【日記】「次走は中山記念」が告げる春

3日連続で新規案件の打ち合わせ。ありがたや。
しかしアタマ使う系の話は週イチくらいがちょうどいいですねw
疲れますわ。

有力馬たちの始動戦に関する情報が今日も。
エアスピネルは中山記念から。
うむ、実にお似合いであるw
確かペルシアンナイトもここからだったはずなので、
軽いリベンジマッチ。
多分今度は勝つでしょう。斤量差もあるし。
ヴィブロスも昨年と同様ここをステップにドバイへ。
つなぎの鞍上は内田博幸騎手だそうです。

ハルーワスウィートつながりで話を広げると、
春の天皇賞最有力候補のシュヴァルグランがボウマン騎手の召喚に成功したとか。
やるやないか。
大阪杯は別の騎手らしい。明らかにモチベーションの差が大きいw
もうここもウチパクさんにするんじゃないの。

しかし福永騎手は一気に大魔神軍のポジションを失った。
シュヴァルグランの宝塚記念での逃げがその原因なのだとしたら、
よくファン目線で言うところの「思い切った競馬」が、
いかに騎手の立場を危うくする博打であるかがわかる。
続きを読む

【日記】先週の競馬のこと

ガンバ大阪が柿谷曜一朗の獲得に動いていたみたいな噂を聞いて、
「(ヾノ・∀・`)ナイナイ」と思いながら内心ソワソワしていた。
それが14日になってようやく残留が決まりホッと胸をなでおろしつつ、
そもそも正式にオファーしていたのだとしたらそれってどうなのと、
ガンバ専のブログの方につらつらと不満を書きなぐったところ、
今日になって「オファーはなかった」みたいな報道もありまして。

もう何が何やら。

Jリーグの移籍情報は扱う側も受け手側もまだまだ未熟で、
どこまで真に受けていいものやら正直難しいところがある。
かといって、ただでさえ少ない報道の量の中から気がかりな情報を得たら、
スルーだなんて簡単にできるわけもなく。

本当に色々と試されますねJサポというのは。
続きを読む

蛯名騎手も絶賛、イェッツトの将来が楽しみに

馬群に怯まずグイグイと末脚を伸ばすイェッツトに奇跡の可能性を見た。
ワクワク半分、「どうせ無理やろなあ」半分で見守った京成杯は、
3着に敗れたとはいえ将来が楽しみになる一戦だった。

ゲートはほぼ五分に出るもダッシュがつかず後方から。
最後方に近い位置で1角に入った時点で苦戦は覚悟したw
バックストレッチでも鞍上に促されながらの追走。
確かに1000m通過が60秒を切る緩みのないペースだったとはいえ、
このあたりはいかにもキャリアの浅さを感じさせる挙動だった。
3角を過ぎても外に出さず、内でジッとしたまま。
ああこれはこのまま見せ場もなく終わっていく、いつものやつかと諦めかけたその時!
バテた馬を捌きながら外へ持ち出されると、
狭い間を何度も割って前へと食らいついていく。
一完歩ずつ、確実に前へ。

先行して粘り込むジェネラーレウーノ、
大外から追い込んだコズミックフォースには及ばなかったものの、大健闘の3着。
強豪不在のメンバーで、前崩れの展開に助けられたとはいえ、
キャリア1戦で内容の濃い競馬ができたのは大きな収穫だった。

応援馬券が1着3着だったこともどうでもよくなるくらい、
先につながる楽しみに胸が躍った。
続きを読む

イェッツトを気楽に応援..とも言っていられなくなった京成杯

明日は京成杯に出走するイェッツトを応援しなければならない。
先月の新馬戦で鮮やかにデビュー戦を飾った、カンパニーの代表産駒の一頭である。
とはいえ、キャリア1戦でいきなり重賞挑戦というのはハードルが高い。
どうせ人気もしないだろうし、ダメもとの精神で気楽に見守ろうというつもりでいた。

ところがフタを開けてみれば、
前売り時点で単勝10倍をギリ切るくらいの数字で推移しており、
十分に勝負圏内であることを客観的に示してくれている。
最終的にはもう少し評価を落とすかもしれないが、
それでも思い描いていた立ち位置とは全然違う。

俄然ワクワクしてくると同時に、気楽に..とは言っていられなくなった。
ちょっと色気を持っちゃってもいいんですかね?
続きを読む

何のために、誰のために走るのかヒカルランナー

突然ですがヒカルランナーという馬をご存知でしょうか。

■ ヒカルランナー
http://db.netkeiba.com/horse/2009109113/

1000万下クラスに所属する9歳馬。
そう、ゴールドシップやジェンティルドンナらの同期にあたる。
毎回、後方まま空気のような存在を保ちつつレースを終えていく。
馬券は常にシンガリ人気。単勝万馬券。数えてみたら16戦連続である。
しかも100倍とか生易しい数値ではなく、
平気で300倍400倍のオッズを叩き出してくる。

この訳の分からない存在に気づいたのが、約1年前。
阪神の夙川特別に出ていたときのことであった。
以降、JRA-VANのお気に入り馬にリストアップする程度にはその動向を追いかけているw

血統に目を向けると、父はスクワートルスクワート。産駒のJRA重賞勝ちはない。
それ以上に強烈なインパクトを放つのが、「母父トウショウボーイ」のパワーワードである。
天馬の血を色濃く受け継いだ馬が、
今もなお中央競馬で走っているという事実は重い。
※ netkeibaで調べてみたら現役では4頭いた
続きを読む

角居厩舎の解散について思うこと

角居厩舎の解散はシンプルに驚きましたね。
そんなことがあるのかと。
理由を聞くまではまたJRAさんサイドに対する抵抗とかそっち系かと思ったら、
家業を継がれるというよもやの展開。
変に内部でのいざこざとかじゃなくてよかったのかなと思う。

それにしても、「そういうことなら仕方ない」と万人を納得させる宗教の力はすごい。
続きを読む

圧巻のシンザン記念..手放しで称賛するしかないアーモンドアイ

シンザン記念のアーモンドアイはかなり強かった。手放しで称賛するしかない。
先日も書いた通り、
阪神ジュベナイルF上位組と比べても遜色ないどころか、
むしろこちらの方が上なのではとさえ感じるほど。

前半800mが49.0秒、さらに次の1Fも12.8秒という完全なスローペースを、
出遅れ後方待機からあっさりと交わし去る内容は、
もうここでは力が違っていたとしか言いようがないし、
このメンバーと比較して論じること自体が意味のないことのように感じる。

極めつけはレースの上がり3Fが12.1-11.7-11.5秒の加速ラップで、
あれだけ際立った脚を使えたこと。
果たして同じ芸当ができる3歳牝馬が、この世代にどれだけいることだろうか。
続きを読む

【回顧■京都金杯】例外かそれとも時代の変わり目か

内枠&先行馬、それからディープインパクト産駒の差し馬を買っておけば当たる京都金杯。
しかし今年は例年と違って13頭立てと頭数が落ち着き、
頼みのディープインパクト産駒も不在とあって、
いつもとは勝手が違う感が強かった。
果たしてその結末は..

● 2018年1月6日/京都11R:京都金杯
□ レース結果 (netkeiba.com)
予想エントリ:【予想■京都金杯】人馬ともに平常心で◎レッドアンシェル

はい、思ってたのと全然違うやつ。
一発を期待していた先行勢はことごとく馬群に沈み、
限りなくノーマークに近い低評価にとどめたブラックムーンが最後方から鮮やかに追い込みを決めた。
続きを読む

【日記】新春三日間開催と休日出勤

年末年始に十分休んだ上にまた祝日とかもったいないので今日は出勤。
進めたい仕事もあったからちょうどよいのだ。
それにどっかで代休取った方がはるかにお得感。
誰もいないオフィスでラジニケ聞きながら黙々と作業するの最高の環境ですよ。

実は我が家は年末に新たな条例が採択されまして、
それは「娘がいるところでは競馬は見ないようにする」という大変過酷なもの。
まあ要するにアレです、見せたくないんですよ。
目や耳への負担とかそういうことじゃなくて、教育上の云々です。
それなりにもにょる部分もありますよ僕としては。
ただ、反論するにはもう価値観の異なる2人による言い争いという泥沼化不可避の戦況ですし、
それにそもそも反論すべき話題でもないと割り切ってもいる。
誰が何と言おうと見せたくないものは見せたくない。
これが結論なのです。

..いつまで続くんでしょうw

そんな非常に肩身の狭い思いをしているもんだから、
余計に今日の空間は居心地が良かった。
続きを読む

おつかれさまキタサンブラック、その足跡を振り返る

きょうはキタサンブラックの引退式が京都競馬場で行われました。
その様子は映像でざっくりと見ましたけれど、やっぱりいいもんですね引退式。
これまで張り詰めていた空気がふっと緩むような、そんな感覚。
最近は有馬記念当日に引退式もセットでやっちゃう形式も増えましたが、
こうして後日改めてやってくれる旧来式の方が見ている側は好きですね。
直線でのキャンターも見られるし。

それから北島三郎さんのあいさつ、これがよかった。
内容もさることながら、
80歳を過ぎてあの声の張り、そして堂々たる立ち居振る舞い。
これこそ永遠のスーパースターですわ。
前にも書いたけれど、
芸能界の頂点を極めた方をこれだけ夢中にさせ感動させるなんて、競馬すごい。
その底力も再認識させてくれる、キタサンブラックの快進撃でした。
続きを読む

【野球】阪神を変えてくれた恩人・星野仙一さん死去

今日は朝からとんでもないニュースが飛び込んできたが、
真っ先に筆を執りたくなったのは星野仙一さんの訃報についてだった。
あまりにも突然のことでまだ実感がわかないが、喪失感は大きい..。
続きを読む

【予想■京都金杯】人馬ともに平常心で◎レッドアンシェル

13頭立て、外国人騎手不在、ディープインパクト産駒も不在。
何だかいつもと違う京都金杯である。
それでもセオリー通りの決着が待っているのだろうか。

あまり前置きが長くなるのもアレなので結論。

●2018年1月6日/京都金杯
◎ レッドアンシェル
◯ アメリカズカップ
▲ ウインガニオン
△ ラビットラン
△ マイネルアウラート
△ ダノンメジャー
△ クルーガー
× ブラックムーン

例年の傾向どおりであれば、言うまでもなく先行有利&内枠有利。
頭数が落ち着いた今年は枠順やコース取りのバイアスも多少は緩和されそうだが、
それでも開幕週の馬場、前で流れに乗る馬を捕らえるのは容易ではない。

レッドアンシェルは人馬ともに平常心で走れれば大丈夫。
脚質的にもリゲルSの勝ちっぷりからも、勝利に最も近いのはこの馬。
ただ、どうやらパドックではテンション高めの性格らしいので、
幸さんは優しくゲートまでエスコートしてあげて。
昨秋の2戦はソツなく好位を取れるようになったし、
ウインガニオンやマイネルアウラートを行かせた直後を確保できるはず。
極端な内枠に入るより、これくらいの方が融通も利くだろう。
あとは強引に外を回ったり焦って早仕掛けにならないように。

新年いきなり幸さんの重賞勝ちで馬券もワッショイしたい。
続きを読む

【展望■京都金杯】試される2018開幕戦

いきなり試される2018開幕戦である。
もちろんレッドアンシェルの鞍上の話な。
ミルコが騎乗停止になってしまい、
その代役がまさかの幸さんに回ってきてしまった。

不安で不安で仕方がないw

キャリア20年以上のベテランにして、
通算1,300勝にも迫ろうかというジョッキーに対して失礼を承知で言うが、
芝の重賞で1番人気確実の有力馬を安心して任せられるとはとても思えないw
「他にもっとおらんかったんかい」と嘆いているであろう、
多くの東サラ会員さんの気持ちがよーくわかる。

スティルインラブきっかけで応援するようになり、
かれこれファン歴も15年(!)にのぼる僕でさえ、嫌な予感しかしていない。
続きを読む

【日記】年末年始休暇、終了のお知らせ

本日をもちまして年末年始休暇も終了。今年は4日から仕事するで。
まあ6日間も休めば十分でしょう。
やりたいこともなければやれることにも限りがある。

あらゆることが不慣れだった昨年に比べれば、
今年はだいぶお正月らしい日々を送れたような気がしています。
割とゆっくりごちそうにもありつけたし。

精神的にも割と健やかに仕事を始められる。これはいいこと。
2年前とかラスボス案件が終わらない中で、
半ば逃避するようにお正月休みに突入。
しかし奥さんが悪阻に苦しんでまともに楽しめないという、
最悪に近いメンタル状態だったことを思い出す。

長期休暇に逃げる、というのは非常によろしくないことである。
続きを読む

【雑談】2017年の馬券成績振り返りと2018年の意気込みが聞きたいか

そういえば2017年も馬券はあっさり敗れ去りましたね。
成人してから15年、金額や回収率に差はあれどずーっと負けっぱなし。
本当いい加減どうにかならないですかね。ならないですよね。

■2017年の馬券成績
投資額:68,600円
回収額:45,110円
回収率:65.8%

取られる金額を趣味の範囲にとどめるのは当然として、
その一方で「まあ楽しんだから」と負けたことに対して慰めることにも抵抗がある。
やるからには勝たなければ。
何年、負け続けても構わない。一度でいいからその栄誉が欲しい。
続きを読む
Self Introduce
中学生の頃から競馬が好きですが馬券はヘタクソです。
ブログは2004年に始めました。
Baken 2018
■ 2018年 年間回収率
投資: 13,800円
回収: 14,470円
収支: +670円
回収率: 104.9%
集計: 2月13日
Archives
Search Archives