ディープインパクト海外へ向け飛翔!≪天皇賞予想≫

◆京都11R 天皇賞
◎ディープインパクト
○リンカーン
▲アイポッパー
☆マッキーマックス
△デルタブルース

ディープインパクトが4つ目の勲章を手に入れる。
本質的に3200mは長いだろうが、そこは圧倒的な実力で補える範囲。
前走の阪神大賞典でも、課題の折り合い面では少し進境が見られた。
パワーを要する特殊な馬場でも、以前と変わらぬ圧勝劇。
やはりこの馬は力が違う。
来たるべき海外遠征に意気揚々と旅立つためにも、
しっかりと国内を制圧しておきたい。

リンカーンがかつてない充実期に突入している。
日経賞は底力でねじ伏せるといった内容で勝利。
昨年の有馬記念ではディープインパクトと0.2秒差で走れており、
今回も立ち回り次第で抵抗することはできるはず。
横山典弘とのコンビなら折り合いを欠くこともなく、
ステイヤーとしての本質を発揮することができるはずだ。

休み明けで道悪競馬となったアイポッパーの阪神大賞典6着は仕方ない。
京都の良馬場で切れ味比べとなれば譲れない部分はあるだろう。
マッキーマックスにとってもここは真価を問われる舞台。
実績のなかった阪神で2着に突っ込んだ前走は評価すべき。
G2でも完敗の続くデルタブルースはあくまで押さえ。

===
荒れ果てた長距離路線を平定すべく、
春の天皇賞に駒を進めてきたディープインパクト。
対抗勢力にも、それなりに長距離に自信を秘めるメンバーが揃った。
これなら、今年は盾の威厳は保てるかもしれない。
各馬の健闘を祈る。

究極のスピード争いが見モノ。≪桃山特別ほか予想≫

きのう飲んでたバーで、
たまたま話しかけた人が何と祇園のホステスさん!!
プライベートで飲みに来られてたそうです。
それで意気投合して(?)一緒に飲むことになったのですが、
そういう職業の方の「素」を見られてすごく新鮮でしたよ。
すごくいい人やったし。普通に朝まで飲んでました^^;


◆京都12R 桃山特別
◎グランプリスター
○デイフラッシュ
▲イアオニードル
☆ビッググラス
△クリアヴィジョン

最大の焦点は逃げ争い。
テンの速さでは劣るグランプリスターだが、
ハナへの執着心は負けていない。
前走は外枠を引いたため行き切るまでに脚を使ったが、
今回は2番枠をゲット。
イアオニードルは恐らく番手から進むだろうし、
何より相性のいい京都に替わるのが好材料。
デイフラッシュの前走は2走目のポカというやつか。
力は1000万下でも上位だろうし、京都でも端午S3着がある。巻き返しへ。
休み前の500万下で圧勝のイアオニードル
単純な時計の比較ならここでも楽に通用する。
ビッググラスは目下好調。
ただ、1分51秒台の決着になりそうなだけに58kgで時計を詰めるのは難しいかも。
展開の利がありそうなのはクリアヴィジョンだが、
今の京都で差し脚を伸ばすのは容易ではない。続きを読む

一瞬の切れでマルカジーク混戦を差す!≪洛陽Sほか予想≫

◆京都11R 洛陽S
◎マルカジーク
○ウインディグニティ
▲アグネスラズベリ

京都外回りならマルカジークで。
前回の休養明け・堀川特別がインを突いての差し切り勝ち。
キレイな馬場で一瞬の切れ味を使うイメージがこの舞台に合致する。
少なくとも前走の阪神1200mよりは力を発揮できるはず。
こちらも休み明けで昇級戦となるウインディグニティ
しかし、2月の東京では決め脚をフルに発揮し2連勝。勢いがある。
ペースが速くなって直線でバラけるようならイン差しが見られそう。
人気のアグネスラズベリは好センスの持ち主。
昇級戦でも大きくは崩れなさそうだが、ベストは1200mか。続きを読む

存在を疎んじられるまでの強さ。≪天皇賞展望≫

「無冠の大統領」リンカーンにとって最大のチャンスが訪れた。
これまでGIでは善戦が精一杯。
一時代を築いた名馬ゼンノロブロイと何度も接戦を繰り広げた力を持ちながら、
勝負運に見放され、未だにタイトルに手が届かないでいる。
しかし、今回は上昇気運に乗っての盾獲りチャレンジ。
昨年のジャパンCで4着に食い込んだのを契機に、
有馬記念でも3着、そして前哨戦の日経賞を貫禄勝ちと、
かつてない安定感を持って挑む天皇賞となる。
この2年、ともに単勝1番人気に推されながら、
掲示板さえ確保できていない「鬼門」のレース。
それでも、今年は違うというムードを漂わせ、悲願達成に挑む。続きを読む

「イチ流」のダート馬が誕生!≪アンタレスSほか回顧≫

◇京都11R アンタレスS
1着◇フィフティーワナー――56武豊
2着○ヒシアトラス―――――57横山典弘
3着◎サカラート――――――58岩田康誠
・・・・・・
4着・・フィールドルージュ――56柴田善臣
12着・・エンシェントヒル―――54福永祐一
14着▲ベラージオ――――――56小牧太

≪回顧≫
あふれる素質が、課題を難なくクリアさせてしまった。
未勝利戦から4連勝中の◇フィフティーワナーが、
ダート界の強豪たちを向こうに回して圧巻の逃げ切り勝ち。
好スタートを切ると、武豊は迷うことなくハナを奪い、レースの流れを作る。
4角手前からは後続も懸命に差を詰めにかかるが、
この時点で鞍上の手応えは余裕タップリ。
直線で再び突き放しにかかると、
激しい2着争いに2馬身半差をつけ楽勝のゴールイン。
力が違った、としか言いようがない内容だった。
ヒシアトラスとサカラートが、
ともに力を出し切りながら歯が立たなかったわけだから・・
まだ気性面では課題を残しているようだが、
秋にはJCダートほかGIの舞台で覇を競う存在になりそうだ。

2着の○ヒシアトラスも、3着の◎サカラートも、
勝ち馬のワンサイドゲームには脱帽するしかない。
直線の脚が際立っていたのはフィールドルージュ
きょうは高速決着で差し馬の出番はなかったが、この豪脚はそのうちどこかで。
松永幹夫のラストランを飾ったメモリアルホースが、着実に力をつけている。
今回は不発に終わったエンシェントヒル
やっとこの馬の素性がわかった。
要するに時計が速くなると来られないわけだ。
12着に敗れたきょう走破時計で、持ち時計を更新するほど。
差しがハマるのは時計がかかりそうな条件。今後はその方針で。続きを読む

お待ちしておりました!祝・浩大JRA通算100勝達成!!

長谷川浩大騎手、JRA通算100勝達成
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=13138&category=F

いやー、やっとこさ100勝に到達してくれましたね。
リーチがかかってから1ヶ月近く勝てず。
その間にはダイワパッションでの桜花賞大敗など、
苦い経験も積み重ねてきた。
そして100勝目は自厩舎のラブハートで500万下特別勝ち。
マイネサマンサのデビュー戦、初騎乗初勝利を飾ってから約3年。
若手騎手がなかなか芽を出しづらい状況下で、
ひとつの通過点に到達したことに心から拍手を送ってあげたいですね。
今季はこれがまだ7勝目。これからの巻き返しに期待大!

サカラートの先行力を買う!≪アンタレスSほか予想≫

◆京都11R アンタレスS
◎サカラート
○ヒシアトラス
▲ベラージオ
☆オーガストバイオ
△クワイエットデイ

予報ほど雨は降らなかったが、基本的に前が有利なコース。
やはり先行馬を重視して買いたい。
平坦のスピード馬場ならサカラートの持ち味が生きる。
恐らくプライドキムがハナを主張するのだろうが、
他にはそれほど先行馬が見当たらず展開利も見込めそう。
昨秋からのGI4連戦では厳しい戦いが続いたが、G3ならば。

昨年は人気を裏切ったヒシアトラスだが、
当時はフェブラリーS3着など激闘後の強行軍。
調子は下降線を辿っていたところだった。
59キロでマーチSを快勝した後の57キロは明らかに有利な条件。
発馬五分ならベラージオの差しが恐い。
昨年、同コースでトパーズSを勝った当時のように、
うまく立ち回れれば上位争いも可能になってくるだろう。
近走は京都で好成績を挙げているオーガストバイオ
まだOPでの実績不足も簡単には崩れないクワイエットデイが続く。
未知の魅力いっぱいのフィフティーワナーは、
能力的には通用しそうでも休み明けで重賞というのはさすがに。
ハマればまとめて面倒を見られてしまいそうなエンシェントヒルも、
警戒はしておきたいところではあるのだが・・続きを読む

「良血」若手ジョッキーのワンツー!≪福島牝馬Sほか回顧≫

◇福島11R 福島牝馬S
1着・・ロフティーエイム―――52吉田隼人
2着△ライラプス――――――54鮫島良太
3着・・フィヨルドクルーズ――53高橋智大
・・・・・・
5着◎レクレドール―――――55柴山雄一
6着▲プリンセスグレース――53村田一誠
9着○コアレスパティオ―――53勝浦正樹
10着☆コスモマーベラス―――53柴田善臣

タニノローゼがスイスイと飛ばし、緩みのないペースに。
ローカルならではの3角過ぎからのマクリ合戦は、
3番手でうまく立ち回ったロフティーエイムに軍配が上がった。
1000万下特別2着からの連闘で重賞制覇。
斤量に恵まれたということもあっただろうが、しかし驚かされた。
△ライラプスはこういう馬場・展開に強い。
鮫島良太はうまく経済コースを通りゴール前の接戦に持ち込んだ。
勝ち馬の鞍上・吉田隼人とともに、「良血」若手騎手のワンツー決着。

フィヨルドクルーズは序盤置いていかれ後方からになったが、
長くいい脚を使って3着に突っ込んだ。
早めに動いていった◎レクレドールは結果的にそれが裏目に出たか。
▲プリンセスグレースも4角ではもっと弾けそうな手応えだったが・・
☆コスモマーベラスは直線で挟まれてジ・エンド。
【投資:2600円 回収:0円】続きを読む

久々にレクレドールがキラリと。≪福島牝馬Sほか予想≫

◆福島11R 福島牝馬S
◎レクレドール
○コアレスパティオ
▲プリンセスグレース
☆コスモマーベラス
△アズマサンダース、ライラプス

小回りでハイペース必至のメンバー構成。
上がりがかかる条件になればレクレドールの出番だ。
前走の中山牝馬Sでは直線で前をカットされる不利。
前々走の京都牝馬Sはヨーイドンの競馬で差し損ねもやむを得なかった。
元々、続けて好走するタイプでもなく、
今回が輝きを取り戻す舞台となりそうだ。

1000万下を勝ったばかりだがコアレスパティオの末脚は強烈。
福島は2戦2勝と相性も良く、一発の可能性は十分にある。
こちらも格上挑戦となるプリンセスグレースはリンカーンらの妹。
休養前の北野特別がとにかく強い内容だった。素質は高い。
人気のコスモマーベラスは距離に自信を持つが、
どちらかと言えば瞬発力勝負で強いタイプ。
上がりのかかる展開になった時にもうひと押しが利くか・・
ようやく復調気配のアズマサンダースと、
我慢比べに適性を感じるライラプスまで。続きを読む

「若き野武士」メイショウサムソン戴冠!≪皐月賞回顧≫

お久しぶりでございます。
私はちゃんと生きてます。ただ時間がないだけです。
昨晩は飲み歩いてホテル宿泊から直行。合コン楽しいね(笑

◇中山11R 皐月賞
1着☆メイショウサムソン――57石橋守
2着・・ドリームパスポート――57高田潤
3着・・フサイチジャンク―――57岩田康誠
・・・・・・
4着○アドマイヤムーン―――57武豊
5着◎フサイチリシャール――57福永祐一
6着▲サクラメガワンダー――57内田博幸

≪回顧≫
今さら、な気もするが皐月賞を振り返っておきたい。
人馬ともシブい雰囲気を醸し出す☆メイショウサムソン&石橋守が、
華やかにクラシック制覇。
前にいた馬にとって比較的楽な流れだったとはいえ、
先に動いたフサイチリシャールを自分から捕まえに行き、
後続の追撃を振り切ってしまったのだから「強い」のひと言だった。
スプリングSを勝った際にも「地味だが侮れない」とは思ったものの、
どうしても高い評価を与えられなかった。
力があって、先行できる馬はそう簡単に崩れない。
恐らく日本ダービーでも1番人気にはならないのだろうが、
もう一度だけ書き残しておこう。「決して侮れない」と。

個人的に、この馬にはちょっとした接点がある。
実は昨夏に行った小倉競馬弾丸ツアーの日に、未勝利戦を勝っていたのだ。
確か馬券も当てたはず。
炎天下のローカルで初勝利を挙げた馬が、皐月賞馬にまで登りつめた。続きを読む

これが噂の・・

毎度おはようございます。
ここ最近はほぼ毎日終電帰り。
これが噂の「家には寝に帰るだけ」っつーヤツか!
まぁ別にそれがしんどいわけじゃないんだけど、
ここを更新する気にはなかなかなれず・・すいません。
それにしてもSHINJOの引退宣言には驚かされた。

外差しとイン強襲で波乱の決着。≪淀屋橋Sほか回顧≫

◇阪神11R 淀屋橋S
1着▲ホーマンアピール―――56渡辺薫彦
2着・・トーセンザオー――――56藤岡佑介
3着・・ヒシフェアレディ―――51川田将雅
・・・・・・
4着◎クリノワールド――――58上村洋行
6着○ビーナスライン――――54秋山真一郎
9着☆リボンアート―――――55川原正一

≪回顧≫
大方の予想ほど激しいハナ争いにはならなかったが、
ヒシフェアレディが引っ張る流れは3F34.1秒。馬場を考えれば速い。
後方で末脚をタメていた▲ホーマンアピールが鮮やかに差し切り。
暮れの六甲アイランドSでも2着に突っ込んできたように、
こういうパワーの要る馬場だと持ち味が生きるようだ。
この開催を最後に馬場改修に入るとあって、
「開催がなくならないほうがいいかも」と渡辺は苦笑いしていたとか。続きを読む

逆襲に燃える宿敵に重ねるかつての姿。

ジャイアンツ7連勝、貯金10に
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060416&a=20060416-00000091-kyodo-spo

いやいや、とにかく強いですねえ。
主軸がしっかりと仕事をして、乱打戦をモノにして7連勝。
ここ何試合かはリリーフ陣に少し冷や汗をかかされてるように思うが、
原辰徳監督が「これでいく!」と信じる形を貫けているのはいいことだ。
若手選手も監督の起用に応えているし、もともと地力のあるチーム。
当分はこの勢いが続きそうな気配だ。

その一方で、故障者が多く出ているのも見逃せない。
まさかのアクシデントで戦線を離れることになった高橋尚成。
先日、600日ぶりの勝利を収めたばかりの桑田真澄。
ベテラン健在ぶりを示しながら、指を負傷してしまった工藤公康。
そして、ダイビングキャッチで脇腹を傷めた高橋由伸・・
これだけの中心選手が現在、登録を抹消されている。
他にも小久保裕紀らも古傷を抱えており、
正直なところいつ戦線離脱という事態に陥ってもおかしくない。続きを読む

フサイチリシャールが再びヴェールを脱ぐ!≪皐月賞予想≫

◆中山11R 皐月賞
◎フサイチリシャール
○アドマイヤムーン
▲サクラメガワンダー
☆メイショウサムソン

2歳王者フサイチリシャールが復権を遂げる。
今年の2戦は余裕残しの馬体。
レースでもあえてジックリと構えた結果、ともに2着に敗れた。
しかし、主導権を握った時の強さは4連勝のパフォーマンスが示す通り。
今回は馬体重もマイナス4キロと絞れ、万全の態勢が整った。
テンの速さには定評があるし、この最内枠も経済コースとなる。
逃げ馬を先に行かせる展開になるだろうが、
そこでこの2戦の経験が生きてくることにもなる。
自らレースの主導権を放棄してきた2歳王者が、
この大舞台で再びヴェールを脱いでみせる!続きを読む

トップハンデでもクリノワールド地力に期待。≪淀屋橋Sほか予想≫

◆阪神11R 淀屋橋S
◎クリノワールド
○ビーナスライン
▲ホーマンアピール
☆リボンアート
△ナチュラルメイク

昨日の雨で時計がかかりそうなコンディション。
元来そういう条件が得意なクリノワールドを中心に据える。
土曜の競馬を見ていると、
芝コースは内側を通る馬の伸びが目立っていただけに、この枠も好材料。
トップハンデ58キロを背負うが、現級2勝の実力を見せてもらいたい。

ビーナスラインも好枠を引いた。
現級でも1200mなら堅実に走っており、そろそろ連対圏内に突入。
ペースが速くなればホーマンアピールの末脚が決まる。
1200mなら確実に切れるリボンアートは馬場だけが心配。
叩き2走目ナチュラルメイクの変わり身にも注意したい。続きを読む
Self Introduce
中学生の頃から競馬が好きですが馬券はヘタクソです。
ブログは2004年に始めました。
Baken 2018
■ 2018年 年間回収率
投資: 13,800円
回収: 14,470円
収支: +670円
回収率: 104.9%
集計: 2月13日
Archives
Search Archives