フサイチリシャールが再びヴェールを脱ぐ!≪皐月賞予想≫

◆中山11R 皐月賞
◎フサイチリシャール
○アドマイヤムーン
▲サクラメガワンダー
☆メイショウサムソン

2歳王者フサイチリシャールが復権を遂げる。
今年の2戦は余裕残しの馬体。
レースでもあえてジックリと構えた結果、ともに2着に敗れた。
しかし、主導権を握った時の強さは4連勝のパフォーマンスが示す通り。
今回は馬体重もマイナス4キロと絞れ、万全の態勢が整った。
テンの速さには定評があるし、この最内枠も経済コースとなる。
逃げ馬を先に行かせる展開になるだろうが、
そこでこの2戦の経験が生きてくることにもなる。
自らレースの主導権を放棄してきた2歳王者が、
この大舞台で再びヴェールを脱いでみせる!続きを読む

トップハンデでもクリノワールド地力に期待。≪淀屋橋Sほか予想≫

◆阪神11R 淀屋橋S
◎クリノワールド
○ビーナスライン
▲ホーマンアピール
☆リボンアート
△ナチュラルメイク

昨日の雨で時計がかかりそうなコンディション。
元来そういう条件が得意なクリノワールドを中心に据える。
土曜の競馬を見ていると、
芝コースは内側を通る馬の伸びが目立っていただけに、この枠も好材料。
トップハンデ58キロを背負うが、現級2勝の実力を見せてもらいたい。

ビーナスラインも好枠を引いた。
現級でも1200mなら堅実に走っており、そろそろ連対圏内に突入。
ペースが速くなればホーマンアピールの末脚が決まる。
1200mなら確実に切れるリボンアートは馬場だけが心配。
叩き2走目ナチュラルメイクの変わり身にも注意したい。続きを読む

ダイワメジャー快勝もやはり本番では・・?≪マイラーズCほか回顧≫

◇阪神11R マイラーズC
1着◎ダイワメジャー――――58安藤勝己
2着・・ダンスインザムード――55武豊
3着・・ディアデラノビア―――55岩田康誠
・・・・・・
4着☆ニューベリー―――――57柴原央明
5着▲プリサイスマシーン――57後藤浩輝
8着○ローエングリン――――58四位洋文

≪回顧≫
さすがに◎ダイワメジャーがきっちり結果を残した。
大外発進で道中は5番手あたりを追走。
4角手前から気合いを入れられ進出すると、
直線半ばで楽に先頭に。
外から差を詰めてくるダンスインザムードも問題にせず快勝。
昨年のダービー卿CT以来、3つ目の重賞を獲得した。

レースのラップは前後半それぞれ49.2−47.0秒と極めて楽な流れ。
勝ち時計が遅いのは馬場状態のせいもあって仕方ないだろうが、
それほど内容のあるレースではなかったように思う。
昨年は8着に敗れた安田記念。
1年前の雪辱へ向けて、この勝利が契機になったとは言いづらい。続きを読む

安田記念で来なさそうなダイワメジャー。≪マイラーズCほか予想≫

◆阪神11R マイラーズC
◎ダイワメジャー
○プリサイスマシーン
▲ローエングリン
☆ニューベリー

人気でもダイワメジャーには逆らえない。
中山記念が終わった後、
「この先はまた当分、この馬を買えるレースがない・・」
と書いたが、そういやこのレースがあったではないか。
瞬発力よりもスピードの持久力を求められるマイラーズC。
まったく直結しない本番・安田記念で来なさそうな馬を買えばいい。
休み明けだった中山記念ではバランスオブゲームに完敗も、
馬体重プラス10キロと余裕残しだったのは間違いない。
一度使われて520キロ台に絞れていればまず大丈夫。

相手は昨年の1、2着を中心に。
プリサイスマシーンは休み明けの高松宮記念で4着。
うまく立ち回れたのもあったが、地力の高さを感じさせた。
激走の反動は心配だが、先週のラインクラフトもまったく問題にしなかった。
4年連続連対を狙うローエングリンは前走で復調の兆し。
最内発進で外からビッシリ来られながら、見せ場を作った。
今度は外枠からジワリと前へ。はるかに楽な条件になりそう。
ニューベリーは格下になるが阪神は得意。

ダンスインザムードは休み明けに実績がない。
使われて使われてやっと常識にかかってくるのがこの馬のパターン。
ディアデラノビアの末脚もこの舞台では生きてこない。続きを読む

エースよ虎を救ってくれ!

おはようございます。
電車から軽く更新。
タイガースは連夜の逆転負けとあって、スポニチの一面は皐月賞です。
それにしても、継投がうまく決まりませんな・・
今日のカープ戦は井川慶が先発する。
今のムードを変える快投を見せられるか・・
井川にとっては、失われた信頼を取り戻すチャンス。
エースよ、悩める虎を救ってくれ!

・・たまにはゆっくり試合が見たい。

時代の変化を感じさせたこのフレーズ。

開幕ダッシュに成功したジャイアンツ。
確かに連日、非常に中身の濃いゲームをしているように見える。
特に、アキレス腱だったブルペンが整備され、
勝利の方程式の確立にいち早く成功したのは大きい。
必死さを前面に押し出して戦うG戦士たちを見ていると、
このまま突っ走ってしまいそうな気配すら感じさせる。

そんな中、印象的なフレーズが昨日のスポーツニュースで飛び出した。
「今年の巨人は違う」
それはかつて、弱小タイガースをもてはやすように使われていたモノ。
時代の変化を感じずにはいられなかった。

「タテ軸」の発想を捨てた予想を。≪皐月賞展望≫

今に始まったことじゃないですけど、
重賞の馬券が、特にGIの馬券が苦手です。
よく知ってる馬同士の対戦になるのに、結果は不可解なものが続発。
逆に条件戦のほうが、
各馬の特性をしっかり把握できていることが多く、
馬券の当たり外れはともかくとして、
だいたいは納得のいく結果が待っている。
具体的に検証したわけではないが、
今年、条件戦では無印の馬にそう簡単に勝たれていないはず。
その代わり、重賞では無印の馬にしょっちゅう勝たれてますが・・

その原因を自分なりに考えてみたのだが、
重賞レースになると過去の傾向に気を配ってしまう。
これは明らかに条件戦の予想ではありえない発想だ。
毎年、走っている馬が違うというのに、
それぞれの結果を拾い上げて、今年の該当馬を探す。
果たしてそれが有効な策なのだろうか?
もちろん、そういった発想で手にした馬券もある。
「京都牝馬Sは前が残る」はすでに自分の中で定説になりつつあるし、
「ダービーは一番人気がコケない」なんてのもかなり有力。
だが、中には明らかに論理性に欠けるモノもあり、
それらにとらわれ過ぎるのは得策ではないのでは。
今年の皐月賞は「タテ軸」の発想を捨てて考えていきたい。続きを読む

明日はHYのニューアルバムが発売されますよ。

やや本格的に仕事が忙しくなってきて、
なかなか平日にのんびり更新というわけにはいかなくなってきた。
優先させてまで書きたいこともないし・・

桜花賞も終わったことで「桜」テンプレートとはお別れ。
以前と同じコルクボードに戻してもよかったのだが、
ちょっと違うのも使ってみたかったり。
で、この無機質なデザインを採用。
こういうのもシンプルでいいよね。
しかもフォントがあの「虎馬日記【とらうま・にっき】」時代のものだけに、
ちょっと懐かしさを感じさせる仕上がり(笑

さて、明日はHYのニューアルバム『Confidence』の発売日。
『AM11:00』や『ホワイトビーチ』などの名曲に、
心打たれてすでに久しい。
前記2曲のような、すごく印象に残る曲もあるのだが、
アルバムの中には「即飛ばし」してしまうモノもけっこうあったりする。
要は曲調にムラがあり過ぎるわけです。
それでも、今回のリードトラック『モノクロ』は、
すでにラジオでオンエアされており、なかなかの出来。
これを聞くためだけでも、アルバムを買う価値はあるはず。
今作もバラつきはあるのだろうが、楽しませてもらおう。
発売日にアルバムを買うなんて、今はHYくらい。
そういうことを考えれば、
自分の中でHYの音楽が特別なものであることは間違いないようだ。

HY Official Site 【HY Mode】
http://www.hymode.net/top/top.php

馬券の「買い方」って大事ですよね。≪梅田Sほか回顧≫

「馬券めちゃ買い」宣言をしてみたものの、
結局いつもとさほど変わらない金額で終了。

◇阪神10R 梅田S
1着◎スーパーチャンス―――56M.デムーロ
2着◇ラッキーブレイク―――57安藤勝己
3着○スカーレットベル―――55武豊
・・・・・・
9着▲セフティーステージ――55河北通
10着△メイショウホウオウ――55幸英明

≪回顧≫
ここでは実績上位の◎スーパーチャンスが実力を発揮。
今回も後方からの競馬になったが、
向こう正面から徐々にポジションを上げていくと、
直線では鋭い末脚を見せて快勝。実に長くいい脚を使った。
2着には何とか◇ラッキーブレイク
いまだ準OPでは勝ち星がない。
他力本願の脚質ゆえに突き抜けるチャンスはそうは訪れない。
この馬の成績を見る限り武豊より安藤勝己のほうが手が合いそう。
鞍上を固定して準OP初勝利を目指してみてはどうだろうか。
昇級ながら人気を集めた○スカーレットベルは3着。
ゲート、折り合いともに進境を見せているが、
どうやら京都のほうがよさそう。コース替わりで引き続き期待。
▲セフティーステージはまだ準OPでは通用は難しいか。
△メイショウホウオウも早々と手応えがなくなってしまった。続きを読む

大外一気、届いたキストゥヘヴン!≪桜花賞回顧≫

◇阪神11R 桜花賞
1着△キストゥヘヴン――――55安藤勝己
2着▲アドマイヤキッス―――55武豊
3着☆コイウタ―――――――55横山典弘
・・・・・・
6着◎ウインシンシア――――55秋山真一郎
8着○テイエムプリキュア――55熊沢重文
14着・・フサイチパンドラ―――55角田晃一
16着・・ダイワパッション―――55長谷川浩大

≪回顧≫
ヴィクトリーロードはやはり大外一気!
△キストゥヘヴンが見事に差し切り勝ちを収めた。
前後半800mのラップタイムは46.7−47.9秒。
これは昨年の46.1-47.4秒と比べてもだいたい同じくらいの傾き。
にもかかわらず外差しが決まったのは、
時計のかかる馬場コンディションがモノを言ったから。
上がり3F34.9秒は昨年、
好位から抜け出したラインクラフトの34.7秒よりも遅い。
近年では珍しい戦況で射止めた、桜花賞の栄冠だった。

とはいえ、勝ち馬の敢闘ぶりを称えないわけにはいかない。
まずは、長距離輸送にも負けず馬体重増減ナシに留めた点。
陣営が火曜追いを断行するなど、
細心の注意を払って調整が行われたのが奏功。
亡き父アドマイヤベガに捧ぐ、天国へのキスが届いた。続きを読む

飛んでおいでよウインシンシア!≪桜花賞予想≫

◆阪神11R 桜花賞
◎ウインシンシア
○テイエムプリキュア
▲アドマイヤキッス
☆コイウタ
△ラッシュライフ

激流を味方にウインシンシアが飛んでくる!
近年は先行抜け出しが桜花賞のトレンドだが、
今年は先手を取りたい馬が多く、
時計のかかる馬場コンディションなら、外差しの一発が最も期待できる。
チューリップ賞での0.3秒差は力の差を感じずにはいられなかったが、
ハイペースなら人気薄の気楽な立場が大きくモノを言うはず。
職人・秋山真一郎の手腕にも期待を寄せたい。続きを読む

実績豊富なスーパーチャンス。≪梅田Sほか予想≫

明日はめっちゃ馬券買ったる!!

◆阪神10R 梅田S
◎スーパーチャンス
○スカーレットベル
▲セフティーステージ
☆メイショウホウオウ
△ゼンノパルテノン
◇ラッキーブレイク

昇級組が何頭か人気を集めているメンバー構成。
ならば現級実績豊富なスーパーチャンスが胸を張っていいところ。
ここ2走は差し脚を伸ばしながらあとひと押しを欠いているが、
頭数も減ったここはまさにチャンス到来。
スカーレットベルは順調に使えるようになって地力強化。
折り合いには課題を残すが、
いざとなれば自分から流れを作ることが出来るのは強み。
そのあたりは武豊も完全に手の内に入れている。

穴ならセフティーステージ
前走は0.5秒差5着に終わったが、
良馬場でハンデ55キロならば上位に肉薄できる。
昨年2着マンジュデンツルギを思わせる臨戦過程。
メイショウホウオウは準OPで出番が来るのはもう少し先かも。
ゼンノパルテノンともども展開利があれば。
マーチS4着で人気を集めそうなラッキーブレイクだが、
2、3走前の差し損ねを忘れてはいけない。続きを読む

貫禄・・ラインクラフト楽勝。≪阪神牝馬Sほか回顧≫

◇阪神11R 阪神牝馬S
1着○ラインクラフト――――57福永祐一
2着△エアメサイア―――――57武豊
3着▲スナークスズラン―――55小牧太
・・・・・・
7着◎チアフルスマイル―――55幸英明
12着☆デアリングハート―――55M.デムーロ

≪回顧≫
休み明け激走の反動など、まったく問題なかった。
昨年の変則二冠馬○ラインクラフトが単勝1.7倍の支持に応え楽勝。
ローズS、秋華賞で苦杯をなめさせられたエアメサイアに3馬身差。
やはりこの距離では圧倒的に有利だったようだ。
昨年末と同じような、力の要る馬場だったのもにわかに心配だったが、
それも問題なし。やはりあの当時は本調子になかったようだ。
意外にも、これがNHKマイルC久々の勝利。
昨秋以降は常に善戦しながら惜敗を重ねてきただけに、
本番のヴィクトリアマイルに向け最高のステップになった。続きを読む

◎チアフルスマイル互角に渡り合う!≪阪神牝馬Sほか予想≫

◆阪神11R 阪神牝馬S
◎チアフルスマイル
○ラインクラフト
▲スナークスズラン
☆デアリングハート
△エアメサイア

このメンバーに入ると、
重賞未勝利のチアフルスマイルは格的にやや見劣ってしまう。
だが、1400mへの適性と使われている順調さを加味すれば、
何とか互角に渡り合えるはず。
ずっと手綱を取り続けている藤田伸二が乗れないのは痛いが、
一角崩しを期待したい。

仕上がり途上の高松宮記念でアワヤの場面があったラインクラフト
やはり能力は相当なものがある。
重賞を2勝している1400mで牝馬限定戦なら負けられないところ。
恐いのは前走の反動、それだけだ。
阪急杯で見せ場たっぷりだったスナークスズランは、
昨年の阪神牝馬Sでも5着。引き続き警戒が必要。
本来ならもっと重い印を打ちたいデアリングハートだが、
休み明けでさすがに陣営のトーンも上がってこない。押さえまで。
エアメサイアはマイル以下だとラインクラフトには分が悪い。
フィリーズレビュー、桜花賞ともうひと押しが利かなかった。続きを読む

今年は「乱れ桜」の予感。≪桜花賞展望≫

昨年のラインクラフト−シーザリオの決着を例に出すまでもなく、
近年の桜花賞は強い牝馬が強い競馬を見せる舞台である。
勝ち時計も年々速くなってきており、伏兵の台頭は非常に困難。
だが、今年の桜花賞はいつもとは違う。
「乱れ桜」の可能性に迫る。続きを読む
Self Introduce
中学生の頃から競馬が好きですが馬券はヘタクソです。
ブログは2004年に始めました。
Baken 2017
2017年 年間回収率
投資: 59,500円
回収: 33,200円
収支: -26,300円
回収率: 55.8%
集計: 11月12日
Archives
Search Archives