枠なら問題なくクリアできそう。
昇級戦の割にはハンデも見込まれたし、
えてして前傾ラップからの持久力勝負になりやすいレースではあるが、
それらも含めてクリアしてくれれば。

◆中京11R 高松宮記念
◎ロードカナロア
○サンカルロ

ロードカナロア鉄板。
昨秋、スプリンターズS→香港スプリントと連勝を決めた能力は一枚も二枚も上。
単勝1倍台前半の圧倒的支持にふさわしいだけの実績がある。
よほどのアクシデントがない限りは負けないだろうし、負けてほしくもない。

つまり相手探し。

前売ではシルクロードS勝ちのドリームバレンチノや、
オーシャンSで初重賞制覇のサクラゴスペルが高く評価されているようだ。
それぞれのステップレースが機能しており喜ばしい限り。

だが、しかし。サンカルロの存在を忘れてはいまいか。
過去2年はいずれも2着。
特に新装中京コースは阪神1400mとの関連性が高く、
ここを得意とする馬が上位に来る傾向にある。
※だからこそ昨年も2着だったわけだが

さすがに同一G1で3年連続2着はないだろうと思いつつも、
オッズを見る限りではそこまで高い支持を得ているわけではなく、
これなら世論の合間を縫って珍記録達成の可能性も十分ある。

結論、馬連◎○とワイド◎○の2点でどや。

◆中山11R 日経賞
◎アドマイヤフライト
○オーシャンブルー
▲フェノーメノ
☆タッチミーノット

人気通りに収まる年もあるが、基本的にはやはり荒れるレース。
オーシャンブルー、フェノーメノとビッグネームの始動戦ではあるが、
昇級戦となるアドマイヤフライトに期待したい。
とにかくレースセンスが抜群で、好位から速い上がりを使える性能の主。
それだけに中山2500mよりも広いコース向きではあると思うが、
使われている強みでここも通用すると見た。

◆阪神11R 毎日杯
◎キズナ
○メイショウブシン
▲サトノキングリー
☆オメガキングディー

登録メンバーを見た段階では何とも言いがたかったのだが、
結局キズナの優位は動かないという結論に達した。
5着に終わった弥生賞も、内容だけなら勝ち馬にも匹敵するものがあったし、
ややエンジンの点火に時間を要するタイプらしく、
それだけに外回りコースに替わるのも好材料。
恐らく今回も折り合い重視でじっくり運ぶことになると思うが、
まとめて面倒を見られるはずだ。

一方、相手のチョイスには一捻りを加えてみた。
特注はメイショウブシン。
小倉で未勝利を勝ち上がったばかりなのだが、
4角10番手から一瞬にしてギアを上げて差し切った内容は非凡だった。
もちろん相手は一気に強くなるが、ほんのり期待してみたい。

>3月23日
−阪神−
◇*9R:君子蘭賞/ディープサウス(四位) →乗り切れないミキオ厩舎..
◇10R:鳴門S/ホクセツダンス(浜中) →阪神得意なので
◇11R:毎日杯(G3)/キズナ(武豊)

−中山−
◇*8R:ペガサスジャンプS/ブラックステアマウンテン(ウォルシュ) →ようこそ外国馬
◇*9R:ミモザ賞/ロジプリンセス(三浦) →鞍上勢いある
◇11R:日経賞(G2)/オーシャンブルー(C.デムーロ)

−中京−
◇*1R:3歳未勝利/アメージングタクト(秋山) →何度目の正直か
◇10R:大寒桜賞/アウォーディー(秋山) →コース向き連闘も期待

★日経賞(G2):ネコパンチの衝撃から1年。今年もいる、一応。
昨年、王道を歩んだフェノーメノの始動戦だが、
有馬記念2着でその名を上げたオーシャンブルーもここから。
まだまだ成長の余地はありそうだし、
こういうトリッキーなコース設計だと持ち味を発揮できそう。
仕上がり具合が見抜ければ買える。見抜ければ..
★毎日杯(G3):キズナの目標はあくまで皐月賞ということなのだろうか。
タイプ的には日本ダービーに絞ってもよさそうな気がするが、
早いうちに「ダービー出走権」を確保しておきたいという陣営の意図なのかも。
阪神の外回りコースに替わるのは歓迎だろう。今度は力をフルに発揮。


>3月24日
−阪神−
◇11R:六甲S/ヒストリカル(浜中)
◇12R:4歳上1000万下/シンコープリンス(小牧) →激走あるで

−中山−
◇*6R:3歳500万下/トーセンパワフル(四位) →中山はどうか..?
◇11R:マーチS(G3)/ジョヴァンニ(四位)

−中京−
◇11R:高松宮記念(G1)/ロードカナロア(岩田)

★高松宮記念(G1):ロードカナロアが勝ってくれることだけを願っておく。
極端な内枠が当たらなければ、ほぼ大丈夫でしょう。
★マーチS(G3):ダートで快進撃を続けるジョヴァンニに期待。
このレースでの連勝馬といえばタマモストロングですよね皆さん。
懐かしいわ、確か2000年の勝ち馬。13年も前..w
★その他:六甲Sにヒストリカルが出る。
昨年、毎日杯を勝った時にはもっとトントン拍子で出世するかと思いきや、
思いのほか伸び悩んでいる。
ブリリアントベリーの仔特有の成長力に期待したいところ。
鞍上は高松宮記念不参加の浜ちゃ。

土曜日は久々にゆっくり見られそうな今週もよい競馬を。

いよいよロードカナロアが、16年ぶりの快挙を成し遂げようとしている。

■【スプリンターズS考察2】絶対王者が現れない原因とは。(2011年9月28日更新)

上記文中にある「単勝1倍台での1200mG1制覇」が実現すれば、
97年のタイキシャトル(スプリンターズS)以来となる。
この瞬間が今から待ち遠しい。
馬券的にはつまらない一戦となるかもしれないが、
待ち望まれた短距離の「絶対王者」の誕生が、
数字的な側面からも証明されることを期待している。

がんばれロードカナロア。

>3月16日
◇中京11R ファルコンS
■レース結果(netkeiba)
予想エントリ:【レース予想:ファルコンS】昨年の再現だ◎エールブリーズ
【投資:2,000円 回収:5,350円

たぶんケツから行くであろう◎エールブリーズを本命にしつつ、
前が残る展開になったら先行する強い馬もケアしておこうということで、
○インパルスヒーローを拾っておいたら両方的中したというおいしい話。
ただ、道中の位置取りは想定していたのと真逆で、
エールブリーズの方がかかりながら先行、
インパルスヒーローは中団インに控えて直線勝負という形だった。

正直、2頭をピックアップした主な理由が「デカいから」というわけで、
決してレースを読み切れたわけではないんだけれど、
それで当たったんだから来年もデカい馬優先で。覚えておこう。

しかしカシノピカチュウ2着でNHKマイルC出ちゃったよwww

1日遅れのダイジェスト。
阪神大賞典は先に回顧エントリ書いたからパスするで。

|RACE REPORT
>3月17日
◇中山11R:スプリングS(G2)/ロゴタイプ盤石 皐月賞でも上位争いか
さすが2歳王者というか、むしろ成長を感じさせる一戦だった。
向こう正面から出入りの激しい展開になりながら揺さぶられることもなく、
早めスパートから先頭に立って、後続を楽に振り切る危なげのない内容。
朝日杯FSの勝ち馬が年明け初戦を勝ったのは03年弥生賞のエイシンチャンプ以来で、
ちょうど豊富なキャリアと低評価を覆してG1を勝った姿が重なる。
エイシンチャンプは皐月賞3着だったが、同様かそれ以上の結果が期待できそうだ。


◇中京10R:フローラルウォーク賞/レッドアリオン圧勝 NZTから本番へのルート見えた?
G3でも善戦してきたレッドアリオンにとって、
ローカルの500万下はいかにも楽な組み合わせだった。3馬身半差の圧勝。
ローテ的にも狙いはNHKマイルCになりそうだし、
ニュージーランドTで権利を取って本番へのルートで行けそう。
脚質にも幅があって、安定して力を出せるタイプだしね。


>3月16日
◇中京11R:ファルコンS(G3)/内からズドンとインパルスヒーロー 3連勝で重賞初制覇
東京1400mで連勝中だった○インパルスヒーローが内から差し切り。
3連勝で重賞初制覇を飾った。この馬もNHKマイルCへ。
国枝厩舎は3週連続の重賞勝ち。
そして3着に◎エールブリーズが入って○の単複と◎の複をゲット。
欲を言えばこちらに勝ってほしかったけど、ほぼ満点の取り方ができて満足。


◇中山11R:フラワーC(G3)/サクラプレジール同僚の無念晴らすハナ差勝ち
2戦2勝でオークスまでの出走を確実としたサクラプレジール
内枠スタートから巧みに立ち回り、ゴール前の混戦をハナ差しのぎ切った。
前週のアネモネSで3着に終わったサクラディソールの無念を晴らす勝利で、
尾関厩舎は先日のオーシャンSに続きまたもサクラの馬で重賞勝ち。
サクラプレジデント産駒の確変も続いている。


◇阪神7R:3歳500万下/エーシンゴールド5馬身差圧勝で2勝目
ソツなく2番手につけて抜け出す、スキのないレース内容。
この後は栄進堂さんのことだから兵庫CSかな?
相手次第だけどあっさり持っていきそう。


◇阪神11R:若葉S/ゴール前強襲レッドルーラー皐月賞への切符ゲット
マズルファイヤーの刻むラップは前半1000m60.8秒の平均ペース。
決して遅いものではなかったが、
1番人気のメイケイペガスターが折り合いに苦しんだ。
そんな中、序盤は後方でチャンスをうかがっていたレッドルーラーの追込みが炸裂。
2着にはマクリ合戦で一時はポジションを下げながら、
再び盛り返したクラウンレガーロだった。
引き締まった展開で位置取り関係なく純然たる力比べになりやすい阪神2000mは神コース。
ショウナンマイティさんも絶賛ですわ。
それにしても、しっかり権利を取り切った三浦皇成くんの仕事ぶりは見直した。
土曜の阪神では人気薄で2勝もしてたし。
そもそも乗り替わりの背景として、
「クラウンロゼで結果出したから」という声があり、
いや冠名は同じでも馬主さん違うやん?と思ってたら親子のようですね。知らんかった。


|MEMO
>3月17日
・カレンブラックヒルの妹レッドセイリングが武豊を背に新馬勝ち。5馬身差。
・但馬Sはモズが勝って波乱。ヴィクトリースターの巻き返しはならず。

>3月16日
・ようやくデビューなったラストグルーヴ、期待に応える新馬勝ち。先が楽しみ。
・ノーザンリバー約2年ぶりに復帰。そこそこ走れてた。焦らずじっくり行こう。
・ラルプデュエズは4着でまた初勝利ならず。少し内にササる面も。

万博帰りですが余力があるので簡単にレースの感想を。

>3月17日
◇阪神11R 阪神大賞典
■レース結果(netkeiba)
予想エントリ:【レース予想:阪神大賞典[参考]】◎ゴールドシップ

脚質の自在性を求める須貝調教師の思惑とは裏腹に、
今回もボコっとしたスタートから最後方を悠然と走るゴールドシップ
うん、今さら先行力とか求めても無理だよね..
きっと共同通信杯はマグレだったんだよね..

大外から飛び出したマカニビスティーが前半1000mを61.2秒で入り、
その後も<12.3 - 12.5 - 13.1 - 12.4 - 11.8>と極端にラップは落ちず、平均的な流れに。
ゴールドシップが動いたのは、例によって残り1000mから。
鞍上のはっきりとわかるゴーサインでエンジンがかかると、
2秒ほど前を行く先行集団との差を徐々に詰めにかかり、
直線入り口ではもう先頭に並びかける勢い。
早々と勝負の行方が決したので最後はやや脚色が緩んだが、
折り合いに苦労しない点と末脚の持久力というセールスポイントには、
一点の曇りも見当たらなかった。

逆に言うと、目新しい発見みたいなものもなく。
変な不安材料を残すことなく天皇賞に向かえるのが一番の収穫というか。
ごく平然と、普通のレースをして普通に勝った。
それで十分でしょう。



ベールドインパクトは課題の折り合いをパスできず。
京都記念ではどうにか我慢も利いていたが、
今回は馬の後ろに入れられずリラックスして走れなかった。
3角から勝ち馬についていく形で進出したが、直線半ばでガス欠。
結局1.4秒もの大差をつけられての4着に終わった。

◆中山11R スプリングS
◎アクションスター
○フェイムゲーム
▲アドマイヤオウジャ
☆シンネン

積極的に買いたくない休み明け2歳チャンプのロゴタイプや、
完全に評価を見誤っているタマモベストプレイがおり手は出さないでおくことにした。

弥生賞に比べて締まったペースで流れることが多く、
中山1800mという舞台設定ながら安易な位置取りゲーにはなりにくく、
じっくり構えた馬でも届くのが例年のイメージ。
仕切り直しとなった京成杯で鋭い決め手を見せたアクションスターを推す。
当時の疲れも癒え、前走の再現それ以上に期待。
その京成杯でアクションスターを負かしたフェイムゲームも引き続き。
距離短縮で見直したいアドマイヤオウジャと、
小倉で勝ち上がってきた伏兵シンネンが穴候補。

実はロゴタイプに関してはエイシンチャンプ感が強く、
あまり人気していないことからも逆に走り頃なのかもと思ったりしている。
特にスポ紙で「朝日杯勝ち馬は苦戦」みたいなデータも取り上げられていたので、
そろそろ逆の目が出るんじゃなかろうかと。

◆阪神11R 阪神大賞典
◎ゴールドシップ

何の問題もないでしょう。
昨年のオルフェーヴルみたいに折り合いを欠く心配もなし。
マカニビスティーの小牧やトウカイトリックの浜ちゃなど、
レースを途中で動かそうとする乗り役もいるけれども、
どうせ後ろからレースを進めるので影響もないでしょう。

○ベールドインパクト

相手もベールドインパクト1点でほぼ問題なし。
菊花賞では引っかかった分だけ最後の伸びを欠いたものの、それでも4着。
前走の京都記念を見た限りではスローペースでもリズムを守って走れていたし、
ムダにスタミナを消費しなければ2着は確保できるでしょう。

そんなわけで◎○1点勝負でいいだろうと思っていたら、
前売段階では200円もつかない超激安配当になってやんの。
さすがにこれじゃ手が出ないわなあ。

◆中京11R ファルコンS
◎エールブリーズ

重馬場でのレースとなった昨年とは事情が違うかもしれないが、
500kgを超える巨体を誇るブライトラインが勝ったのは、
新装中京開幕時に話題となった「デカい馬を買え」の法則が的を射ていた証だと思う。

そこで今年は誰がデカいんだろうと馬柱を見てみたところ、何とエールブリーズだった。
ブライトラインと同じフジキセキ産駒、同じ鮫島厩舎。運命か。
追込み一辺倒の脚質だけに自己条件戦でも勝ち切れないレースが続くが、
こういうタイプはクラスが上がったほうが競馬がしやすいのはよくあること。
前走みたいなスタートにならなければ、
序盤は流れに乗りながら末脚を温存し直線勝負で見せ場を作れるはず。
抽選対象ながらバルジューを押さえていた陣営の執念よ実れ。

○インパルスヒーロー
▲モグモグパクパク
☆ディアセルヴィス

今週も国枝厩舎が中京に送り込むのはインパルスヒーロー。
1400mで2連勝しており、先行力もある優等生タイプ。
よほどハイペースにならなければ崩れず走れるのでは。
モグモグパクパクは時計がかかればここでも通用。
中山で2勝しており、坂は苦にしない。
あとはOP特別でそこそこ善戦できているディアセルヴィス。

人気どころで印が回らなかったのはプレイズエターナル、ティーハーフだが、
どちらも軽い馬場の方が持ち味を出せそうな印象。

◆中山11R フラワーC
◎サクラプレジール
○カラフルブロッサム
▲ダイワポライト
☆トーセンレディ

弱メンの中にもキラリと光る素材を見つけたい。
ということで1戦1勝サクラプレジールに注目。
このところサクラ軍団がほんのりと息を吹き返しつつあり、
サクラアルディートはOPでも善戦、
同じ3歳牝馬サクラディソールは惜しくも桜花賞の権利を逃したがすでに2勝、
そしてサクラゴスペルはオーシャンSを制し高松宮記念へと、
古豪のピンクの勝負服を目にする機会も多い。

特に前述の通りサクラディソールがアネモネSで3着に終わったこともあって、
何としてもここは賞金を加算させたいところだろう。
好枠を活かして上位に食い込みたい。

>3月16日
−阪神−
◇*6R:3歳新馬/ラストグルーヴ(福永) →お手並み拝見
◇10R:なにわS/ノーザンリバー(四位) →おかえり
◇11R:若葉S/レコンダイト(浜中)
◇12R:4歳上1000万下/マイユクール(酒井学) →取消www

−中山−
◇11R:フラワーC(G3)/カラフルブロッサム(和田)

−中京−
◇*5R:3歳未勝利/ラルプデュエズ(バルジュー)
◇11R:ファルコンS(G3)/エールブリーズ(バルジュー)

★ファルコンS(G3):新装中京1400mになって2回めの施行。
昨年はブライトラインが後方から差し切ったが果たして..
メンバーを見ていると末脚勝負タイプが多く、
中でもエールブリーズあたりはハマれば面白そうと思う一方で、
こういう時は前残りがあるのかなという考えも。
★フラワーC(G3):これはひどい(´・ω・`)
OP馬がタプロームのみで、それもダート1200mで挙げた2勝という有様。
関西から意欲の登場カラフルブロッサムに期待も、
器用さには欠けるタイプだけに中山1800mはどうか..
★その他:若葉Sにはレコンダイトが出走。
先週ノーブルコロネットがハナ差で権利を逃した分も頑張ってほしいが、
メイケイペガスターら相手も揃っており望みは薄い。
POG所有馬ではラルプデュエズも出走。距離延長はプラスになると思いたい。

>3月17日
−阪神−
◇11R:阪神大賞典(G2)/ゴールドシップ(内田博)

−中山−
◇11R:スプリングS(G2)/マンボネフュー(蛯名)

−中京−
◇10R:フローラルウォーク賞/アルバタックス(松山) →条件戦で出直す

★阪神大賞典(G2):ゴールドシップの勝ち方に注目するレースということで。
気になるのはまた須貝調教師が「先行できるだろ」とか言うてる点だけ。
どれだけ押してもテンには行かないことくらいもうわかってるだろうに。
★スプリングS(G2):ロゴタイプの始動戦だが朝日杯の勝ち馬は疑ってかかるべき。
今度こそマンボネフュー..と思ってたら大外て。これはつらい。
タマモベストプレイの適性も前走で完全に見誤ってしまったので、
このレースは参加しないでおいたほうがよさそう。

※3/15 12:00 コメント追加

■阪神大賞典 出走予定馬
コスモヘレノス/56バルジュー
ゴールドシップ/57内田博
デスペラード/56武豊
トウカイトリック/57浜中
ピエナファンタスト/56国分恭
フォゲッタブル/56シュタルケ
ベールドインパクト/55福永
マイネルメダリスト/56○○
マカニビスティー/56小牧
モンテクリスエス/56幸

いよいよゴールドシップ始動である。
今季のテーマである「国内制圧」を目指して、幸先のいいスタートを切りたいところ。
求められるのは「勝つこと」。それ以外にない。
特に折り合いを試す必要もなければ、
今さらゲートの不安を改善させることもないくらいに、
待機策からのマクリ戦法が板についてきた。
もちろん、脚質の自在性が兼備されれば今後の視野はさらに広がってくるが、
そこまで柔軟性のある馬でないことは陣営もわかっているだろう。
いつも通り、どっしり構えて末脚勝負に持ち込めばいい。
今からウキウキするわ。

ちなみに、過去20年の「大本命級」が阪神大賞典に出走した際の単勝オッズは以下の通り。

  • 95年 ナリタブライアン/1.0倍→1着
  • 06年 ディープインパクト/1.1倍→1着
  • 11年 オルフェーヴル/1.1倍→2着

あと、さらに遡ると祖父メジロマックイーンも1.2倍、1.3倍で連覇している。偉大。
恐らく今回はこの領域に足を踏み入れるものと思われる。
昨秋のステップレース神戸新聞杯では、まさかの単勝2.3倍という好配当だったが、
さすがにそうはいくまい。
札幌2歳S以来ずっと何らかの形で馬券を買っているのだが、
どうするかちょっと考えなければ。
普通に考えればベールドインパクトとの1点なんだが..

と、ぐう平凡な内容のまま終わる。

いよいよG1戦線も本格化の季節を迎えたが、
普段は重賞タイトルと縁のない、マイナーな種牡馬の産駒が頑張っている。

■2013年重賞勝ち馬とその父
京都金杯:ダノンシャーク(ディープインパクト)
中山金杯:タッチミーノット(ダンスインザダーク)
シンザン記念:エーシントップ(Tale of the Cat)
フェアリーS:クラウンロゼ(ロサード)
日経新春杯:カポーティスター(ハーツクライ)
京都牝馬S:ハナズゴール(オレハマッテルゼ)
東海S:グレープブランデー(マンハッタンカフェ)
AJCC:ダノンバラード(ディープインパクト)
京成杯:フェイムゲーム(ハーツクライ)
シルクロードS:ドリームバレンチノ(ロージズインメイ)
根岸S:メイショウマシュウ(アドマイヤマックス)
きさらぎ賞:タマモベストプレイ(フジキセキ)
東京新聞杯:クラレント(ダンスインザダーク)
クイーンC:ウキヨノカゼ(オンファイア)
京都記念:トーセンラー(ディープインパクト)
共同通信杯:メイケイペガスター(フジキセキ)
ダイヤモンドS:アドマイヤラクティ(ハーツクライ)
小倉大賞典:ヒットザターゲット(キングカメハメハ)
フェブラリーS:グレープブランデー(マンハッタンカフェ)
アーリントンC:コパノリチャード(ダイワメジャー)
阪急杯:ロードカナロア(キングカメハメハ)
中山記念:ナカヤマナイト(ステイゴールド)
チューリップ賞:クロフネサプライズ(クロフネ)
オーシャンS:サクラゴスペル(サクラプレジデント)
弥生賞:カミノタサハラ(ディープインパクト)
中日新聞杯:サトノアポロ(シンボリクリスエス)
フィリーズレビュー:メイショウマンボ(スズカマンボ)
中山牝馬S:マイネイサベル(テレグノシス)


何をもって「マイナー」と定義するかは迷ったが、
今回は都合よく「産駒の重賞勝ち数が通算3勝以下の種牡馬」とした。
なおかつ現役時代には十分な活躍を見せたものの、
種牡馬として引く手あまたになるまでの実績は残せなかったというカテゴリ。
8/28という数字自体がどこまで高水準なのかは説明が難しいが、
善戦が目立っていると総評して差し障りのないレベルであることは間違いないと思う。

特にロサード×ヒシアケボノというマイナー血統の結晶というべきクラウンロゼが、
フェアリーSに続いてアネモネSも勝ち3戦3勝の快進撃を見せ、
あわよくば桜花賞もというポジションにいる。
この雑草娘が、ディープインパクト産駒の桜花賞3連覇を阻むようだと痛快。

思えば朝日杯FSをロゴタイプが勝ったあたりがひとつの契機となったか。
ローエングリン産駒のG1勝ち(ついでに3着馬も)はそれなりのインパクトがあった。
ちょうど今週はスプリングSで始動。
せっかくつかんだマイナー種牡馬快進撃の流れである。
簡単に手放すわけにはいかないだろう。

ただ、かねてより「社台の馬ばかりでつまらん」とぼやいている人たちが、
果たしてどこまでこの異変を歓迎しているかはよくわからない。
少なくとも「色んな種牡馬の子どもが頑張ってるやんけ!」という声は聞かない。
いったいどういうことだw

宣言通り日曜の夜は更新しないことにしたから( ・`ω・´)
そうなるとダイジェストとかいるの?とも思ったりで、
何か色々と改善を迫られているような気がしている。

|RACE REPORT
>3月10日
◇阪神11R:フィリーズレビュー(G2)/メイショウマンボ末脚炸裂!桜戦線にまた新星登場
ゴール前の脚色は際立っていた。
単勝3番人気のメイショウマンボが差し切り。
混沌とする桜花賞戦線にまた一頭、新星が誕生した。
これまでと同様、待機策に徹して間に合うかどうかが懸念されたが、
前がそこそこ流れてくれたおかげで直線は馬群のバラけ、
エンジンを点火させるには十分なスペースがあった。
これまでのスタイルを踏襲したテン乗り川田くんの好騎乗。さすが代打は得意。
本番はどうするんでしょうねこれ。
メイショウさんのことだから幸四郎に戻しそうな気もするけど。 →戻すみたいですね。さすが。
余談ながら血統表を見ていると、母母がメイショウアヤメだったことが発覚。
確か旧4歳牝馬特別で追い込んで2着だったはず。懐かしい。


◇中山11R:中山牝馬S(G3)/マイネイサベルまたも人気薄で激走 通算3つ目の重賞勝ち
マイネイサベルは本当に無作為で買っていれば儲けられる馬だと思う。
昨年の府中牝馬Sを勝つなどまだまだ力はあるのに、今回も6番人気。
休み明けで56kgということを考えれば理解できなくもないジャッジだけれども、
それにしてもナメられすぎである。←買ってから言えよ
テレグノシスは種牡馬を引退してしまったが、
これからも重賞戦線で奮闘することで、少しでも父の無念を晴らしてもらえれば。


>3月9日
◇中京11R:中日新聞杯(G3)/上昇馬サトノアポロ重賞初制覇! 国枝厩舎は2週連続
実力伯仲の一戦を制したのはサトノアポロ
重賞初挑戦だった前走AJCCは4着に敗れたが、再チャレンジで見事に初タイトルを手にした。
先週カミノタサハラで弥生賞勝ちの国枝厩舎は2週連続。
アドマイヤタイシはこれで4戦連続銀メダル。
3着も人気の一角トウカイパラダイスで順当な結果となった。

一方ジャスタウェイは全くいいところがなく8着と大敗。
実績的にはG3でここまで苦戦する馬ではないのだが、
このところ使われている条件があまりにもチグハグで気の毒。
須貝厩舎の見込み違いか焦りか、強行軍がことごとく裏目に出てしまった。
ここで立て直しが必要だろう。


◇阪神11R:ポラリスS/エアウルフ前走完敗から巻き返す ナガラオリオンは6着
白帽2頭の叩き合いに、外から襲いかかったのはエアウルフ
すばるSでは1番人気に支持されながら大敗を喫していたが、巻き返しに成功した。
スティールパス、トウショウカズンと重賞でも善戦している相手を負かせたのは収穫だろう。
末脚に期待した◎ナガラオリオンは6着に終わった。
ただ、好スタートから積極的なレース運びを見せてくれたし内容には満足。
引き続きOP特別なら圏内突入もあり得る。


◇中山11R:アネモネS/クラウンロゼ無傷の3連勝で桜花賞へ
フェアリーSでアッと言わせたクラウンロゼの実力は本物のようだ。
今回もお手本のような好位付けからスマートに抜け出し快勝。
混戦模様の桜花賞、もしかしたら出番があるかもしれない。
もう一枚の切符はクイーンC3着のジーニマジックが獲得。
1番人気のサクラディソールは3着まで。
大外枠からうまく先行できたのだが..最後は脚が鈍った。


|TOPICS
◇浜中俊が土曜阪神で5勝
朝から4連勝、そしてメイン勝ち。
最後のエアウルフは個人的には余計でしたw
日曜にも3勝して合計8勝www

◇ルーキー初勝利一番乗りは原田敬伍くんでした
土曜中京2Rで。
人気のニホンピロバロンの手綱を任され、しっかり勝ち切った。
勝てる馬を回してくれるニホンピロの馬主さんステキ。


|MEMO
>3月10日
・ダノンムーンがひっそり復帰して勝ってた。
・東風Sが馬連8万馬券の大波乱。確かに混戦ムードだったけども。
・バーバラ4連勝。今度は見事な追込み。

>3月9日
・松田国厩舎のマッケンジーが2戦目で8馬身差の圧勝。
・ローガンサファイアが2勝目。コツコツ稼ぎそうなキャロットの馬。
・阪神スプリングJはシゲルジュウヤク。重賞は2勝目。
・ユウキソルジャーがなかなか軌道に乗れない。まさか降級函館待ち..?

◆阪神11R フィリーズレビュー
◎サウンドリアーナ

心情的にはノーブルコロネットに頑張ってもらいたいのだが、
500万下を大敗し休養、
そして帰厩からわずか2週間ばかりでの実戦という臨戦過程では強気になれまい。
桜花賞に滑り込むための急仕上げ感すごい。
そもそも抽選突破してゲートインできるだけありがたいレベル。
距離短縮で馬場もどうにかいいコンディションを保てそうなところに望みを見出したいが、
苦戦を覚悟しながらの観戦になるだろう。

対照的にサウンドリアーナは早くからここを目標にしており、
鞍上にも南関東から移籍の戸崎を早々と確保。
本番よりもここに適性が高いのは明らかで、本気度も高い。
3枠5番と好枠をゲットし、そのモチベーションが報われる一戦となりそうだ。

○サンブルエミューズ
▲ノーブルコロネット

芙蓉Sの変態追込みのインパクトが薄れつつあるサンブルエミューズ。
1400mなら折り合いもつくだろうし、
時に後方一気が決まるレースでもあるので。

ノーブルコロネットは色々とうまく噛み合えば2、3着は拾えるかも。

◆中山11R 中山牝馬S
◎マイネイサベル

好位インからさくっと抜け出せる馬を探してみたけど見つからなかった。
それなら、休み明けでまた人気していないマイネイサベルで。
末脚勝負タイプではあるが、直線の短いコースも苦にせず差してこられるのが長所。

10倍つくなら単1本で勝負してもいいんじゃないかな。買わんけど。

◆中京11R 中日新聞杯
◎アドマイヤタイシ
○トウカイパラダイス
▲サトノアポロ
☆アンコイルド

中京2000mというのはなかなか謎なコースで、
昨年の重賞はスローペースで流れることが多かった。
今回もどうなるかわからないが、
自在性があって安定して走れるアドマイヤタイシ中心でいいのでは。

中京得意のトウカイパラダイス、上昇馬サトノアポロ、
あと2000mで巻き返したいアンコイルドまで。

ジャスタウェイは今回も違う気がする..

◆阪神11R ポラリスS
◎ナガラオリオン

1200mでも際立って速いエーシンジェイワンが出てきた。
1F延長でそれなりのペースに落とすのか、それとも自分の形を貫くか。
すぐ内に同型アドバンスウェイがおり、
他にもウォータールルドやエアウルフが前をうかがう展開なら、
そう簡単に楽なラップは刻ませてもらえなさそう。ハイペース想定。

休み明けになるが、ナガラオリオンの一撃に期待する。
昇級戦になるが、前走は根岸S優勝のメイショウマシュウを下すなど実力は十分。
同じく有力視されているタイセイシュバリエにも2度先着している。
ダンゴ状態だと外枠はコースロスも生じてくるが、
恐らくタテ長の展開になるので揉まれず自分のペースでスパートできるはず。
まだ半信半疑で見られているうちが買い時。

○タイセイシュバリエ
▲トウショウカズン
☆スティールパス
△トシギャングスター
△ケイアイテンジン
△エアウルフ
△アドバンスウェイ
△エーシンジェイワン

おまいら花粉症は大丈夫か?
今年は「アレグラ」がいいらしいと実家のおかんが言うもんだから服用してみたところ、
僕は全然効果ナシ。
多少、ノドが乾いたり眠気に襲われたとしてもビシっと止めてくれるのがいいです。
ストナリニは好相性。

>3月9日
−阪神−
◇*8R:阪神スプリングJ(G2)/バアゼルリバー(小坂) →歴戦の勇者
◇11R:ポラリスS/タイセイシュバリエ(幸)

−中山−
◇10R:サンシャインS/ユウキソルジャー(村田) →中山どうか?だけ
◇11R:アネモネS/サクラディソール(横山典)
◇12R:4歳上1000万下/リーゼントブルース(松岡) →得意条件

−中京−
◇10R:沈丁花賞/フェブアクティヴ(高倉) →いつの間に1勝w
◇11R:中日新聞杯(G3)/アドマイヤタイシ(岩田)

★中日新聞杯(G3):ジャスタウェイ、ジョワドヴィーヴルが京都記念から転戦。
他にも4連勝したアンコイルドや好調トウカイパラダイスなど粒揃いのメンバーになった。
重賞3連続2着中のアドマイヤタイシにとっては楽ではないが、今度こそ決めたい。
★その他:ポラリスSは先行馬が揃って厳しいペースになりそう。
控えてもいい脚が使えそうなタイセイシュバリエを中心に考えてみようかと。
あるいはトウショウカズンあたりかなー。
アネモネSは重賞勝ち馬もいるが、あえてサクラディソールの名を挙げておく。
ノーブルコロネットがずっこけた菜の花賞が、大外から突き抜ける快勝だった。


>3月10日
−阪神−
◇*8R:4歳上500万下/グレートチャールズ(畑端) →畑端www
◇11R:/フィリーズレビュー(G2)ノーブルコロネット(池添)

−中山−
◇11R:中山牝馬S(G3)/フミノイマージン(太宰)

−中京−
◇11R:トリトンS/バーバラ(松山) →やっぱ名前がいいよね..

★フィリーズレビュー(G2):ノーブルコロネット抽選突破。桜花賞へのラストチャンス。
期待して見守りたいところだが、そこまで甘くはないだろうなと。
山元トレセンから帰厩して2週間ばかりで、どこまで態勢が整っているか。
馬場も気にしそうなだけに、日曜の雨予報も不安。
ただ、阪神1400m自体は向きそうな設定だし、
重賞で一撃を狙うなら池添に乗ってもらうのも悪くない。
あとは内枠をもらって良馬場でやれることを願おう。
★中山牝馬S(G3):エリザベス女王杯で痛恨の敗戦を喫したフミノイマージン。
それでも太宰とのコンビは継続。
牝馬限定G3、57kgのトップハンデでも勝ちたいところ。

それでは今週もいい競馬を。

「エイシン」の平井豊光さんが亡くなったらしい。
関西を代表する、老舗の大馬主さん。
競馬ファンなら誰もがなじみのある冠名と、赤黒の勝負服。
偉大なホースマンの一人であった。合掌。

何度も自慢げに書いているように、
数年前から栄進堂さんには本当によくしていただいており、
直接のコンタクトはもちろん取ったことがないながらも、
本当に感謝の意で一杯です。
これからも、微力ながら栄進軍団を応援していきます。

昨年、大躍進を遂げた須貝厩舎がどうもピリッとしない。
ここまで全国13位の7勝、勝率.143は決して悪い数字ではないのだが、
重賞戦線での活躍が期待される稼ぎどころが仕事をできずにいる。

■2013年 須貝厩舎主力馬の主な成績
  • 中山金杯 ジャスタウェイ 3着(1番人気)
  • 紅梅S オツウ 3着(2番人気)
  • 春菜賞 オツウ 7着(1番人気)
  • クイーンC コレクターアイテム 9着(1番人気)
  • 京都記念 ジャスタウェイ 5着(1番人気)
  • チューリップ賞 ローブティサージュ 9着(2番人気)


ちょっと悪意のあるリストアップに映るかもしれないけれども、
クラシック候補と評される3歳馬や、
重賞の常連として奮闘している馬が結果を残せないでいると、どうしても目立ってしまう。
厩舎単位で不調に陥った場合には、
よくスタッフの異動が原因として挙げられるが、特にそういった話も聞こえてこない。

わずか2ヶ月の間の話なのでそこまで深刻に考える必要もなかろうが、
来週にはゴールドシップの始動も控えているので、
早い内に悪い流れを断ち切ってもらいたいもの。

今週はジャスタウェイが中日新聞杯に出走する。
コーナー2つのマイル〜1800mがベストと見立てているので、
京都記念に続いて条件的には不適に映るが、
ローカルでのG3だけあってポテンシャル比べなら優位。
結果を残して厩舎の「大将」の復帰に弾みをつけてほしい。

ちょっと更新スケジュール考えるわ。

|RACE REPORT
>3月3日
◇中山11R:弥生賞(G2)/東西のエース敗れる 6番人気カミノタサハラが皐月賞候補に
「まさか」とまでは言い過ぎでも、少なからずショックだ。
エピファネイアが初黒星を喫した。
ラジニケ杯で克服したはずの折り合いに苦労し、最後まで脚を伸ばすことができなかった。
パドックや返し馬は見られていないのだが、
ゲート入り直前で鞍下からかなりの発汗が見られたように、
初めての長距離輸送でメンタルへの影響があったことは想像できた。
いわばエクスキューズのつく負け方なので、
そこまで悲観することもないのだろうが、
どうせなら無傷で皐月賞まで行ってもらいたかったなと。

関東のエース・コディーノを抑えゴール前の混戦を断ったのはカミノタサハラ
この世代でなかなか重賞勝ち馬の出なかったディープインパクト産駒。
前走を勝った時点で「フェノーメノ枠」はこの馬かなと思っていたが、
決して適性が高いとは思えない中山コースで勝ち切れたのは力の証だろう。

しかし、これでますます混戦ムードに拍車がかかったクラシック戦線。
スプリングSはもちろん、
若葉Sあるいは毎日杯あたりまで目が離せない展開になりそうだ。


◇阪神11R:大阪城S/サクラアルディート健闘もイン差しエアソミュールに敗れる
外枠不利を承知で◎サクラアルディートの単で勝負したが2着。
ロスなく運んだエアソミュールには敵わなかった。
本当はああいう競馬をこちらがやりたかったんだけどね..
適条件ならオープンでも通用すると判明したのは収穫では。


>3月2日
◇阪神11R:チューリップ賞(G3)/こちらも人気2頭不発 クロフネサプライズ堂々逃切り
譲り合いのような形からクロフネサプライズがハナを奪って逃げ切り。
何となくエイシンテンダーやエアパスカルのような役割のような気がするけど..
阪神JF2着馬に対してナメすぎだろうか。
レッドオーヴァルの不発は展開によるところが大きく、
レース内容そのものは悲観することはないのだが、
次は馬体を維持もしくは膨らませて出てこられるかがカギに。
むしろ心配なのはローブティサージュのほう。
ウォーエンブレムの悪いところが顔を出し始めたような..


◇中山11R:オーシャンS(G3)/サクラゴスペル3連勝で重賞初制覇
ダッシャーゴーゴーの追撃を楽に封じて重賞初制覇。
しかし今までのキャリアを振り返ってみると、
昨年の高松宮記念に出ていたらしい(9着)。そんなことは全然知らなかった。
ちなみに、さくらコマースさんの重賞勝ちは09年函館記念のサクラオリオン以来だそうです。

TOPICSとか休むわ。POG未勝利3頭出しもスルーでええわ。
サクラアルディートが勝ってたらもっとモチベーション高かったわ。

◆阪神11R 大阪城S
◎サクラアルディート

重賞での活躍を期待している一頭。
京都記念は相手も強かったが、
2200mの距離も少し長かっただろうしコーナー4つのコースも不慣れだった。
今回は走り慣れた阪神1800m。
相手も手頃だし、それでいてハンデ54kgは恵まれた。
唯一、気になるのは枠順。
じっくり構えていては間に合わなさそうな馬場状態で、
8枠15番を引いてしまったのは気がかりだが、
脚質的にそこそこ前に行けるタイプなので出足次第ではロスなく運べるか。

相手はよくわからないので単複のつもり。

◆中山11R 弥生賞
◎エピファネイア

チューリップ賞では人気の2頭が着外に敗れ、
改めてトライアルの難しさを痛感させられたところ。
3戦3勝でスター街道を進むエピファネイアにとっても、
決して簡単な戦いにはならないだろう。

それでも。

一戦ごとに課題をクリアしてきた道のり、
そしてコースや展開を問わない能力を考えれば、
ここもしっかりと通過してくれるのではないかと。
ビュイックが引っ掛かるのを恐れて過剰に抑えなければ..

○サトノネプチューン
▲ヘミングウェイ
☆バッドボーイ

ちょっと人気薄めのところに流して高配を狙ってみてはどうか。
コディーノも当然ながら有力ではあるが、
ちょっと先を見据えた仕上がりに映った。

◆中山11R オーシャンS
◎ダッシャーゴーゴー

時として凄まじい万馬券が飛び出す波乱傾向の重賞。
しかし今年はダッシャーゴーゴー復活の舞台となりそうだ。
逃げ馬が揃いペースも速くなりそうで、
底力がモノを言う展開になればこの馬には敵うまい。

馬券は買わないけど単1本勝負のつもりで応援。

◆阪神11R チューリップ賞
◎ヴィルジニア
○ローブティサージュ
▲レッドオーヴァル
☆グッドレインボー
△ウリウリ
△プリンセスジャック
△アユサン
△クロフネサプライズ
△ウインプリメーラ

結果によっては桜花賞の行方も決まってしまいそうな顔ぶれ。
レッドオーヴァルがマイルにメドをつけるどころか、
2歳女王をあっさり負かしてしまうようだと本番もあっさり持っていきそう。

だが、あくまでも今回は試走。
賞金も足りているので、じっくり構えて脚の使いどころを探るレースになるだろう。
そのスキを縫って権利を取りたいのがヴィルジニア。
まだ1戦1勝だが、先行して速い上がりを使い後続を突き放した前走は強かった。
あえて強敵揃いのここへぶつけてくるあたりが陣営の自信の表れと言えるだろう。

まあまあ忙しいのでミッドウィークの更新サボりがちです。
簡単にでも書けるよう来週から頑張ります( ・`ω・´)
しかしサッカーも始まるのでますます時間に余裕がない..

>3月2日
−阪神−
◇10R:播磨S/ウィキマジック(浜中) →おかえり。
◇11R:チューリップ賞/レッドオーヴァル(C.デムーロ)

−中山−
◇*9R:黄梅賞/トーセンパワフル(バルジュー) →中山適性は?
◇11R:オーシャンS(G3)/ダッシャーゴーゴー(川田)

★チューリップ賞(G3):いまだ勢力図がハッキリと見えてこない桜花賞戦線だが、
ここでレッドオーヴァルが初のマイル戦もあっさり適応してしまうようであれば、
2歳女王を押しのけて最有力候補へと名乗りを上げることになるだろう。
個人的にはココは脚を測る場として3着くらいに負けておいてくれれば、
本番での馬券的な妙味も出てくるのでそんな感じで願ってます。
★オーシャンS(G3):ダッシャーゴーゴーが56kgって飛びつきたくなるよね。
川田くんとのコンビでもう一回勝ってほしいけど、このレースはけっこう荒れる。
逃げ馬も多いし、いきなり戸崎のツルマルレオンあたりがハマってもおかしくない。


>3月3日
−阪神−
◇*2R:3歳未勝利/アメージングタクト(秋山) →惜敗芸に磨き
◇10R:仁川S/グランドシチー(津村) →58kgでも末脚期待
◇11R:大阪城S/サクラアルディート(川田)

−中山−
◇*5R:3歳未勝利/ワナビーザベスト(石橋脩) →黄金配合覚醒はよ
◇11R:弥生賞(G2)/エピファネイア(ビュイック)

−小倉−
◇*5R:3歳未勝利/クライナーヘルツ(松山) →約半年ぶり復帰

★弥生賞(G2):いいメンバーっぽいが、それも今年が終わってみないとわからない。
エピファネイアの年明け初戦。先が楽しみになるレースをしてほしい。
もちろんコディーノも。馬券は買わずに見ておく。
★その他:登録馬が出た段階で大阪城Sのサクラアルディートは全力で行くと決めた。
G2京都記念でも先行投資の意味を込めて買ったほど。
さすがに実績の乏しい距離だっただけに最後は伸びを欠いてしまったが、
今度はコーナー2つの1800m戦。戦い慣れた条件だ。
ハンデも54kgと申し分なし。勝ちを強く意識した馬券の買い方で臨む。

Have a nice Keiba this weekend.

↑このページのトップヘ