「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

2013年01月

■東京新聞杯 出走予定馬
インバルコ/57◯◯ ⇒⇒
インプレスウィナー/56田中勝 ⇒⇒
ガルボ/58石橋脩 ⇒⇒⇒
キングストリート/56ブノワ ⇒
クラレント/56岩田 ⇒⇒
スマイルジャック/59田辺 ⇒⇒
スマートシルエット/54蛯名 ⇒⇒⇒
ダイワマッジョーレ/56丸田 ⇒⇒
ドナウブルー/54内田博 ⇒⇒
トライアンフマーチ/56横山典 ⇒⇒⇒
ブライトライン/56三浦 ⇒
マウントシャスタ/56ビュイック ⇒⇒
ヤマニンウイスカー/56柴田大 ⇒⇒⇒⇒
リアルインパクト/56マクドノー ⇒⇒⇒
リーチザクラウン/57江田照 ⇒⇒⇒
レッドスパーダ/56北村宏 ⇒⇒⇒

「京都金杯とは何だったのか」という言葉に重みが出てきた。
馬場と展開読んで合いそうな馬ピックアップしたら当たるやんと、
そう思っていた時期が私にもありましたよええ。
しかし最近はどうもポジショニングがアテにならんのですよ。
日経新春杯でメイショウウズシオがどんくさいレースしたあたりからおかしくなったw

だからというわけではないけれども、
頭の整理、展開予想の足しになればと思って脚質を想定して併記してみた。
見やすいかどうかはさておき..

冬の東京開催2週目という時期で馬場もキレイな状態だけあって、
ここ数年はラチ沿いを通った先行馬が速い上がりで勝ち切るパターンが定着してきた。
連覇を目指すガルボを筆頭に、ちょうど過去3年の勝ち馬が集結しており、
彼らのパターンにハマれば勝ち切れるチャンスがあると言えるだろう。

  • ガルボ
  • ドナウブルー
  • トライアンフマーチ

そこそこ前に付けられて、高速決着にも対応できるという条件でここまで絞った。
あとは内枠を引けた馬を特に重視すればよさそう。

まずは冬季限定ガルボ。阪神カップ2着はさすがでした。
58kgがどうこう言われて今回もあまり人気しなさそうw
たとえ外枠が当たっても絶対に押さえておきたい。

1番人気はドナウブルーか。昨年のマイルCS3着馬。
一瞬は大外から突き抜けるかという脚色で、
牡馬に混じっても遜色のない底力を見せた。
道中で息が入れば最後は確実に脚を使えるタイプで、やはり軽視は禁物だろう。

そして最後にトライアンフマーチ。
京都金杯はがっつり引っかかりながら2着と地力を証明。
いくら内有利の馬場だったとはいえ、普通ならバッタリ止まってもおかしくない内容だった。
斤量は2キロ軽くなるし、過去のレースを見ると左回りだと折り合いもマシっぽい。
7歳でも衰えは感じさせないし、このあたりで念願の初重賞が回ってきてもいいのでは。



今のところ本命候補はトライアンフマーチ。お願いだから内枠をください。
あとはガルボ、ドナウブルーの順に。金曜はよはよ。

おでん食べたい。日本酒をリミットレスに飲んでべろべろになりたい。
いい馬券取りたい。

|RACE REPORT
■1月27日
◇京都11R:シルクロードS(G3)/G1善戦組の底力 ハナ差の接戦はドリームバレンチノに軍配
ハンデ差を活かして格下が活躍する傾向にあるシルクロードSだが、今年は実績馬のワンツー。
昨年、函館スプリントSでロードカナロアを負かし、
スプリンターズSでも3着と善戦したドリームバレンチノが勝利。
内からしぶとく脚を伸ばすパターンは前走スプリンターズSと同じで、
あの勝負強さがここまで9勝を挙げてきた原動力と言えるだろう。
惜しくもハナ差で敗れたのは古豪ダッシャーゴーゴー
こちらは勝ち馬よりさらに1キロ重い59kgを背負いながらも、その実力を垣間見せた。
CBC賞でも同じ斤量で3着とそれなりに結果は残せていたが..
どちらも高松宮記念ではロードカナロアというチート級の怪物と戦うことになるが、
それなりの手応えを持って臨めるのではないだろうか。
なお、単勝1番人気はアイラブリリだったが15着と大敗。
前半3F35秒のスローペースで先行できたが、
後続にとってちょうどいい目標になってしまった。
直線早めにケイアイアストンに並びかけられて終了。
そんな展開だったもんだから追い込み一発芸人たちは総じて不発。
特にサドンストームは出遅れて流れに乗れず何もできないまま終わった。


◇東京11R:根岸S(G3)/滑り込み出走メイショウマシュウ 直線一気で重賞初制覇
週半ばの段階では抽選対象だったメイショウマシュウが滑り込み出走で重賞初制覇。
早くから素質の高さは評価されていたが、
初めてのタイトルは意外とあっさり手にすることができた。
この馬といえば高橋亮(現調教師)のことがやはり真っ先に思い出されるが、
その父・高橋隆厩舎から引き継がれた沖芳夫厩舎は約10年半ぶりの重賞勝ち。
そう、お察しの通りナリタトップロード。京都大賞典ですよ。
苦境に置かれたホースマンに希望の光を灯す存在として今後も奮闘を願う。
例えば藤岡佑介にJRA初G1をプレゼントするとか?


◇京都12R:4歳上1000万下/エーシンバリントン敗れる 差し馬決着で波乱
どうも最近、僕の買ってる◎馬が思った位置を取ってくれませんねえ..
◎エーシンバリントンも行き脚がつかず、
どうにかこうにか押して中団インを確保するのがやっと。
早めにコルージャがマクってくる展開もあり先行勢には苦しい展開となり、
最後は大外から☆コウユーヒーローが鮮やかに差し切り勝ち。
2着がタイガーシードでは押さえの馬券もなく、
今週たった一つの勝負は味気なく終わりました。


◇東京7R:3歳500万下/カミノタサハラ2勝目 関東の有力馬枠はこの馬か
実にディープインパクト産駒らしいキャラ。東京替わりの上がり勝負をモノにした。
いわゆる「関東の有力馬枠」はこの馬かなという感覚。
昨年でいうところのフェノーメノ的な。
ただ2400mまで守備範囲かと言われるとやや微妙かもしれない。


◇中京12R:知立特別/ケルンフォーティー逃切り 1000万下特別で初勝利を挙げる
まあ珍しいケースもあるもので。
かつて藤沢和雄厩舎がレディブロンドやタイキチェイサーを、
このクラスで初陣を飾らせたことがありましたけど。
普通に負け続けながらとうとうチャンスをモノにしたわけですね。
ただ、単勝1,940円とソコソコな配当に収まったのは、
過去にもちゃっかり3着という「現級実績」があったからで、
そこまで驚きというわけでもなかったのかもしれない。
いずれにせよ陣営にとってはうれしい1勝だったでしょうね。


■1月26日
◇東京11R:白富士S/アンコイルド4連勝! ステラロッサは直線ロス響き..
ゴール前は前評判通り、人気3頭の争いに。
先にムーンリットレイクが脱落し、
抜け出したアンコイルドにステラロッサが並びかけたところがゴールだった。
わずかに先着したのはアンコイルド。これで500万下から4連勝。
ステラロッサは得意の切れ味勝負に持ち込めたのだが、
直線で内にササってしまい立て直すのに時間を要した分だけ届かなかった。もったいないっ。
ムーンリットレイクはだいたい想像通り折り合いに苦労し最後はガス欠。
最終的にはマイルとか、もしかしたら1400mあたりが稼ぎどころになってるかも..


|TOPICS
◇騎乗停止明けの四位洋文がいきなり2勝
日曜京都5Rで復帰後初勝利を果たすと、続く7Rもレッドグランザで勝利。
いずれもディープスカイらの手綱を任せられた昆貢厩舎でのもので、
信頼の厚さを改めて感じましたね。次は川崎記念のハタノヴァンクールも。
昆厩舎といえば藤田さんも勝ってましたし、
斜陽のベテラン勢をバックアップする方針はどこか心がほっこりしますね。


◇1ヶ月の短期免許取得期間を終えルメール帰国
最終日の東京でも詰め甘オコレマルーナをしっかり勝たせるなど4勝の大活躍。
今回の滞在期間で14勝をマークしていきました。
ダノンシャークでの京都金杯では大変お世話になりましたが、
その後は全然いい馬券を取れないままです。
またよろしくお願いします。
次はG.ブノワ騎手がやって来ますが実力は果たして..


|MEMO
>1月27日
・コピーライターの3戦目は9着。完全に頭打ちです。
・アドマイヤフライト連勝で準OPへ。まだまだ行けるぞ。
・松籟Sは武豊メイショウカドマツ逃切り。お正月ですものね。
・東京6Rコパノリッキー圧勝。千四も苦にせず。ヒヤシンスSはこの馬か。
・三河Sはコウセイコタロウ。オーシャンフリートはどうにか3着。

>1月26日
・京都4Rメイショウツバクロで石橋守さんが勝った。おめでとう。
・京都5Rでプリモディーネの仔クロンブリオントが快勝。出世期待。
・京都6Rの3歳500万下、弱メン相手でタガノエンブレムが復活の2勝目。
・京都7R、幸さんのポレイア1番人気もエディンに逃げ切り許す..
・梅花賞はレッドルーラー。しっかり末脚伸ばしOP入りも重賞戦線では..?
・クロッカスSはシーブリーズライフが内から抜け出す。ティーハーフは届かず3着。
・メイショウロフウ敗れる。ゲートの失敗が響いた。それでも好素材。

昨日は結局ステラロッサも買えなかった。今日はこれ。

◆京都12R 4歳上1000万下
◎エーシンバリントン

準OPでも好走したキャリアを持つエーシンバリントン。
前走は外枠で流れに乗れず、また時計も速かったことから差し届かなかったが、
今回は相手にも恵まれた。
ダラダラと粘り込んで結果を残すタイプなので、早めに動いて勝機をモノにしたい。

○アントウェルペン
▲ダノンジュピター
☆コウユーヒーロー
△トップオブカハラ
△コルージャ
△ローマンエンブレム
△テルミーホワイ
△タイガーシード

馬連で◎から○▲☆に厚く、あとガミ覚悟で△へ。○▲☆のBOXも。

◆京都11R シルクロードS
◎サドンストーム

Bコース替わり初日は、劇的にではないにせよ外差しも決まる馬場になってきた。
ならばセオリー通り淀短距離Sで差し損ねたサドンストーム中心でOKでしょう。
ルメール→池添のスイッチにもかかわらず人気が落ちないのは割に合わないが..

○エーシンホワイティ
▲スギノエンデバー
☆ドリームバレンチノ

他もバカみたいに差し馬タイプを並べてみたw
これらがゴール前全部突っ込んでくるのはちょっとイメージしづらいw

..やる気のない予想エントリの酷さが目立ってきたなあ。

◆東京11R 根岸S
◎エーシンウェズン

東京ダ1400mと中山ダ1200mは全然違うコース設計なのだが、
不思議と関連性は高い。
昔ならガーネットS、最近ではカペラS組の頑張りが目立つ。
カペラS2着から臨む、充実著しいエーシンウェズンの重賞初制覇に期待。
ただし前走もそうだったように昔からゲートが不安定で、
最内枠でやらかすようだと即アウト。
逆に言うと不安はそこだけなのだが。

○トウショウカズン
△ダノンカモン
△ガンジス
△ストローハット
△ヒラボクワイルド
△ダイショウジェット

久々のギャラクシーSを2着にまとめたトウショウカズンが強敵。
昨年の2着馬でもあり、ルメールを配した今年も勝負をかける。
あとはこの条件得意のダノンカモン、やや伸び悩み感のあるストローハットに、
穴で8枠の2頭。
ガンジスも戦績を見ているとここも十分突破できそうなのだが、
何となくこの印に落ち着いてしまった。

馬券は買わないつもりですが、
シミュレーションとして馬連◎○1000円、◎から△へと○から△へ100円ずつ。

◆東京11R 白富士S
◎ステラロッサ

普通に考えればムーンリットレイク、アンコイルドを含めた3頭の争い。
特にムーンリットレイクは全く底を見せておらず、あっさりの可能性も十分。
しかし..何となくやらかしそうな気がしていて。特に折り合い面で。
前走で逃げたのが変なクセにならなければいいんだけどね。

得意の東京で連勝を狙うステラロッサ。
前半ゆったり流れ上がり3Fで勝負する展開になったらこの馬のもの。
脚質的にどうしても前を仕留め切れない可能性は残るものの、
確実に上位争いという意味ではこの馬が最も信頼に足るだろう。

複勝がミニマム120円つくならコレで小遣い稼ぎします。

あっという間に京都も2回開催へ突入。
今週から芝がBコース。もはや風物詩ですな。
寒くなるらしいから皆さん要注意ね。

■1月26日
−京都−
◇*9R:梅花賞/レッドルーラー(川田) →前走は先行馬の流れ

−東京−
◇*6R:3歳500万下/ダノンレジェンド(横山典) →コース実績あり有力
◇10R:クロッカスS/プレイズエターナル(池添)
◇11R:白富士S/ムーンリットレイク(ビュイック)

−中京−
◇10R:はこべら賞/メイショウロフウ(武幸)
◇11R:伊勢特別/ベストサーパス(川須) →復調願うが..

★白富士Sほか:白富士Sといえばペルーサ..いや何でもありません。
休養明けの馬が多いリハビリレースだが、
その中でもひときわ輝かしい成績を残しているのがムーンリットレイク。
ここまで6戦5勝。陣営のもくろみとしては、勝って重賞戦線を狙っているとか。
確かにこの馬、条件戦では相手にならない感じで勝ってるよね。
クロッカスSは武豊を伴ってティーハーフが参戦するが、
前走でそれを負かしているプレイズエターナルもなかなか強そうで。
あと中京ではメイショウロフウ。デビュー戦が超好時計で圧勝。


■1月27日
−京都−
◇*5R:3歳新馬/アスタラビクトリア(秋山) →ヴィクトワールピサの妹
◇*7R:4歳上500万下/レッドグランザ(四位) →砂2戦目で決めたい
◇*9R:稲荷特別/アドマイヤフライト(福永) →昇級もカベなし
◇10R:松籟S/ラニカイツヨシ(和田) →菊5着馬の復帰戦
◇11R:シルクロードS(G3)/サドンストーム(池添)

−東京−
◇*7R:3歳500万下/カミノタサハラ(蛯名)
◇11R:根岸S(G3)/エーシンウェズン(蛯名)

−中京−
◇11R:三河S/オーシャンフリート(上村) →連闘。危険な人気馬の予感。

★根岸S:エーシンウェズンはゲートさえマトモならかなり自信を持って良さそう。
前走も後手を踏みながら馬群を縫う形で2着に潜り込んだ。
中山1200からの転戦組が強い傾向もあるし、そもそも前々走で勝っているコース。
ガンジスと人気を分け合うことになるだろうが、より有力なのはこちら。
★シルクロードS:59kgのダッシャーゴーゴー、58kgのドリームバレンチノと強豪も参戦。
しかし軽ハンデの一発に期待したくなるのがこのレース。
サドンストームは56kgだが差し馬場に替わるであろう今週なら安定度ナンバーワンだろう。
ただルメールが降りる割には人気しそうで妙味には欠けるだろう。
★その他:東京7R芝1800mの500万下。
早くからここを目標にしていたカミノタサハラとハッピーモーメントが激突。
いずれも東京に替わって持ち味が出そうなディープインパクト産駒で、
どちらかがクラシックへ向けて2勝目を手にするのではないだろうか。

それでは今週もいい競馬を。

■1月20日
◇中京11R 東海S
■レース結果(netkeiba)
予想エントリ:【レース予想:東海S】ダート界トップクラスの実力者◎ホッコータルマエ
【投資:2,000円 回収:0円】

■馬券
130120_CKY11_1
130120_CKY11_2
130120_CKY11_3

◎ホッコータルマエは3着。
ちょっと思い描いたレース運びになりませんでしたね..
できれば逃げ馬の直後につけ、自分のタイミングで動きたかったところが、
1角に進入する際に次々と先を越されてしまったのが誤算でした。
アイファーソングはまだしも、
ナムラタイタンやメダリアビートに出脚で遅れを取ることになるとは。
レパードS以来、久々に出ムチまで使いながらあの位置になったのは痛かったですね。

向こう正面でもなかなか展開は落ち着かず、
今度はマクリ勝負をかけてきたオースミイチバンのお付き合いをさせられる羽目に。
それを競り落とすのは難しくありませんでしたが、
元来より控えていい脚を使えるタイプではなく、
勝ったグレープブランデーに脚色で劣ったのは当然であり、
粘るナムラタイタンを捕らえきれなかったのも、
「バテて脚が鈍った」というよりも「ジワジワとしか伸びなかった」と解釈しています。

みやこS、ジャパンCダートの内容は高く評価していますが、
いずれも伏兵の立場で自分の競馬ができたからこそでもあり、
今回は他馬の目標にされる、人気馬の宿命に直面した感があります。
それらを振り切るまでの力が、現時点では備わっていませんでした。

鞍上は「4角で下がった馬と接触したのが痛かった」と振り返っていますが、
それ以上にポジショニングに苦しんだというのが最大の敗因でしょう。
きっと各所で幸さんは叩かれていることでしょうし、
決して上手な騎乗ではなかったと思いますが、
何の工夫もなしに控えたのではなく、
前に行こうとする意志を示しながら位置を取りきれなかったわけで、
個人的には納得しています。
「たられば」を言うのであれば1角で引かずハイペースで応戦すればあるいは..ですが、
それこそ重賞で単勝1番人気の馬を暴走させかねない選択肢は現実的ではありません。

この後、フェブラリーSに向かうようであれば、
今回と同じくらいのダッシュしかできないようでは苦戦は必至です。
芝スタートというのも決して得意とは言えないでしょう。
ただ、メンバー自体はそこまで強力な顔ぶれにならなさそうで、
出られれば引き続きチャンスはあると思っています。出られれば。



あとは簡単に。勝ち馬についてはダイジェストで触れているのでそれ以外。

■2着 ナムラタイタン
馬連を割った悪魔。
ズブさを増した最近はマイル〜2000mが主戦場で、
東京の実績も豊富な左回り巧者。
完全に見切っていました。

■4着 ▲ソリタリーキング
差のない競馬ができている。
いっそのことナムラタイタンを負かすくらい切れてくれれば、
押さえの馬連が取れたのに。たらればたられば。

■5着 ☆グランドシチー
後方待機策から大外勝負。
ゴール前の勢いでは2着はあると思わせたが、
鞍上が追うのをやめる場面もあって掲示板まで。
ぶつけられたのかと思ったが、
パトロールを見るとこちらが内斜行しており、
それを立て直す際に追えなくなったようだ。
いっそのことナムラタイタンを負か(以下同文

■7着 △ハートビートソング
ゴール前での接触もあって伸び切れず。
重賞でもそこそこやれそうだが、
鞍上によると1800mはちょっと忙しいとのこと。
ダートだとちょっと番組が限定されそうですが..
いずれにせよ爆弾を抱えているので大事に使われますように。



各地で物議を醸したアメリカJCCの件。
ダノンバラードが最後の直線で内側に斜行しトランスワープ、ゲシュタルトの進路を阻んだが、
降着にならなかっただけでなく、
入線直後には審議のランプすら灯らなかったことが話題となった。

JRAおひさるからの報告は以下の通り。

第1位に入線した3番ダノンバラード号(F.ベリー騎手)は、最後の直線コースで急に内側に斜行し、5番トランスワープ号(大野 拓弥騎手)及び6番ゲシュタルト号(勝浦 正樹騎手)の進路が狭くなりました。
このことについて、5番トランスワープ号(2位入線)の調教師及び騎手から、最後の直線コースにおける3番ダノンバラード号(1位入線)の進路の取り方について、降着の裁決を求める申立てがありましたが、その影響がなければ5番トランスワープ号は3番ダノンバラード号より先に入線したとは認めなかったため、棄却しました。
ただし、F.ベリー騎手は、1月26日(土)から2月10日(日)まで騎乗停止となりました。
■開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等-JRA

たぶん、ポイントは大きく分けて4つに絞られると思うのです。

1. ダノンバラードが降着にならなかったこと
2. トランスワープが先着できなかったと判断した基準
3. 審議のランプすら灯らなかったこと
4. F.ベリーへの開催6日間の騎乗停止処分

まず1.については残念ながら何も言うべきこともなく。
今年度から採用された新ルールに則った結果です。
ただし、その判断基準については言及しておかねばならない。
つまり2.の「トランスワープが先着できなかったと判断した基準」ですね。

その前におさらいしておきたいのが、「どんな場合に降着となるのか」ということです。
こちらもJRAおひさるからの引用になります。

降着 ・・・ 入線した馬について、「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着
■2013年1月から降着・失格のルールが変わりました-JRA

上記から読み解くと、降着にならなかったのは、
「どうせダノンバラードが勝っていたよ」という主催者側の判断が下されたからということになります。
だから、審議のランプも灯さなかった(※)。
※新ルールでは5位までに入線した馬の着順に変更の可能性がある場合に点灯するため

何が根拠だったのでしょうか。
ゴール前、ダノンバラードの脚色は確かにしっかりしていました。
それと同時に、トランスワープの脚も、
一度ブレーキを踏んだ馬のものとは思えませんでした。

恐らく、その基準は入線時の着差です。
不利を受けた後、トランスワープは勢い良く差を詰め1馬身1/4差で入線しました。
あのアクシデントがありながら、よくぞ闘志を駆り立てて頑張りました。
しかし着順を動かすには、もう少し足りなかったようです。
実際、JRAの説明で使われている「降着になる場合」のイラストを見てみると、
それに該当するのは少なくとも半馬身〜クビ差くらいまで迫ったケースのよう。
不利を受けたタイミングであったり、ゴール前での脚勢が問題というわけではない。

以下は、採決について取材をされた方のツイートです。

被害馬側とすれば「絶対に逆転していた」と思わしめる追撃が必要だということですね。



新ルールの導入が決まった際、このブログでも概要を紹介しました。
■降着・失格のルール変更について(2012年11月1日)

個人的にはこの「新ルール」自体にはポジティブな感情を持っています。
このルールの肝は「第二のブエナビスタを出さない」であると捉えており、
せっかく強い内容で勝った馬が、
騎手の過失によりその名誉を奪われるのを避けるべきであり、
一方で騎手のラフプレイや技術の欠如には然るべき罰を与えるという理念には賛成の立場です。

恐らく今後もこういう事象は発生するでしょうし、
もしかしたら馬券を買っている馬が被害を受けながらも、
上記の判断基準により降着を勝ち取れないケースにも直面するかもしれません。
仮にそうなったとしても結果を受け入れる覚悟ではいます。
審議のランプが灯らないことについても納得することでしょう。

ただし、施行された新ルールのうち、一つだけ精査をお願いしたいのは下記の点。


今回のベリー騎手に対する「6日間」というペナルティについては、
本当に適正であるのかどうか検討の余地があると思う。
それこそ「やり得」と感じさせないレベルである必要が。
極端な話、馬主や調教師が「あらゆる手を尽くして勝て」と命じられても、
騎手サイドが「いや無理っす。そんなんしたら僕●●じゃないですか」と突っぱねられるものを。



そんな感じでウダウダ書きましたけれども、簡単にまとめれば、
ルール自体は賛成だし、もし自分が損害を受けても納得する。
ただし騎手への処分は要検討ではないでしょうか。

以上です。2行でオワタやん。
まあ、せっかくこうして自己メディアを構えているわけですし、
競馬を楽しむ上で重い要素として関わり続ける話でもある以上、
内容はともあれ自分の考えを残しておくのは大事だと思いました。

少なくとも「知らんがな。どうせなるようにしかならん」で終わらせるよりはよっぽど、ね。

期待馬ノーブルコロネットの大敗、ホッコータルマエの不覚..
色々とガックリな週末でした。
ふと回収率を見ると75.4%。これいつものやつや。


|RACE REPORT
■1月21日
◇中山11R:京成杯(G3)/伏兵フェイムゲームの末脚ズドン 鞍上は渦中のF.ベリー
大雪による中山競馬の延期により、1週スライドとなった京成杯。
朝日杯FS4着のフラムドグロワールが人気を集めたが、
勝ったのは道中後方に構えたフェイムゲーム
鞍上はAJCCでの騎乗が物議を醸した(※後述)ベリーだった。
2着のアクションスターも追い込み策がハマったもので、
人気馬が揃って先行した隊列が後ろの馬に味方したのかもしれない。
それぞれ上がりの脚も優秀で、
特に二度の長距離輸送を克服した関西馬アクションスターは高く評価していいのでは。
血統的に足元が怖いのでレース選びは慎重に..


◇中山8R:4歳上1000万下/実績上位ママキジャの貫禄勝ち マシュマロは流れ乗れず5着
好発から先行集団につけた◯ママキジャ
最後は内を突いたオーシュペールとの叩き合いになったが、
どうにか追撃を振り切った。
さすがに準OPでも3着しただけの実績馬。貫禄勝ちと言えるだろう。
一方◎マシュマロは鞍上が積極的に出していこうとしたのだが動けず後方から。
向こう正面から徐々に押し上げては行ったのだが、4角手前で反応が悪くなり後退。
最後はまた盛り返したが5着までが精一杯だった。
ちょっとチグハグなレースでもったいなかった。
馬券は押さえで買っていた◯の単勝のみ的中(1,960/2,000)。
押さえておいてよかった。
ママキジャが3番人気はナメられたもんだなと思いつつ、
2番人気のマシュマロから買ってた僕も同類だな。
まあ、ハッピーマリーンが1番人気だったのはびっくりしたけど。


■1月20日
◇中京11R:東海S(G2)/グレープブランデー成長を示す1年半ぶりの重賞制覇
故障に苦しんだ世代チャンプの復活。
11年のJDD勝ち馬グレープブランデーが1年半ぶりに重賞を制した。
長いブランクと、そこからの立て直しに時間を要したが、
夏の小倉で勝ち鞍を挙げたあたりから徐々に上昇カーブを描き、
前走はジャパンCダートでも5着と善戦するまで状態を戻してきた。
だが、今回の勝利はこれまで以上のインパクトを残すもので、
ただの復活ではなく「成長」を感じさせた。
願わくば◎ホッコータルマエと華麗にワンツーしてくれればよかったのだが..


◇中山11R:アメリカJCC(G2)/ダノンバラード快勝も騎手のボーンヘッドで後味悪い結果に
せっかくの快勝が、騎手のボーンヘッドで後味の悪いものになってしまった。
直線で早めに抜け出したダノンバラードが、
内ラチ目がけてササってしまい、
そこを突いて伸びようとしたトランスワープとゲシュタルトの進路を妨害。
2頭のジョッキーは立ち上がる勢いで手綱を引くアクシデントが発生した。
しかし、これまでなら審議の青ランプとおなじみの場内放送が流れたはずが、
今年度から導入された新ルールにより審議はナシ。
やや時間を置いてからトランスワープ陣営の異議申し立てによって青ランプが点灯したが、
結局到達順位の通り確定した。
この件については何らかの見解を示しておかねばと思いつつ、
とりあえず現時点ではベリーのガッツポーズくっそダサいなとだけ。
あと、本来なら炎上するはずだったのはルルーシュを華麗に飛ばしたマクドノーのはずが、
矛先が代わって軽くホッとしてんじゃないのとか。


■1月19日
◇京都11R:京都牝馬S(G3)/ハナズゴール伸び脚一直線 圧倒的人気に応える
単勝1.7倍の断然人気を背負うに相応しい、ハナズゴールの素晴らしい末脚だった。
これで改めて路線もマイルに定まったことだろうし、
春の女王候補に名乗りを上げたと言えるのではないだろうか。


◇京都9R:若駒S/リヤンドファミユ2勝目もレース後骨折が判明...
単勝1番人気はアドマイヤオウジャに譲ったリヤンドファミユが、
直線で内からスルスルと抜け出し2勝目。
ここから成長曲線を描く血統でもあり、先が楽しみと思われた矢先に、
右後ろ脚の骨折が判明し戦線離脱。
先日のリジェネレーションに続き、良血馬にとって受難が続く。


◇中山9R:菜の花賞/ノーブルコロネットまさかの大敗 桜花賞参戦は絶望的に
ちょっと目を疑いたくなるような大敗ぶりだった。
これまでの2戦に比べてやや出が甘く中団からの競馬となったノーブルコロネット
4角手前から徐々に差を詰めていったが、
直線では鞍上のゴーサインに全く反応せず見せ場なく終わってしまった。
コースや馬場の問題か、それとも輸送で本来のデキになかったか..
これまでの2戦の内容からは「力負け」という発想にはどうしても結びつかない。
この後は放牧に出され一度立て直されるようだが、
桜花賞への参戦は極めて困難な状況へと追い込まれてしまった。
いい雰囲気を感じさせる素材だっただけに悔やまれる。


|TOPICS
◇AJCCで進路妨害のF.ベリーが6日間の騎乗停止に
「馬はセーフ、騎手はアウト」の概念に基づき、
降着はなかったものの鞍上には6日間のペナルティが課されることになった。

◇「変更騎手がいない」理由で出走取消
20日京都と中山の障害戦で。
19日の淀ジャンプSで負傷した騎手とコンビを組む予定だったのが、
代わりの騎手が見つからなかったために起こった珍事。
土曜にOPが組まれていて、
日曜にも東西で障害戦があったから生じたアクシデントだと思うが、
人手が足りていないのもひとつの原因なんでしょうね..

◇川田将雅がJRA通算600勝を達成
日曜京都最終レースで達成。おめおめ。
昨年の成績(91勝)を「不甲斐ない」と言える向上心がうらやましい。
頼りにしてますよ今年も。昨年はあまり馬券を獲った覚えないけど。
ちなみにメイショウコンカーは500勝達成時にもコンビを組んでいたという縁。


|MEMO
>1月21日
・三浦番長のリーゼントブルースが1000万下でも2着。いい馬だ。

>1月20日
・少頭数狙いのタンスチョキン圧勝。これで小銭稼ぎはもうできないw
・マズルファイヤー初勝利。アサクサキングスの再来となれるか。
・京都7Rはデアリングプライド−ケリーダノビアで同族のワンツー。
・睦月賞、エックスマークの藤田がえらく頼りなげで悲しかった。
・石清水Sのマックスドリーム、ヘタなスノボみたいな勝ち方。乗替ればOPでも。
・シゲルソウサイが本格的に厳しいことになってきた。千四なのに先制できない。
・ダービーフィズ2勝目。厳しいペースでも末鈍らなかったのは収穫。
・中京8Rは鋭い決め手でコアレスドラードがアドマイヤバラードを差し切る。

>1月19日
・スマートレパード2戦目で勝利。メイショウロフウの2着馬。
・レッドジゼル初勝利。まだ上積みありそうで今後も楽しみ。
・牛若丸ジャンプSはテイエムハリアーが圧倒的人気に応え完勝。
・オーシャンフリート、ちぐはぐな競馬も力でどうにかねじ伏せる。
・中山6R新馬のオメガユニコーン、勝ちっぷりよし。
・キングブレイクは圧倒的人気裏切る大敗。現状は逃げがベストか。
・なずな賞のアグネスキズナは3着まで。カシノピカチュウに負ける。
・伊吹山特別ミヤジエムジェイの外モタレが酷かったです。

おはようございます。
東海Sの馬連をナムラタイタンに割られてしまい、
全く参戦するつもりのなかった月曜中山で一糸報おうとする負のスパイラルがここに。

◆中山8R 4歳上1000万下
◎マシュマロ

吉田厩舎は先週このレースでダートムーアを使う予定だったが、
再度の長距離輸送を避けて回避。
代わりにマシュマロを送り込むことになった。

ご存知シラユキヒメの仔で、
兄にはホワイトベッセル、そして姉にユキチャンがいる血統。
この馬は1400mで2勝を挙げているが、
上の特徴を考えればむしろ適性は長めの距離にあるはず。
前走も牡馬相手の1800mで、
勝ち馬には離されたもののゴール前は目の引く脚を使って5着。
序盤の位置取り次第ではあるいはと思わせる内容だった。
今回は牝馬限定戦で頭数も12頭と手ごろ。
ある程度は思い通りの位置を取りに行けるはず。
ノリさん寒いし3連勤面倒だろうけどやる気出してね頑張ってね。

○ママキジャ
▲ナムラエメラルド
☆オーシュペール
△セニョリータ
△フィアレス
△サクラトップクイン

相手は順当ならママキジャ。準OPでも3着のある馬。
ただし1番人気で走るのはどうやら初めてのことになりそうで、
目標にされる立場になるとちょっと勝手が違ってくるかも。
その場合は◎と同様、ジワリと脚を伸ばせるナムラエメラルドの台頭に期待。
あとはパラパラと。

たぶん◎の単勝と馬連○中心に流して各印へ。あと○の単勝を押さえる。

◆中山11R 京成杯
◎フラムドグロワール

1週スライドの影響でラウンドワールド、リグヴェーダが回避。
結果的にフラムドグロワールにとっては強力なライバルがいなくなり、
ますます勝機が拡大したと言えるだろう。
ただ、2000mの距離や荒れた馬場をどこまでこなすかは不透明であり、
馬券を買えるかと言われれば推しづらいのは確か。

○ノウレッジ
▲マイネルストラーノ
☆マイネルマエストロ

先週の予想でもノウレッジには重い印を打ったが、引き続き気になる存在。
血統的にはダート寄りなんだけど..
あとは粘り込みを図るマイネルの二騎。
マイネルマエストロは輸送連発でどこまでコンディションを保てるか心配だが..

ノーブルコロネットの大敗は正直ショックでかいので、
このあたりでそろそろ当たってくれないと挫けそうです。

◆中京11R 東海S
◎ホッコータルマエ

飛躍を目指してホッコータルマエ始動。
みやこS3着、JCダート3着とトップクラスを相手に善戦しており、
今回のメンバーなら主役を務められる能力の持ち主だ。
一番の強調材料は競馬が上手な点で、
いつも難なく好位置を取れるセンスがある。
これが安定して成績を残せる理由だろう。
前走のフェアウェルSはグランドシチーに完敗だったが、
あれは展開のアヤというか、早めに抜け出し過ぎたというか。
着差がそのまま力量差を現すものではなかったことは明白だろう。

左回りの1800mはレパードSを勝った当時と同じ条件。
詰めは甘いが、後続を振り切っての勝利に期待。

○グレープブランデー
▲ソリタリーキング
☆グランドシチー

グレープブランデーは長期休養後、何度か使われてようやく軌道に乗った感じ。
前走のJCダートではローマンレジェンドと半馬身差。
ルメール続投で連対圏突入を狙う。
ソリタリーキングは条件こそ違えど昨年の覇者。
最内の浜ちゃは一発を狙ってきそう。
◎をあっさり差し切ったグランドシチーも引き続き要警戒。

△ハートビートソング
△サイレントメロディ
△バックトゥジエース
△ミラクルレジェンド
△アイファーソング

馬連で◎から○▲☆を厚めに。△はガミ覚悟で押さえておく。
幸四郎のバックトゥジエースとか紛れ込んだらおいしいんだけど。

◆中山11R アメリカJCC
◎サトノアポロ

新興勢力サトノアポロが一気に重賞取りのチャンス。
ここ5戦で3勝し、500万下からOPまで出世してきた上り馬。
ナカヤマナイトの回避で絶対的中心が不在となったこのメンバーなら。

○ダノンバラード
▲アドマイヤラクティ
☆ルルーシュ

中山は初めてだが合いそうなダノンバラード、
こちらも上昇馬アドマイヤラクティ、それから格上ルルーシュ。
とはいえルルーシュは東京の方が向きそうでテン乗りもやや不安。
キレのない予想しかできなかったのでパスします。

◆中山9R 菜の花賞
◎ノーブルコロネット

桜花賞戦線へ名乗りを上げる2勝目を狙って、
あえて東上を選択したノーブルコロネット。
初めての長距離輸送が課題となるが、先の目標の大きさを考えると負けていられない。

前走の万両賞は伸び切れず3着に終わったが、
牡馬相手の特別戦でもソツなく好位を取って、十分互角に戦えていた。
あの機動力は中山マイルで効いてくると思うし、
コースを知り尽くした鞍上がうまく導いてくれることだろう。
どうか馬体ががっつりと減りませんように。

△エターナルムーン
△ジーブラック
△ナンシーシャイン
△ジーニマジック
△オーキッドレイ

◎の単勝と△へ馬連をパラパラと買う予定。

◆京都11R 京都牝馬S
◎ハナズゴール

難解な一戦だがハナズゴールを信用することにした。
京都外回りの重賞らしく上がりの速い馬がそのまま上位に来ることが多く、
前走リゲルSでマウントシャスタ以下牡馬をバッサリ差し切った末脚を活かせる条件と判断。
これまで成績にムラがあるのは単に使われている条件がバラバラなだけで、
マイル戦に照準を絞った今回は力通りに決まる。

○アカンサス
▲アスカトップレディ
☆サクラクローバー

年始の京都の重賞で3連勝中の白帽アカンサス。
鞍上がアレという意見もあるだろうが、
牡馬相手にOP特別を勝てる力のある馬が伏兵扱いなのはおいしいこと。
ラチ沿いピッタリ回ってくれば2週連続あるで。
アスカトップレディはこの条件が得意。
昨年は京都金杯→京都牝馬Sでそれぞれ3着と好走した。

あと新興勢力のサクラクローバー。
遅咲きながらコンスタントに切れる脚を使っており、展開次第では一撃あってもいい。

エーシンメンフィスとかクィーンズバーンとか、
見え見えの先行馬をあえて外してみたんだけど残られそうな気もするなあ..
まあ、どちらにせよ馬券は買わない予定なので知らんw

■1月19日
−京都−
◇*5R:3歳未勝利/プランタンビジュー(幸) →これは鞍上強化ですね..
◇11R:京都牝馬S(G3)/ハナズゴール(浜中)
◇12R:4歳上1000万下/オーシャンフリート(藤田) →準OPでも好走の実力

−中山−
◇*9R:菜の花賞/ノーブルコロネット(横山典)
◇11R:アレキサンドライトS/キングブレイク(内田) →乗替りで軌道乗った

−中京−
◇*9R:なずな賞/アグネスキズナ(中舘) →新馬圧勝コースで

★京都牝馬S:1番人気になりそうなのはハナズゴール。
安定して走れるキャラではないが、その原因はハチャメチャなローテのせい。
リゲルSと同様、マイルで牝馬限定戦なら普通に力量上位だろう。
マウントシャスタにぶつけられながらも軽く差し切ってしまった前走は衝撃ものだった。
★その他:この日のメインはノーブルコロネットの菜の花賞。
ぜひとも2勝目が欲しい状況で、まず心配だった抽選は無事に突破。
新しく鞍上に迎えられたのはノリさん。このコンビで桜花賞まで行けますように。
本当、この先まで夢をつなげるには負けられない。


■1月20日
−京都−
◇*3R:3歳500万下/タンスチョキン(国分恭) →少頭数狙いw
◇11R:羅生門S/シゲルソウサイ(古川) →連闘か..前進期待

−中山−
◇11R:AJCC(G2)/ダノンバラード(ベリー)

−中京−
◇*8R:4歳上500万下/アドマイヤバラード(岩田) →初勝利も中京
◇11R:東海S(G2)/ホッコータルマエ(幸)
◇12R:伊良湖特別/コリンブレッセ(松山) →叩き2走目前進を

★AJCC:1番人気が予想されたナカヤマナイトが回避。
代わって主役を務めるのはルルーシュになるのだろうが、
中山だと今ひとつ信用を置きづらい。鞍上も未知数だし。
ディープインパクト産駒ながらパワータイプのダノンバラードの浮上に期待。
たぶん馬券はパスするけど。
★東海S:ホッコータルマエさん予定通りエントリー。よろしく頼みます。
それにしてもこの日の中京はジョッキーの顔ぶれが豪華ですね。
ノリさんにルメール、浜ちゃに和田さん、岩田そしてユタカさんと。
現地、盛り上がるといいですねえ。


■1月21日
−中山−
◇11R:京成杯(G3)/フラムドグロワール(横山典)

★京成杯:仕切り直しの一戦。長距離輸送の影響で回避馬も出た。
特に実績馬ラウンドワールドの不在により、
フラムドグロワールにとってはますます勝機が拡大したと言えるだろう。
ちなみに岩田はラウンドワールド回避でも東上。
幸さんもドサクサ紛れに乗りに行くかと思ったらさすがにお休みだった。..ゴルフかなw

2週連続の3日間開催もどきですけど、皆さま今週もいい競馬を。

■東海S 出走予定馬
アイファーソング/56川須
オースミイチバン/56川島
グランドシチー/56津村
グレープブランデー/57ルメール
サイレントメロディ/56横山典
ソリタリーキング/57浜中
タカオノボル/56松田
ナムラタイタン/56柴山
バックトゥジエース/56武幸
バトルドンジョン/56太宰
ハートビートソング/56藤岡佑
フリートストリート/56和田
ホッコータルマエ/55幸
ミラクルレジェンド/54岩田
メダリアビート/56○○
ヤマニンキングリー/56武豊

装いも新たに、フェブラリーSの前哨戦へと生まれ変わった東海S。
当初はニホンピロアワーズがここを使おうかなどという情報もあったのだが、
冬場は無理をさせたくないとの理由で休養に入った。
にしてもフェブラリーSもパスするとは。

それでもダート重賞フリークとしては楽しみな一戦であることに違いはない。
特にホッコータルマエさんの出走により、当方大変盛り上がっております。
レパードSを勝った当時は、
「これでやっとハイレベル世代の一角に食い込んでいけたかな」などと考えていたのが、
みやこS、JCダートと強豪相手に3着と踏ん張り、
気づかぬうちに4歳世代の代表格にまで成長した。
前走のフェアウェルSも、結果的にグランドシチーには完敗だったとはいえ、
自分から勝ちに行く競馬で2着を確保。
3着には3馬身差をつけていた。
JRA枠として選出された川崎記念を見送っての参戦でもあり、
ここは結果を残しておきたい。
ベテラン揃いのダート界においては賞金もまだまだ足りない部類に入るしね。

新装中京のダート1800mってまだイメージつかめないけど、
そもそもコーナー4つのダート戦で差し有利とか聞いたことがないので、
持ち前の先行力も頼りになることだろう。

成績に安定感があるだけに連複系は特によく売れることだろうが、
それでも中心に据えた馬券を持っておきたい。

■1月14日
◇京都10R 紅梅S
■レース結果(netkeiba)

「ついに現れたか」と、率直に感じた。
絶対的中心不在のままだった桜花賞戦線だったが、
間違いなく本番でも好勝負に持ち込めると確信させた。
レッドオーヴァル。強い。

人気を分け合ったオツウと同様、出脚は悪く後方に控える形となったが、
ほとんど馬なりのまま進出態勢を取ると、直線では弾かれたような豪脚。
あっという間に先頭に並びかけ、そのまま3馬身差の圧勝。
2着のメイショウマンボ、3着のオツウも後ろから差してきての入線だったが、
それでも上がりの脚は最速、
2番目に速かったオツウよりも0.4秒も速いものだった。

この反応の良さ、トップスピードに乗るまでの俊敏性。
いかにもディープインパクト産駒らしい特性であり、
それだけに脚を使うタイミングが重要なタイプ。
2戦続けて外国人騎手が手綱を取っているのもうなづける。
今回が、陣営の想定通りとはいえマイナス8キロと馬体を減らしていたので、
ひと息入れられてトライアルまでの間にふっくらしてくればカンペキでは。
マイル未経験のままというのも気になるので、
ステップレースはチューリップ賞になるんじゃないですかね。想像ですが。

現在の3歳牝馬は2歳女王ローブティサージュが頂点に君臨するも、
全体的にまだまだ横一線という印象が強かったが、
この勝利でレッドオーヴァルが一気に「最有力」に躍り出たとさえ思えるほど。
ノーブルコロネットも頑張ってください。



紅梅Sといえば、ちょうど10年前に勝ったのがあのスティルインラブだった。
新馬勝ち直後でね、
シーイズトウショウに次ぐ2番人気だったんだけどね、
外からビューンとね。
新馬戦を見て「これ、桜花賞あるで」と思ったのを確信に変える勝利でしたわ。

..何度も同じ話をする。おっさんになった証。

3日間開催おつかれさまでした。
特に月曜は中山が雪のため午後から中止になるなど、
バタバタと忙しかったですねー。

さて。すっかり昔の話になった気もするのですが年度代表馬の件(※参考)。
我がゴールドシップは残念ながら年度代表馬には選出されなかったものの、
満票で最優秀3歳牡馬に選ばれました。どうもありがとう。
クラシック二冠に加え有馬記念を勝ったとはいえ、
ジェンティルドンナが牝馬三冠+ジャパンCという偉業を達成したわけですから、
これに関しては素直に相手を誉めるしかありません。
3歳牝馬が年度代表馬になるのは史上初。
「牝馬三冠だけ」では選ばれずに涙をのんだスティルインラブやアパパネの分もと思うと、
その姿が非常に誇らしく映ります。
すでに今年はドバイや仏国遠征が予定されていると聞きますが、
ウオッカやブエナビスタでもできなかった「海外での勝利」を目指して、
ぜひともいい結果を出してもらえればと願っております。

ダイジェスト。今週の馬券はアカンやつでした。

|RACE REPORT
■1月14日
◇京都10R:紅梅S/大外からレッドオーヴァル 一気に桜花賞有力候補へ
オツウとの「2強対決」を制したレッドオーヴァル
これで一気に桜花賞の有力候補へと名乗りを上げた。
2頭ともややゲートが遅く序盤は後方待機。
ルメールに導かれ徐々に前との差を詰めにかかると、
直線入り口で仕掛けられてからの反応が群を抜いていた。
すぐ後ろにつけていたオツウをあっという間に引き離すと同時に、
楽に前を捕まえる完勝。最後は2着馬に3馬身差。
まだまだ混戦模様の桜戦線だけに、この1勝が大きな一歩となったのは間違いない。


◇京都11R:淀短距離S/幸英明とかいうミスター淀短距離S
ここ10年で4勝目という相性の良さ。
その前にもダンツキャストで勝っているらしく、通算5勝。
今年はアイラブリリでお手本通りの番手抜け出し。
これで開幕から2週でシレッと4勝しており、
引き続き安定して勝っていけそうな予感がしています。
通算1,000勝も近づいてきましたしね。


■1月13日
◇京都11R:日経新春杯(G2)/今週も白帽 カポーティスターがイン強襲で重賞ゲット
前半は平均的に流れ、中盤やや緩んで最後は瞬発力勝負。
この展開ではやはりインコースを制したものの勝利だった。
格上挑戦のカポーティスターが、
2番枠から道中ずっと内の進路を守り通し、直線は鋭く抜け出した。
うーむ、ノーマークであった。
これで年始から京都の重賞は3戦とも白帽が勝利。非常にわかりやすい。
2着は1番人気のムスカテール
プラス12キロは急仕上げの証かとも思ったが、ソツなく走った。これも内から。
がっかりしたのは◎メイショウウズシオ
出脚が鈍く、次々に前に入られて1角は後ろから数えた方が早い位置で突入。この次点でオワタ。
鞍上は引っ掛かるのを恐れて先手を主張しきれなかったのだろうが、
それであのポジションになっているようでは話にならない。
「飯田に期待するほうが間違っている」と言われればそれまでだけど、
これまで普通に乗れていたのが急にできなくなるようでは困る。


◇京都12R:4歳上1000万下/先手必勝ラディアーレ逃切り メイショウツガルは3着が精一杯
メイショウウズシオの不甲斐なさについカッとなってやってしまった最終レース。
内枠にええのおるわと◎メイショウツガルから買ったところ、
ラディアーレにポンとハナを奪われるとそのまま逃げ切られてしまった。2着3着ェ..
前半3F35秒じゃ後ろどうしようもないっす。


■1月12日
◇中山11R:フェアリーS(G3)/単勝10番人気クラウンロゼ激走! 2戦2勝で桜戦線に浮上
毎年のように単勝2桁人気の伏兵が活躍するレースだが、
今年はクラウンロゼが大駆けを見せた。単勝8,330円。
ウインプリメーラが手綱を引くロスがあったり、スズノネイロが出遅れたりと、
上位人気馬がスムーズにレースを運べなかったスキを突いた感はあるが、
一度はサンブルエミューズに先頭を譲りながらも差し返したのは、
鞍上の好騎乗によってうまく最後まで脚を残せていたからだろう。三浦がんばった。
イリュミナンスはやや追走に手間取り後手に回るレース運びになってしまった。
最後はしっかり脚を伸ばしているが..この経験を次に活かしたい。


◇京都9R:白梅賞/コパノリチャード圧勝 マイル路線に楽しみなダイワメジャー産駒登場
コパノリチャード?誰それ??とか思って正直すまんかった。強い。
本当ダイワメジャーからはどんどんいいスピードを持った馬が出てくる。
これはカレンブラックヒル路線か。
新馬戦を派手に勝ってたディープサウスは4着。なかなか前が止まらないとしんどいすね。


◇京都11R:大和S/超スローペース切り裂きマルカフリート突き抜ける
前半3Fが36.1秒と超スローペース。同日の未勝利戦(ダ千四)でも35.4秒で入ってる。
「どうぞユタカさん勝って下さい」という接待レースだったのだろうか。
それでもウォータールルドは粘り切れず。まあOP初参戦ならこんなものだろう。
にしてもマルカフリートの決め脚はなかなか。
上がり3Fは35秒フラット。58kgで4番人気にまで評価を落としていたが..これは参った。
川田くんのアドマイヤロイヤルは5着。この展開じゃね。


|TOPICS
◇武豊がJRA通算3,500勝を達成 もちろん前人未到の大記録
日曜京都5Rをカレンケカリーナで勝ち、記録達成。
おめでとうございます。
もちろん「あの頃」の輝かしい成績はもう見られないが、
それでもこうして積み重ねられていく記録は誰にも触れられないもの。
次は4,000勝を目指すとのコメントも聞かれたが、
一つひとつ勝利を積み重ねていってほしい。
それが大きい舞台であればなお望ましい。


◇C.ルメールがJRA通算200勝を達成
おめでとうルメール。
外国人ではペリエ、ミルコに続く史上3人目の記録ですって。
彼が来日した記憶があるのは..04年くらいから。
当時は2ゲッターぶりが妙に印象に残っている。コスモバルクのJCとか。
一躍名を馳せたのはやはりハーツクライの有馬記念だが、
その後も秋のG1シリーズを中心に頼もしい手綱捌きを見せてくれている。
武豊を蹴落としてウオッカを勝たせたジャパンCなんか神業だった。
今年も早速ダノンシャークでお世話になったりと、個人的にも信頼を寄せているジョッキー。
お父上が来日されている期間に記録達成できて、本当よかったすね。


◇14日月曜の中山競馬は雪のため5R以降が中止に
朝のうちは雨だったようだが、次第に雪になると一気にその勢いも加速。
4Rが始まる頃にはもう真っ白で、続行が難しいのは誰の目にも明らかでした。
どうやら京成杯を含む5R以降は21日(月)に振り替えられ、
出馬投票をやり直して施行されるとのこと。
メンバーも少々は変化があるかもしれませんね。


◇伊藤工真・福永祐一が騎乗停止に 新ルールによりそれぞれ降着はなし
今年度より採用された新ルールにより、2名のジョッキーがペナルティを受けた。
伊藤の方は6日間。パトロール見たけど、右ムチ連打ひどい。
一方、福永の方は前にいた馬がヨレた影響を受けた気もするんだけど、
派手に外斜行してしまった責を問われてのものだろう。
伊藤はともかく(おい)、福永の戦線離脱は色々と影響が出てきそうで。


◇D.マクドノーが来日初勝利 日曜中山8Rで
サトノロックで単勝3,890円の波乱を演出。おめでとうございました。
しかし話題となったのはむしろ、
3年目でまだ勝利のない高嶋活士くんを容赦なく差し切ってしまった件だというw


|MEMO
>1月14日
・アメージングタクト3着。ちょっと狭くなった分だけ届かず..
・注目馬集まった京都5Rはナリタパイレーツが逃げ切って単勝万馬券。
・コピーライターの2戦目は先行するも失速。今後も苦戦覚悟。
・逢坂山特別のヒラボクビクトリー福永さんが超うまかった。

>1月13日
・ダ短距離の安定血統テイクファイア人気薄ながら新馬勝ち。
・シェイクザバーレイ砂替わりも..出脚が鈍くレースにならない。
・同じレースで2着のコウセンはマックスフリートの牝系砂で出世か。
・トーセンソレイユ意外といけるけどウインドインハーヘアはもういいや。
・黒竹賞、クリソライトまた2着。ソロルは砂で連勝。これもダート血統。
・ジョヴァンニ強いなあ。ダートの連勝馬はロマンあるわ。
・迎春S、期待していたフェデラルホールとマイネルマークがいずれも不発。
・ニューイヤーSはミトラ。コスモセンサー3連覇ならず。サンライズプリンス3着。

>1月12日
・幸さんの今季初勝利は京都3R、セトノミッシーでした。
・京都最終の外差し大混戦ぶりにワロタwww そして3単は100万馬券。

◆中山11R 京成杯
◎フラムドグロワール

いちょうSを勝ち、朝日杯でも4着と善戦。
完成度が高く、かつレース内容もスキのないもので、
いかにも優等生といった印象を受ける。
普通に走れれば自ずと結果はついてくるはずで、
血統的には道悪もこなしそう。

○マイネルストラーノ
▲ノウレッジ
☆ラウンドワールド

ディープインパクト産駒なのに、
マイネルの名を貰うと途端に先行ゴリ押し系に変わるマイネルストラーノ。
控える競馬で結果が出なかったところ、
ホープフルSで番手に付けたらそのまま2着に粘り込み。
今回もその再現を。

ノウレッジは大外枠だった朝日杯で6着。◎とは0.1秒差だった。
血統的には距離延長は何とも判断できないが、
今回も人気はないので警戒しておかなければ。
あとはラウンドワールド。前走がサッパリだったが実績は上位。

ちょ、ちょっと馬券どうするかはゆっくり考えさせてもらおうか..

→中山競馬、雪のため中止になりましたね。京成杯は21日に出馬投票をやり直して実施されるとのこと。

メイショウウズシオの負け方があまりにもくだらなかったので緊急参戦。

◆京都12R 4歳上1000万下
◎メイショウツガル

2走前に2着しているメイショウツガル。平坦がいい。内枠。

○グレナディーン
▲ケンブリッジヒーロ
☆サクラベル

三浦→ルメールのグレナディーンと、平場なら押さえておきたいケンブリッジヒーロ、
穴なら休み明け2戦目でイン強襲が狙えるサクラベル。

◆京都11R 日経新春杯
◎メイショウウズシオ

メイショウウズシオの大駆けを狙う。
まだ重賞のタイトルこそないものの、
昨年は1000万下からスタートし、OP特別で2着に善戦するまで成長。
前走のステイヤーズSでは弱メンとはいえ単勝1番人気に支持された。
残念ながら折り合いを欠いてしまい8着に終わったが、
得意の京都コース、実績ある2400mを勝つにはちょうどいい煙幕だと解釈。

土曜の競馬を見る限り、相変わらず京都の芝は内を通らないと勝負にならない。
やはり買いたいのは、自らコースを取りに行ける先行馬。
展開的にもホッコーガンバを見ながら2、3番手を追走しつつ、
仕掛けを待つ前に自ら動いて後続を引き離したいところだ。

展望エントリで珍しく紹介したデータと照合しても、
ハンデ55kg、近2走以内に好走歴ありと項目を満たしている。
それに「5走以内に重賞で1番人気を背負って負けている」という謎の条件も突破。
波乱の使者として仕事をしてくれそうだ。

○ナムラオウドウ
▲トウカイパラダイス
☆カフナ
△カルドブレッサ →追加

ナムラオウドウはまだ条件馬だが、◎と同じくジワジワと力をつけてきている。
2走前、東京で大外一気を決めたレースが強烈だった。
血統的にはナムラマース(09年2着)の全弟で、
チーフベアハート産駒ならこの舞台で無視するわけにはいかない。

トウカイパラダイスも時計のかかる条件ならしぶとい。
そこそこの位置から長く脚を使える印象があり、粘り込みに期待。
カフナは格上挑戦だがもともと重賞で上位を争ってきた。
あと追加でカルドブレッサ。長距離を使われるようになって台頭。

さすがに冬場だけあって、
上がりが33秒台に突入するような馬場ではなく、
ディープインパクト産駒の持ち味を活かせる条件ではなさそう。
特にダコールは自身の上がりが速い時に好走しており、
引き締まったペースでなし崩しに脚を使わされると弾けないというわかりやすい馬。
たぶん今回は違うだろう。
1番人気になりそうなムスカテールは、前倒しで使われることになった臨戦過程を危惧。
馬体を増やして出てくるようならますます疑ってかかるべきだろう。



先週日曜は栄進堂さんが1日でメイン含む5勝と気を吐き、
関西の老舗馬主さんの底力を見た。
となれば今度はメイショウさんの番。
あるいはナムラやトウカイの冠にスポットライトが当たればいいなと。
色褪せた芝で上がりの時計もかかる、古き良き時代の攻防戦。
競馬場に軽いタイムスリップが起こるような、そんなドラマの予感。

馬券は◎の単勝と馬連ワイドで○▲☆△へ。あと○からもワイドで▲☆△。

※1/13 9:00 編集

◆中山11R フェアリーS
◎イリュミナンス

新馬戦圧勝のイリュミナンスから。
いきなりの重賞挑戦は楽ではないが、
デビュー戦の内容を見れば、高いハードルも越えられそう。
スタートが抜群に上手く、
鞍上の意のままにポジションを取れて、
追い出せばしっかりと脚を使う。
2番手追走から最速の上がりで後続を突き放したのは、
力の違い以外の何物でもなかった。
ルメール続投も心強い。

○スズノネイロ
▲サンブルエミューズ

とはいえ1戦1勝馬である。過渡な期待は禁物。
◎○▲の単勝を持っておこう。
スズノネイロは2戦2勝。
前走のつわぶき賞――これはアメージングムーンが出ていたレースなのだが、
馬群を割って豪快に差し切るという、
2歳牝馬離れした勝ちっぷりが非常に印象的だった。
中山コースも向きそうな馬力がある。
1番人気になりそうなサンブルエミューズも、
手綱が岩田に戻って芙蓉Sと同じく待機策で勝負しそう。
先週を見る限りでは差しも利く馬場になっていたし、
このレース自体、2年に一度の間隔でハイペースになっており展開も向くのでは。

☆ウインプリメーラ
△カスティエル

あとはアルテミスS3着と重賞好走歴のあるウインプリメーラと、
気になる一頭としてカスティエルを挙げておく。
過去のフェアリーSで穴を開けたマイネエポナ、コスモネモシンに共通する項目として、
「東京以外の1800mで初勝利」があったのだが、
残念ながらそれをいずれも満たす馬はいなかった。
中山のマイル戦で新馬勝ちのカスティエルを次点としてピックアップ。
つまり、東京のスロー3F勝負で勝ってきた馬はアテにならないということだろう。

単勝◎○▲を500円ずつ、あと馬連で◎−○▲☆△、○▲。
オッズ見てあまりにもアホな買い方だと判明したらパスする。

→こんなん全然アカンわ..パス決定

トラックバック利用してアクセス乞食になったかと思えば、
昨日はワインの飲み過ぎで更新を怠るあたりモチベが高いのかどうかよくわからない自分。
いやいや、やる気に満ちあふれていますよ。
3連休で3日間開催とか超楽しみ。

■1月12日
−京都−
◇*5R:3歳未勝利/アドマイヤキンカク(ビュイック) →レースぶり徐々に良化
◇11R:大和S/アドマイヤロイヤル(川田)

−中山−
◇11R:フェアリーS(G3)/イリュミナンス(ルメール)

★フェアリーS:OP特別の勝ち馬サンブルエミューズや2勝馬スズノネイロもいるが、
あえて1戦1勝のイリュミナンスをクローズアップしたい。
新馬戦は四位のアレのせいでみんな2着争いばかり印象に残っているかもしれないが、
その5馬身も前で入線したのがこの馬。
ミキオ厩舎は3歳牝馬に手駒が揃っており、使い分けたい事情があってのことだろうが、
それでもいきなり重賞にぶつけてきたのは自信の表れと言えるだろう。
フラガラッハの半妹と、厩舎ゆかりの血統でもある。
★その他:京都のメインは大和S。だいぶ年始の番組として定着してきた気がする。
昨年は確かトウショウカズンで川田くんのダンスが拝めたはず。
今回コンビを組むアドマイヤロイヤルといえばアンカツさんのお手馬なのだが、
12月以降行方をくらましており、「さすがにこの馬は乗るだろ..?」と思われた今回も乗り替わり。
川田くん自身は開幕週0勝に終わったので、このへんでそろそろ勝ちたいところ。
他にもスティールパスが幸さんだったりで見どころたっぷり。


■1月13日
−京都−
◇*4R:3歳500万下/シェイクザバーレイ(武豊) →POG持ち。ダ適性注目
◇*5R:3歳未勝利/カレンケカリーナ(武豊) →前付けられれば
◇*6R:3歳新馬/アルテミスハート(岩田) →良血初戦もやや懐疑的
◇*8R:4歳上500万下/アドマイヤフライト(福永) →このクラスの馬ではない
◇*9R:五条坂特別/ジョヴァンニ(福永) →OPまでノンストップで
◇10R:山科S/シゲルソウサイ(幸) →立て直し期待
◇11R:日経新春杯(G2)/ムスカテール(ビュイック)

−中山−
◇*9R:黒竹賞/クリソライト(松岡) →もう順番
◇10R:迎春S/マイネルマーク(柴田大) →自己条件で必勝態勢
◇11R:ニューイヤーS/サンライズプリンス(柴田善)

★日経新春杯:ビュイックで出走に踏み切ったムスカテール。
右回りさえ問題なければ、しっかり勝ち切れそうな状況だと思う。
しかし馬券にするかはもうしばらく検討させてほしい..
★その他:いやー楽しみなレース多いわーw
ニューイヤーSは62kgのスマイルジャックの登録が話題となったが回避。
コスモセンサーの3連覇に注目が集まる中、
そろそろサンライズプリンスの復活がないかと密かに..先行できないかな..


■1月14日
−京都−
◇*2R:3歳未勝利/アメージングタクト(秋山) →POG持ち。そろそろ。
◇*5R:3歳未勝利/ウインアルザス(川田) →前走は紙一重の差
◇*6R:3歳500万下/コピーライター(幸) →完全に名前だけw
◇10R:紅梅S/オツウ(福永)
◇11R:淀短距離S/シュプリームギフト(秋山) →OP特別なら主力級

−中山−
◇*8R:4歳上1000万下/ダートムーア(横山典) →乗り替わり前進ある
◇11R:京成杯(G3)/ラウンドワールド(岩田)

★京成杯:ラウンドワールドが出走を決めたのは割と急な展開だったらしい。
ラジニケ杯の大敗もあって、少しでも早く巻き返したいという陣営の判断だろうか。
このパターンでふとブルーイレヴンを思い出したがあれもう10年前なのか..
ともかく、好転するかどうか注目。
★その他:京都のメインイベントは3歳牝馬の紅梅Sか。
大器と評判のオツウにとっては、
前走に比べてだいぶ戦いやすいメンバーになったという印象がある。
ただ、初の1400mで流れに乗り損ねると、今の馬場だと残念なことになりかねない。

それでは、今週もよい競馬を。

今週は3日間開催で重賞も3つ行われます。
中山ではフェアリーS、京成杯。そして京都は日経新春杯。
2年前の日経新春杯は豪華メンバーで楽しかったですね。
ルーラーシップ強かった。

■日経新春杯 出走予定馬
エキストラエンド/53○○
オールザットジャズ/55浜中
カポーティスター/52高倉
サトノパンサー/54松田
ダコール/55福永
トウカイパラダイス/56柴山
トップゾーン/54国分恭
トラストワン/51小牧
ハワイアンウインド/50川須
ホッコーガンバ/52○○
マカニビスティー/56川島
ムスカテール/56○○
メイショウウズシオ/55飯田
メイショウカンパク/57.5蛯名
ロードオブザリング/55池添

<抽選対象>
カフナ/54ルメール
カルドブレッサ/53○○
サトノシュレン/53○○

※ほかマイネルマークら7頭が登録

出走に踏み切るかどうか、流動的な馬が多いので木曜まで待ちましょう。
それにしてもメンバーが小粒というか。
重賞勝ち馬がオールザットジャズとメイショウカンパクだけ。
似たような条件のレースが多いですから、
強い馬が分散するのも仕方ないのかもしれませんが。

それに馬券的には検討する甲斐のあるメンバー構成と言えるかもしれません。
少なくとも昨年みたいなトゥザグローリーただもらいみたいな状況に比べれば。

ここ数年は平穏決着ということもあって前走着順のいい馬が上位を占めている。
有馬記念の3着馬もいれば、オリオンSを勝ったばかりで1番人気に支持された例も。
実績、格という意味ではまちまち。
ハンデの補正もあって、だいたい好走を予感させる馬がちゃんと仕事をしている印象。
だとすればムスカテールなんかちょうど条件に合致するんだけど、
どうやら白富士Sも視野に入れているようで動向は流動的。
出るとしてもジョッキーも決まっていないみたいだし。

ところで最近のJRAさんはおひさるサイトでデータ分析みたいなのをやってくれてるんですね。
たまにはそういうのに乗っかってみよう。
それによると要点は以下の通りだとか。

  • 上位人気馬が堅実!
  • 4歳5歳馬が中心
  • ハンデ「54〜57キロ」の馬が中心
  • 上がり馬にも要注意!
――■今週の注目レース−日経新春杯−JRA

最近の成績が優秀であるがために上位人気に支持され、
なおかつそこそこのクラスで結果を残しているからハンデも軽すぎない――このへんを狙えと。
だとすると該当するのは..

  • サトノパンサー
  • ダコール
  • ムスカテール

4歳or5歳、ハンデが54〜57kgで前走もしくは前々走で準OP以上で3着以内という条件に絞ると、
とうとうこの3頭にまで辿り着いた。ここから軸馬を探せばいいんじゃね?(適当)

最後にもうひとネタ。

過去5年の勝ち馬の成績をチェックしてみると、そのうちの4頭には「近5走以内に、重賞で1番人気に支持されたものの、3着以下に敗れていた」という共通項があった。2007年以前の勝ち馬には、そのような成績があった馬はいないので、このレースの傾向が変わってきたということなのかもしれない。ちなみに2009年の勝ち馬、テイエムプリキュア(11番人気)は、近5走以内の重賞で単勝1番人気に支持されていなかったが、過去に2度、単勝1番人気に支持された重賞で3着以下に敗れていた。

なんだとー!!
ちなみにこれがハマるのは、
エキストラエンド(5走前に京都新聞杯1人気3着)とトウカイパラダイス(4走前に函館記念1人気4着)、
そしてメイショウウズシオ(前走ステイヤーズS1人気8着)。3頭もおったw

まだまだ正解までの道のりは遠い..

■1月5日
◇京都11R 京都金杯
■レース結果(netkeiba)
予想エントリ:【レース予想:京都金杯】上がり勝負に自信◎ダノンシャーク
【投資:2,000円 回収:8,600円=馬連◎▲2150円×400

■馬券
130105_KYT11
130105_KYT11_2
130105_KYT11_3

本線的中キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これは忘れられない快感ですわ。

◎ダノンシャーク圧勝。そしてルメールは神。
スローになりそうなのはわかっていたし、
一瞬のキレを活かせるあのポジションを取り切ったのが最大の勝因ですね。
57kgを背負ってこの内容。文句なしでしょう。
昨年2着だったマイラーズCも狙えそう。安田記念は適性違いかな。

2着は▲トライアンフマーチ
今回もガッツリ引っかかってしまったが、
それでも最後まで脚を残させるのが岩田康誠。
コーナリングにも四苦八苦してたけどね。
昔、菊花賞で幸四郎が振り回されてたのを思い出した。
ハイペースに乗っかるという意味では安田記念は向くのかも。賞金が足りれば。
ショウワモダンの年に4着まで頑張れたわけだし。

単騎で逃げた△ヤマニンウイスカーが粘って3着げと。
ペースは落とせたし馬場も向いたとはいえ、
一度は完全に終わったのがここまで息を吹き返して頑張っているのは本当に立派。

あとは簡単に。

■4着 サウンドオブハート
戦績的に人気になってしまうのはよくわかるが、お客さんでしたね(ドヤ
一番気になっていたのは斤量。
明け4歳牝馬の54kgはすなわち57kgに相当するわけで、
ダノンシャークと同斤扱いはさすがに荷が重いだろうと。
前半ゆるい流れも向いたとはいえ、ここまでが精一杯だろう。
それなのに鞍上が「54kgは恵まれていた」とか言っててドン引き。

■6着 ○ショウリュウムーン
ちょっと窮屈になって位置取りが悪くなってしまった。
結果的にではあるが、内枠が仇になってしまった形。

■7着 △トーセンレーヴ
W.ビュイックの手腕が測れるかもと考えていたが、大外枠では如何ともし難く。
それでも早めに動いて前との差を詰めるなど工夫は見られた。
今回は参考外でOKだが、
エプソムCを勝って以降なかなか結果が出ないね。

■13着 ☆ダローネガ
序盤のポジション争いで前が狭くなったのか、手綱を引いてしまい後退。
この時点でゲームセット。
その後も鞍上との呼吸が合わなかったのかどんどんポジションを下げてしまい、
全く持ち味を出せないまま終わってしまった。
たぶん幸さんは一口会員さん達に叩かれてるw
佐々木晶三厩舎の2頭はいずれも好枠を活かせず敗れてしまった。



見ての通り、内を通らないと勝てないクソ仕様のレース。
でも、それを味方にさえつけてしまえばちょっとしたラッキーにめぐり逢えるわけだから、
「競馬おもんねーわ」などと嘆いているヒマはないと思うんです。

今年も始まりましたねー(・∀・)
京都金杯がいきなり当たってくれたおかげで、
いいスタートを切ることができました。
やっぱり競馬楽しい。


|RACE REPORT
■1月6日
◇京都11R:シンザン記念(G3)/朝日杯大敗のエーシントップが巻き返しに成功
朝日杯ではスムーズなレースができずに敗れたエーシントップ
背水の陣で臨んだであろう浜ちゃの手綱に迷いはなかった。
2番枠から好発を決めると、そのままハナへ。
今回は最後まで先頭を譲らず、最後はヘミングウェイの猛追を振り切った。
まともなレースができれば負けないという、主戦騎手の自信を感じるレースだった。
2着のヘミングウェイは9番人気の伏兵。
未勝利を勝ったばかりながらも、ラチ沿いを進んでうまく流れに乗った。
押さえの馬連を割られてグギギ..w
タマモベストプレイは最後ちょっと脚が鈍った。ベストは1400mか。
◎アルバタックスは前半からついて行けず。何もできなかった。
レッドアリオンも同様だが、やはり重賞だと勝手が違ったようだ。


◇京都10R:万葉S/まさかの路線変更大当たり デスペラードが芝長距離で軌道に乗る
デスペラードといえば昨年の今頃は、
ダート千八の条件戦をマクリ芸で勝っていたはず。
その後は重賞で苦戦が続いたどころか、降級後も結果が出なかったところを、
八坂Sで芝にチャレンジしてみたところ大当たり。後方一気で差し切った。
ところが陣営はさらなる新ジャンルへの挑戦を選択。ステイヤーズS3着。
完全に戦うべき場所を見極めた。
OP特別で相手関係もさらに楽になった今回は単勝1番人気に応え快勝。
ほらそこ、空き巣狙いとか言わないの。
ところで11歳トウカイトリックさんはというと、今回は10着。
ハンデもありましたし、馬体も増えていたのでね。


◇中山11R:ジャニュアリーS/キョウエイカルラ激走 矢作厩舎&丸田のコンビが金杯の雪辱
ダイワマッジョーレで初笑いを逃したコンビが伏兵で一発を決めた。
OP入り後の2戦はともに2ケタ着順とクラスの壁にぶつかっていたキョウエイカルラが、
2番手追走から抜け出した。52kgの軽量にも恵まれたとはいえ快勝。
ちなみにこの一戦を最後に繁殖入りする予定と聞いているが..
2着のケイアイテンジンは4角最後方からの追い込み。
確かに時計の速いダートは得意ではあるが。7歳馬の新境地開拓。



■1月5日
◇京都11R:京都金杯(G3)/内から強襲ダノンシャーク 念願の初重賞制覇
もはや仕様となった極端な内有利の馬場も味方につけて、
最内枠から◎ダノンシャークが突き抜けた。
スタートこそ少し出負けしたが、すかさずロスを挽回。
6番手のインを確保すると、直線は空いた一頭分のスペースを突いてスパート。
そのまま2馬身半差をつける圧勝だった。
ルメールの騎乗カンペキ。詳細は回顧エントリで。主に的中の喜びを語る場になる模様。


◇中山11R:中山金杯(G3)/冴え渡る横山典弘(44)の手綱 タッチミーノットで鮮やか差切り
ノリさん、44歳ですけど勝つ時は本当カッコいい騎乗しますね。
好位でピッタリ折り合って、前を射程圏に入れながらズドン。
「勝つべくして勝つ」とはこういうことを言うんだなと。
年末にコディーノで苦杯をなめたのとはたぶん別人。
2着がアドマイヤタイシ、3着がジャスタウェイで中山金杯らしからぬ平穏決着。
◎ダイワマッジョーレも伸びてはいるが、
ジョッキーによると2角で接触があった時にハミを噛んでしまったようで、
その分だけキレを欠いたとのこと。
全周パトロールを見ると確かにトップカミングに外からぶつけられていて気の毒だった。


◇京都9R:福寿草特別/位置取りゲー制しテイエムダイパワー2勝目を挙げる
かつてクラシックへの登竜門として栄えたこのレースも、
ここ数年は極端なイン有利の馬場設定のせいで位置取りゲーと化してしまった。
先行馬をフルに生かしたテイエムダイパワーが辛くも後続を振り切り2勝目。
しかし昨年、同じように逃げ切ったサイレントサタデーは重賞では通用しなかったし、
今後はお察しの通りかと。
むしろ負けた馬の中から、次に巻き返せそうな馬を探すべきだろう。



|TOPICS
◇短期免許で初来日のビュイック騎手が早速初勝利を挙げる
初日の1Rでいきなり勝利。リスポリちゃんを思い出した。
日曜最終でも大外枠を克服した先行策で2勝目を挙げ、
なかなか順調なスタートを切れたと言えるだろう。


◇何と栄進堂さんが日曜京都で4連勝含む5勝と無双状態に!!
日曜の5R〜8Rまで。これはビックリやで。
もし馬主席に呼ばれてたら過労死してたはずw
メインも持って行ったし、大満足の1日だったことでしょう。
..久しぶりにお祝いのメールでも送っとこうかしら。


◇福永祐一が5勝の固め打ちで開幕ダッシュに成功
今年は国内での騎乗に専念するらしいが、その幕開けは見事なものだった。
いずれも平場戦ではあるが、任された有力馬をきっちり勝利に導いた。
この調子で頑張っていきましょう。G1以外なら買います。



|MEMO
>1月6日
・タカオノボルようやく完全復活。まあ準OPではあれくらいやれないとね。
・寒竹賞はマンボネフュー。距離にメド立て今後は重賞戦線か。
・初富士Sはステラロッサの見事な追い込み。中山芝は初日から差しが決まるレースも。

>1月5日
・メイショウロフウ新馬勝ち。ダ千四で1:23.5はかなり速い。
・リーゼントブルースとレッドグランザの叩き合いは見応えありましたね。
・連勝フレイムオブピース、揉まれる競馬を経験できたのも大きい。
・トキノエクセレント出負けも何のその早めに押し上げ後続突き放す快勝。
・ジュニアCは人気に応えてマイネルホウオウ。教科書通りの中山マイル勝ち方。

◆京都11R シンザン記念
◎アルバタックス

未勝利脱出直後のアルバタックスを狙ってみる。
前走は風向きの影響もあってか、
阪神外回りにしては珍しく前傾ラップとなったが、
最後は各馬が脚を鈍らせるところを押し切る強い内容だった。

テンから行きっぷりがよく、
ジョッキーの思い通りにポジションが取れるのも長所。
初日の京都芝外回りで2勝したルメールは完全に馬場を掴んでおり、
2日連続の重賞勝ちに期待が膨らむ。

さすがに実績では見劣りする分、今回は伏兵の域を出ない人気になりそうだが、
だからこそ「先物買い」する価値があるというものだ。

○エーシントップ
▲タマモベストプレイ
☆レッドアリオン

朝日杯からの巻き返しを期すエーシントップが内枠を引いた。
折り合えればマイルもこなすだろうし、上がりの脚も確か。
ただ浜ちゃの初日はどうにもピリッとしなかった。早めの目覚めを。
タマモベストプレイは当初は軽視する予定だったが、
この枠なら押さえておかなければ。
レッドアリオンも◎同様、未勝利を抜けたばかりだが、その内容は優秀だった。
使い込まれているだけに上積みは望みづらそうだが..

△エールブリーズ
△ネオウィズダム
△アグネスキズナ
△ザラストロ
△カオスモス

馬券は馬連◎‐○▲☆、○▲☆BOX。
あとは◎から△への馬連を押さえるか、◎の単勝に投入するか。
カオスモスの森厩舎は久々の重賞勝ちのチャンスに外枠を引くあたりツキがない..

◆京都11R 京都金杯
◎ダノンシャーク

昨年の2着馬で、悲願の重賞初勝利を目指すダノンシャーク。
強力な先行馬不在で、上がりの脚で勝負する展開になればチャンスは増す。
最内枠なら直線入り口までジッと構えていられるし、ルメールも乗りやすいだろう。
天気予報も幸い回復傾向にあるので、良馬場でやれそうなのも救い。

○ショウリュウムーン
▲トライアンフマーチ
☆ダローネガ

大混戦の朝日チャレンジCを勝ったショウリュウムーン。
牡馬相手でも気後れしない精神力の強さがこの馬の持ち味で、
ハマったときはすごい脚を使う。
「連チャン」は利きにくいタイプだが、好枠ゲットで再度の激走に期待。
トライアンフマーチは常に斤量を背負わされるが実績の証でもある。
前走は休み明けで引っかかってしまったが、折り合えれば。
あとは立ち回り次第でダローネガ。

△ネオヴァンドーム
△エクスペディション
△ヤマニンウイスカー
△ブリッツェン
△トーセンレーヴ

あとは薄めに抜けてくれれば。
いつも大駆けを期待してしまうネオヴァンドーム、
マイル実績は乏しいがエクスペディション。このへんは展開の乱れがあれば。
それから前残り警戒でヤマニンウイスカーとブリッツェン。
トーセンレーヴもヨーイドンの緩いレースは得意だが、
人気を背負うだろうし大外枠では評価が難しい。

ただこれ素人が買うにはちょっとハードル高すぎるわー。たぶんパス。

→例年以上にイン有利の馬場っぽいので内枠固めで何とかなりそうな気がしてきた!

◆京都8R 4歳上1000万下
◎フレイムオブピース

久々にダートを使った前走が4馬身差の圧勝。
終始、余裕のある手応えのまま直線入り口で先頭に立ち、
後続を引き離すワンサイドゲームだった。
稍重馬場ではあったが1:50.7の走破時計も優秀だし、
道中はペースに合わせての追走だっただけにもっと時計も詰まりそう。
つまり、まだまだ上のクラスまで出世を望める馬だということだ。

すぐ内のマジカルツアーが先手を取って、その後ろにすかさず付ける展開が理想的。
いずれにせよスピードの違いで押し切れる公算が高い。

○ツルマルスピリット
▲マジカルツアー
☆ソルモンターレ

相手は3頭。
堅実派ツルマルスピリットはルメールの手綱で前進期待。
逃げ込みを図るマジカルツアーはまだダート2戦目で底を見せていない。
ソルモンターレの荻野琢→岩田へのスイッチも注目。

実績上位のエーシンバリントンだが、速い脚が使えず流れ込みが精一杯のタイプ。
それだけにこの外枠はしんどいと見たが..

単勝◎と馬連◎‐○▲☆、○▲☆BOX。



2013年はユーイチさんからのスタートか..不安いやなんでもありません。

→フレイムオブピース+10kg....パス。

◆中山11R 中山金杯
◎ダイワマッジョーレ

金鯱賞で2着と善戦し、本格化を示したダイワマッジョーレ。
馬体こそ440kgそこそことコンパクトだが、
パワーを要する中京の馬場で結果を残せたのは、
やはり父ダイワメジャー譲りの馬力を受け継いでいるからだろう。
中山2000mは父が皐月賞を制した縁あるコースであり、
一瞬のキレだけでは勝負にならない舞台。
培った才能を開花させるにはこれ以上ない条件と言える。

○タッチミーノット
▲ジャスタウェイ
☆アドマイヤタイシ

タッチミーノットは上がり勝負が得意なタイプだが、
11年七夕賞でも2着に入っているようにコーナー4つのコースもこなす。
ノリさんの手綱も心強い。
1番人気になりそうなジャスタウェイはちょっとこの距離が微妙かも。
天皇賞6着は立派だが、あのレースも上がりだけの競馬だったし..
重賞連続2着中のアドマイヤタイシらと互角程度の見立てとしておく。

△タガノエルシコ
△キョウエイストーム
△ドリームセーリング
△テイエムアンコール
△ヒットザターゲット

あとはパラパラと。
内枠を得たドリームセーリングは前走同様の逃げ切りを狙う。
テイエムアンコールは長期休養明け3戦目。
前走も着順こそ悪いが0.7秒差と大きくは負けていない。

今年から新しく始めようとしている試みがあるんです。
それは「ニュース発信ブログ」の創設。
ここで取り上げる程でもない、でもスルーしておくのもアレな話題を、
tumblr経由で発信するというスタイル。
具体的にはこんなのです。

■Bujikore Info(※サムネイルクリックで拡大)
buji_info


もちろん僕は関係者ではありませんので、
基本的にはリリースされた情報を、引用元と合わせて掲載していく形になります。
たとえば交流重賞の出走馬や結果、さらにはレース動画、
あるいは海外競馬の話題なども幅広く取り上げていくつもりです。
そうすることで自分のアンテナの感度をより強く、広くさせていくのが最終目的。
定期的にチェックしていただければ、きっと有益なものになるかと(宣伝)。


さて、開幕週ですよ。
いくつになってもこの日はモチベーションが最大級にアップするのが恥ずかしい///

■1月5日
−京都−
◇*8R:4歳上1000万下/フレイムオブピース(福永)
◇*9R:福寿草特別/テイエムダイパワー(北村友)
◇11R:京都金杯(G3)/ダノンシャーク(ルメール)
◇12R:4歳上1000万下/トキノエクセレント(福永) →昨年当コース圧勝

−中山−
◇*9R:初日の出S/アドマイヤテンバ(マクドノー) →繁殖入りはよ..
◇10R:ジュニアC/マイネルホウオウ(柴田大) →堅実派中山マイル合う
◇11R:中山金杯(G3)/ダイワマッジョーレ(丸田)

★京都金杯:例年のようなペースにはならなさそうで、上がりの速さが求められる。
強いメンバーを相手でもコンスタントに走れているダノンシャークが条件ピッタリ。
★中山金杯:金鯱賞で2着と善戦し、本格化を印象づけるダイワマッジョーレ。
斤量据え置きなら再び上位争いは必至。
★その他:福寿草特別は主力を務めるはずだったリジェネレーションが屈腱炎で出走取消。
これで上位は混戦となった感があるが、
先行力のあるテイエムダイパワーが追撃を振り切るか。
京都8Rは平場戦ながら好メンバー。
前走、久々のダートで圧勝したフレイムオブピースは昇級戦でも通用しそう。


■1月6日
−京都−
◇*8R:4歳上1000万下/ローゼンケーニッヒ(川須)
◇10R:万葉S/タニノエポレット(岩田)
◇11R:シンザン記念(G3)/アルバタックス(ルメール)

−中山−
◇*9R:寒竹賞/ハッピーモーメント(ベリー) →好素材の関西馬
◇11R:ジャニュアリーS/セレスハント(蛯名) →ベテランの底力見せる

★シンザン記念:石坂厩舎のアルバタックスに注目している。
まだ未勝利戦を勝ち上がったばかりだが、その内容が良かった。
カオスモス、エーシントップら重賞の常連と争ってどこまでやれるか楽しみ。
★その他:ローゼンケーニッヒは前走中京でようやく2勝目。
好騎乗の川須栄彦が続けて手綱を取る。
万葉Sは11歳トウカイトリックが出走もハンデ差がどうか。
格下になるがタニノエポレットの奮起に期待。

それでは、今年もよい競馬を。

■京都金杯 出走予定馬
エクスペディション/57浜中
エーシンリターンズ/55和田
オセアニアボス/56藤岡佑
サウンドオブハート/54松岡
シャイニーホーク/54川須
ショウリュウムーン/55秋山
スズカコーズウェイ/54北村友
ダノンシャーク/57ルメール
ダローネガ/55幸
ダンツホウテイ/56太宰
トライアンフマーチ/58岩田
トーセンレーヴ/57.5ビュイック
ニシノビークイック/54丹内
ブリッツェン/56福永
ヤマニンウイスカー/53武豊
ライブコンサート/56藤田

ここ2年、年始の京都開催はとにかく前有利・内枠有利の傾向が顕著。
今年はどうなるかまだわからないけれども、それを念頭に置きながら話を進めた方がよさそう。

登録のあったシルポートが回避したことで、逃げ馬キャラが不在。
キャピタルSで大波乱の逃走劇を演じたヤマニンウイスカーも、
今回は武豊に替わったことでジワリと先行しそう。
緩急の少ないペースで流れがちなレースだが、
上がり勝負になりそうな予感が漂う。

  • サウンドオブハート
  • ダノンシャーク
  • トーセンレーヴ

人気サイドになるが、ポジショニングに自在性があって一瞬でギアチェンジができるのはこのあたりか。
この条件だと、有力なディープインパクト産駒がリストアップされるのも当然だろう。
57.5kgを背負うトーセンレーヴ。
重賞初制覇となったエプソムCは、当時の鞍上C.ウィリアムズによる好判断が光った。
ペースに惑わされない先行策からの抜け出し。
今回も位置取りの失敗は許されない。
短期免許を取得しての来日は初めてとなるW.ビュイックにかかる期待は大きく、
彼の手腕を測るいいバロメータとなるかもしれない。



仮の結論としては「前有利の馬場想定、逃げキャラ不在で上がり勝負」。

ちなみに当日の京都競馬はメインレースまでに芝の番組が5クラも組まれている。
直前の特別2クラも芝の2000m、1400mなので馬場の特徴はつかみやすいかも。
また、翌日にも同じ芝マイルのシンザン記念があるので、
この金杯の結果を踏まえた予想を心掛けてみよう( ・`ω・´)
点ではなく線で、そして面で捕らえる発想大事(マジメか)。

今年も懲りずに回収率100%越えを目指して戦うわけですけれども、
その前にまずは前年の収支報告から。うん..

■2012年 年間回収率
・投資:73,000円
・回収:50,250円
・回収率:68.8%

これアカンやつや!
いや本当に、ひどい1年でしたね。
「複勝を8割的中させて105%到達あるで」と意気込んでいたのが懐かしいです。
皐月賞の頃まではどうにか90%台で踏ん張っていたのですが、以降はあっけなく後退。
1レースごとの金額を小さくしていたので経済的な負担は軽かったのですが、
ゲームとしてはちっとも盛り上がらないまま終わりました。

秋からは、4年続けた複勝馬券ともサヨナラし、
新しい路線で挑戦を再開したわけですけれども、目立った成果はなく。
ちなみに複勝オンリーだった8月までの回収率が68.8%で、
単勝・馬連・ワイドに切り替えた9月以降も全く同じ68.8%。鳥谷か。



もはや手の打ちようがない「負ける機械」状態ですけれども、
難しいからこそチャレンジする甲斐もあるというもの。
新しい作戦を引っさげて、今年こそはやりますよ。

ベースとなるのは馬連。
基本的なスタイルとしては4頭BOXにしようと思っている。
ただし◎絡みを厚く持っておいて、タテ目の分は抑え程度に。
というのも、昨年から少ない点数で馬連を持った結果、
タテ目でやられるケースがあまりにも多く、
何とかこれをケアする方法がなかったものかと考えて。
だったらせめて3点くらいは、
リスクヘッジとして◎の絡まない組み合わせも持っておいてはどうかと。

具体的には、1レースの予算を2,000円に設定。何と昨年の倍額であるw

  • 馬連◎-○▲☆400円、○▲☆BOX各100円
  • 単勝◎500円もしくは◎‐△△△△△100円

2行目の単勝はヒモ抜け防止の策として。
あるいは幅広く買って人気薄もこっそり持っておくのもいい方法かも。
このへんはオッズと相談しながらになるだろう。

ただ、レースによっては他の買い方が有効になることもあると思うので、
あくまでこれに縛られず柔軟に考えていきたい。

  • 単勝◎1000 馬連◎−○▲500 →かなり自信があるときの勝負コンボ
  • 単勝◎◯1000 →二者択一でクソ悩むとき
  • 単勝◎2000 →愛馬の応援に専念

こういうのも選択肢として持っておこう。
ドカンと大儲けってのは引き続き難しいでしょうけど、
ぽつぽつ高配当が取れたらいいな。
的中率これくらいで..というメドはすぐには立てられないので、
まずは様子を見ながら進めていきます。応援よろ。

新年あけましておめでとうございます。
気づけばブログを始めた頃は大学生だった僕が、
結婚して30歳になってしまいました。早いよ。

昨年はゴールドシップが僕を大いに楽しませてくれました。
3つのG1勝利、数々の当たり馬券。
そして初めての日本ダービーにも連れて行ってくれました。
ぜひ今年もああいう神馬に出会いたいと思う一方で、
稀有な存在は数年に一度出現するくらいのほうがありがたみも増すのかもしれませんね。

他にもニホンピロアワーズがJCダートでG1を勝つなど、
応援しているお馬さんにとっては実りの多い1年だったように思います。
なお馬券は(ry

今年はゴールドシップ劇場の続きとPOG関連、
それからカンパニーの初年度産駒もデビュー予定ですので、
そのあたりを中心に楽しんでいければいいんじゃないかと。

可能な限りは毎日ちょびちょび更新していきますので、
引き続きお付き合いの程をよろしくお願いします。
また、毎年のことですがお馬さんやジョッキーの安全と、
ほんの少しのグッドラックを祈りつつ新年のあいさつとさせていただきます。

2013年元日 「人生、無事是名馬」管理人

↑このページのトップヘ